[ education ] の記事一覧

2019.01.15

それぞれの道

先週は、卒業生が二人、来訪してくれました。
今日は、そのうちの一人のお話を。

昨年3月に一年遅れで卒業した、中・長距離ランナーの男性で、今は、高野山で僧侶になるべく修行中です。山を下りたときに連絡をくれます。今回は、授業の合間に教室に会いに来てくれました。
修行僧の話しを生で聞く機会は、めったにないと思い、下界とは異なる生活にどのように「アダプト」しているのかを学生にも聞いてほしいと思い、「アダプテッド・スポーツ論」の受講生に話してもらうことにしました。

起床は朝の4時。掃除をして、ダッシュで部屋に戻り着替える。すぐにお経の時間が数時間。
食事は、ご飯一膳とおかずが一品。肉や魚は食べられない。穏やかに仕えるということから、身体に力がみなぎるものは食べないということのようです。緑黄色野菜もほとんどなく、イモ類が多い。炭水化物&炭水化物で、体重が増量するそうです。粗食なのに太る…ちょっと驚きました。

修行の中には、段階ごとにいくつかの厳しい修行があるそうです。中でも、睡眠2時間で一週間行われる修行では、数名が下山。他の苦行でも何名かずつがリタイアして、60名いた修行僧は43名になっているそうです。

テレビはない。携帯は持ち込めない。必然的にSNSとは無縁。「浦島太郎状態です」と彼。
これらの話しのたびに、受講生の顔は、え~と驚き顔。「無理や~」という小声があちこちで。

受講生から、いくつかの質問がありました。
「煩悩はありますか?」→「最初は、みんなあるんですけど、肉も魚も食べてないんで…」
「山を下りて、肉食べましたか?」→「はい。めいいっぱい。中には、胃が受けつけなくて戻してしまうひともいるのですが、僕は大丈夫でした」
他にもいくつかの質問が出て、約20分の有意義な時間になりました。

彼が修行生活にアダプトするように、多くのスポーツは、既存のルールや道具に人が「アダプト」します。
アダプテッド・スポーツは正反対で、スポーツのルールや道具、環境がそれぞれに「アダプト」します。
こんな違いや障がいや個性など、さまざまなテーマを軸に議論を続けてきた講義の終盤で貴重な時間となりました。受講生は何を感じたのか、明日の授業が楽しみです。

もう一人の卒業生の選択については、次週にしたいと思います。

2019.01.12

入門から専門へ、そして大学人半世紀

昨年末にご報告した2回生の小集団クラス、
「研究入門」は今週、終わりを迎えました。
大教室で検定試験が行われましたので、
2回生のJクラスの皆さんと個別に集合することもなく
解散することになってしまいました。

その後2回生全員は来年度から始まる「専門演習」
いわゆるゼミと呼ばれるクラスの懇談会に参加しました。
研究入門では、スポーツ健康科学の4領域を
網羅しながら研究とは何か、を学ぶ一年でした。
研究を学ぶことは、社会の問題解決に挑むことになります。
専門演習では、4領域の中から自分の最も興味のある分野を「専門」として選び
卒業論文という研究活動も行います。
私も来年度から本格的にゼミを持つことになり、
やや緊張しながら、同じ志を持つ若い仲間たちと集まりました。
既に、何かと連絡ごとも多く、
海外にいる2人のメンバーも含めて
既に昨年末から週に数回全体にメールを送るなどしていますが
実際に全体で顔を合わすと、責任もずっしりと身に染みました。

(ゆ)2019011201

そして、同日の4限に1限に研究入門が開催されていた大教室で
半世紀「大学人」として過ごされた佐久間先生の退職記念講義が開催されました。
先生の最終講義には各方面から多くの教え子の方々が集合されました。
佐久間先生が研究者として、大学人として歩まれた軌跡を拝聴すると
私が何歳まで生きても追いつくことはできないと実感するばかりです。

(ゆ)2019011202


秋学期が終わりを迎えるにつれ、
私のスポーツ健康科学部での1年目も終えようとしています。
スポーツ健康科学部に戻り、教員として
その領域のトップを走る素晴らしい先生方と再会し、
佐久間先生を代表するように、とても追いつかないと思うことばかりの初年度です。
それでも自分のできることに一つ一つに真摯に向き合っていくことしかないように感じています。

#佐久間先生とは朝一番のバスでご一緒でした。
#4月からお会いできないのはさみしいです。
#移動中、時々特別講義をしていただいておりました。
#佐久間先生、心から御礼申し上げます。


2019.01.08

新しいゼミ生たち

新年のごあいさつからあっという間に一週間が経ちました。
昨日から大学の授業も再開。新しいゼミ生(現2回生)との顔合わせがありました。
人数が多く、それぞれの学生が第一希望とするゼミに配属されるわけでありません。
わたしのゼミも、第一希望した学生とそうでない学生との構成になりました。
初の顔合わせは、とても緊張し、また複雑なおもいもしながらの対面となります。
特に、希望するゼミに所属できなかった学生は、どんな思いだろうかとそわそわします。

昨日の顔合わせでは、それぞれがまず自己紹介をし、今、何に興味をもっているのかを
話してもらいました。そのあと、ゼミの方針を少し説明し、とにかくさまざまなことに
挑戦し、楽しんでほしいことを伝えました。

ゼミでの学びの集大成は、やはり卒業論文の執筆になります。
毎年、新しいゼミ生たちに伝えることがあります。
それは、卒業論文は、それぞれが「本当に」やりたいことが定まった時点で6割が終了
しているということです。なんとなく興味があるではなく、心からやりたいが見つかれば、
それは楽しみながら継続することができます。「なんとなく」や「仕方なく」取り組む人
の多くが、徐々にトーンダウンし、最後まで到達しない姿を幾度となく見てきました。

2年という時間は、あっという間に過ぎてしまいます。
自分の興味がどこにあるのか、どういうことにわくわくするのか。
少し離れたところから、自分を眺めてみて、自分の声に耳を傾けてほしい。
ちょっとだけ自分探しの旅になる卒業論文のプロセスを大切に、今からの2年間、ゼミでの
学びを楽しんでほしいと思います。

2019.01.07

授業再開

本日から、授業再開となりました。

みなさん、年末年始は、如何だったでしょうか?

今年は、バタバタすることなく、のんびりと過ごすことができました。

 [aikoa]20190107

ご近所の神社に、初詣にでかけたぐらいで、あとは、TVでのスポーツ観戦、近所を散歩でブラブラ、あとは、まったり、ゆったり、家で過ごしました。おかげで、しっかりと充電できました。

今日から、授業再開!
来週以降には、卒業論文の口頭試問、修士論文の提出、口頭試問、研究科院生の発表会など、学生、院生のみなさんにとっては節目の行事が目白押しです。

今年は、亥年(いのししどし)。無病息災の意味もあるようです。
今年もみなさんにとりまして、元気で明るく前進する年になることを願っています。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
本年1月から、立命館学園・副総長、立命館大学・副学長を拝命しました。微力ですが、全力で学園発展に尽力して参ります。学園構成員ならびに関係者のみなさまに、引き続きご支援とご協力をお願い申し上げます。
もちろん、スポーツ健康科学部の教員としても教育・研究に携わって参りますので、「スポ健」へのご愛顧も引き続きお願い申し上げます。
【忠】

2019.01.06

スライドのチェック

年末年始の休みも終わり、明日から授業が再開となります。1/22からは定期試験が始まりますので、多くの授業はあと2週(2回)で終了となります。

学部4回生は、先月、卒論を提出し、最後の関門として口頭試問を控えています。私のゼミでは12月中旬〜下旬にかけてスライドをチェックしていますので、1月最初の授業で発表の予行練習を行い、1/17(木)の口頭試問に臨むことになります。

口頭試問におけるスライドは、パワーポイントを用いて作成します。スライドチェックでは全体の構成(ストーリー)を最も重視し、次に、文字の大きさ(フォントの種類)や行間のスペース、レイアウトなど細部に至るまで確認をした上で、修正した方が良い部分をすべて指摘します。最初は「これは・・・」「なぜ・・・」と一瞬固まってしまう内容であっても、数回やり取りを繰り返す中で見違えるほど良い(洗練された)スライドになります。

時代に流れに応じて、スライドチェックの方法も変化をしてきました。以前は、①プリントアウトした紙にボールペンでコメントを書き込みそれを本人に直接返却する、②ボールペンでコメントを書き込んだ紙をスキャナーでPCに取り込み、pdfファイルにした上で本人にメール添付で返却する、といういずれかの方法を用いていました。ただし、最近は移動中にスライドをチェックすることも多く、③iPadとApple pencilを使ってコメントを書き込んだ上で、ビジネスチャットでファイルを返却する、ケースが増えています。紙でのチェックは机と椅子がないと難しいのですが、iPadとApple pencilを使えば場所を選ばず、どこでも(立ちながらでも)チェックすることが可能です。様々な仕事がデジタル化する中で、場所や時間を選ばずに仕事ができる(仕事ができてしまう)環境が整っています。

年末年始はひっそりとしていたキャンパスも、明日からは一気に活気を取り戻すでしょう。まずは定期試験までの2週間、しっかりとした形で後期を締めくくりたいと思います。

GOTO

2019.01.02

「民主主義の死に方」

あけましておめでとうございます。

穏やかな新年をお過ごしでしょうか。

今年も立命館大学スポーツ健康科学部をどうぞよろしくお願いします。

今日は新年にあたり、本を一冊ご紹介します。

「民主主義の死に方」

 (Apollo)20190102-01

この本では、民主主義が私たちが知らない間に合法的に侵害されて
いくプロセスを、多くの歴史的な事実を示し、今日の危険な兆候に警鐘を
鳴らしています。

私が大学生と接していて感じることは、みんな、無限の可能性を秘めた
素晴らしい若者たちですが、反面、世の中の出来事、社会の状況を驚くほど
知らない人が多いということです。

日本にも民主主義が蹂躙された時代がありました。
今日の民主主義はその後の人々の努力によって築かれてきました。
そして、民主主義は、人々の絶えざる努力によって維持発展するということを
忘れてはいけません。
そのためには、一人ひとりが社会のあり様に繊細で敏感であることが必要
です。

そして、もう一つ。
民主主義は多数決に従うことが強調されがちですが、実は大切なことは、
その多数決に至るプロセスにあります。
それは異なる意見を持つ人同士のディスカッションです。
それは、お互いを「尊重」する姿勢の表れです。

多数だから何をしてもいいというのは大きな間違いで、議論を尽くした後、
多数決の結果に従うとしても、その多数は、いつも自分たちを異なる考えを
持つ人々を思いやらなければいけません。

これはイデオロギーの問題ではなく、誰もが一致できることではないかと
私は考えています。

これからの日本を、世界を担っていく若者たちが、社会の主体者としての
自覚的な意識をもってくれることを強く望みます。

「民主主義の死に方」
ぜひ、ご一読ください。

民主主義は脆いものです。
油断していると、知らない間に民主主義が死んでしましますよ。

Apollo

2018.12.31

大晦日

いよいよ本日が2019年の最後の日、大晦日を迎えました!

みなさんにとりまして、どんな1年だったでしょうか?

年々としの経過する時間感覚が早くなっている気がします。
「年齢と時間感覚」とネットで検索すると、
ジャネの法則 というのが紹介されていました。
生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)、というもので、50歳の人の感覚は、1/50であり、5歳のこどもは、1/5となります。つまり、5歳の頃に比べて、50歳の年齢の人は、10倍速くなったと感じるというものです。

 年代において時間の感じ方は異なりますが、いずれにしても人生に時間は有限です。かつその時間がどれだけあるかは分かりません。ということを考えていたら、本学園の名前の由来に思い至りました。
 http://www.ritsumei.ac.jp/profile/about/history/origin/

  

 HPから抜粋すると
 「殀寿(ようじゅ)貳(たが)わず、身を修めて以て之れを俟(ま)つは、命を立つる所以(ゆえん)なり」から採ったもので、「人間には、若死にする人もあれば、長生きする人もあるが、それはすべて天命で決められていることである。だから生きている間はわが身の修養(勉強)に努めて天命を待つのが人間の本分を全うすることなのである」という考えです。したがって、「立命館」は人間がその本分をまっとうするための場所を意味しています。
 
 「みなさんにとって今年はどんな1年でしたか」 を思いめぐらしながら、
 「来年はどんな年にしたいですか。自分にとって、周りにとって、世の中にとって」

  を考えて、素晴らしい新年をお迎え下さい。

  1年間のご愛読をありがとうございます

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
上記のことを思いめぐらし、考えながら、素敵な初夢をみるのを楽しみにしています。来年もどうぞよろしくお願いします。
【忠】

2018.12.29

研究入門Jクラス

12月24日のクリスマスイブに
2回生を対象にした研究入門の研究計画発表会が実施されました。
研究入門は、2回全員が前期、後期をかけて
スポーツ健康科学部の4つの領域の「研究」を学び
自分の最も興味のある領域の研究計画を書くことを目的とした授業です。
そのため、24日の研究計画の発表は、
4月から学んできたことの集大成ともいえるような授業です。

研究入門は、月曜一限に設定されており、
出席や評価物もそれなりにこなしていくにはそこそこハードな授業です。

毎回毎回、遅刻や欠席で単位を落とさないか、提出物は期日までに提出されるか、
内容は十分か等とても心配していました。
私は評価する立場なのですが、面識のある学生が、途中であきらめて
単位を落とすのはとても辛く、残念なことなのです。

(ゆ)20181229

研究入門もまた、小集団制をとっており、私はJクラスを担当しています。
授業の性格上、基礎演習と異なり、毎週毎週顔をあわすことがなく、
研究計画発表会でようやくクラス全体で何かを成し遂げた感じです。
残念ながら何人か欠席でしたが、全員無事に発表を終えました。
質問やコメントをしながらも、実はそれぞれの発表が
上手くいくよう、祈るような気持ちで発表を聞いていました。

発表を終え初めてクラスの集合写真を撮りました。
クリスマスイブだったこともあり、
かけがえのないメンバーたちと
プチパーティーでもすればよかったといささか後悔しています。

写真は研究入門Jクラスのメンバー

撮影:ゆ
写真の無断転載はご遠慮ください。

#みなさま、良いお年を。

2018.12.28

最終プレゼンとサンタ

こんにちは、嶋村です。今日はなんとこの記事を 26 日(水)に書いております。二日も早く準備している!多分ブログに担当になって初めてではないでしょうか、こんなに早く書いたの。。。


さて、昨日で大学の年内の授業が終わりましたが、僕はやることがあったので今日も大学の研究室に来ております。まあ最近ちょっと疲れ気味で体調もあんまり良くないんですが、年始年末は家でゆっくりする予定です。


さて今週は英語 P の最終プレゼンがありました。まあこの話なるといつもキツいことばかり書いてしまう僕ですが、今日はそういう感じではないようにしたいと思います。発表は 24/25 日あったのですが、おりしも世間はクリスマスイブ・クリスマスでした。こんな日に発表させられる学生もかわいそうですが(しかも 24 日の月曜日はお休みのはず。。。)、学生さんは学生さんなりに楽しく発表しようとしている人がいました。例えば、午前の1クラスと午後の1クラスにサンタが登場しました。今日の写真は午前のサンタさんです。まあ学生さんも発表の準備で大変だし、僕もいろいろあって疲れていますが、こういうのを見るとちょっとホッとしますね。


 (Koji)20181228-01


スポ健に来てから思ったのですが、ここの学生さんは(勉強が得意かどうかは人それぞれなので置いておいて)、みんな割と素直で頑張り屋さんが多いと思います。僕は割とキツめのコメントをすることが多く、天邪鬼で気分屋な人間なのですが(笑)、こんな僕にいろいろ厳しく指摘されても諦めることなく頑張ってなんとかしようする人がけっこういます。やはり部活で頑張っている人は粘り強いのでしょうか。。。(ま、もちろん例外も割といますが。。。あはは。)まあ僕はいわゆる典型的な文学部出身の人間でして、多分いわゆるサブカル系の中二病に罹患しているんですが、そんな僕でも気さくに接してくれるスポ健の学生さん(や若手の先生)にはとても感謝しています(笑)。おかげで割と楽しくスポ健で働けています。そういえば、来年卒業する学生さんたちからご飯に誘われ、先週の土曜日に行ってきました。こういうこともあんまり経験したことがなかったのですが、いいもんですね。


というわけで、特に何か内容があるわけではないですが、今年最後のブログはこんな感じです。来年は多分 4 月の最初まで僕が担当するんだと思うんですが、残りのブログもこんな感じでのらりくらりと書いていきたいともいます。ではよいお年を。

2018.12.25

デイキャンプ実習

先週末、10月22日(土)

スポーツ教育学特殊講義の一環として、学内でのデイキャンプ実習をしました。
この日のために、キャンプ理論、計画の立案、アクティビティフロー図、参加者
評価表、危機管理マニュアルの作成などに取り組んできました。

あいにく、降ったり止んだりの雨でしたが、45名ほどの受講生が元気よく集合。
11時から一日の流れを説明し、テント張り、食材・道具運搬のグループに分かれ、
まずは、カレーを作るスペースの設営をしました。力を合わせて「せ~の~で」と
テントを立て、「お~」の第一声目の歓声。

次は、各グループメンバーが、炭に火おこしする人と、カレーの準備にとりかかる人
とに分かれ、それぞれの任務を遂行。と、ここで、いろいろな面白い光景に遭遇。

えっ、じゃがいもをまな板の上に立てて、上から下に皮?実?を削ってる…
ニンジンを握りしめ、胸の方から指先の方へ、包丁を動かしてる…鉛筆削りじゃないんだから…
短時間で仕上げるのに、そんなに玉ねぎ分厚くていいの…
そんなに強くお米研いだら、粒がつぶれるよ…
牛肉のスライス、どこのグループも切らないのねぇ…

見ていて、ハラハラするやら、ドキドキするやら。でも、皆さん、楽しそう。

横に目を移せば、あちこちから、すごい煙が立ち上がってる。
そんなに新聞紙ばかり入れたら、煤しかでないと思うんだけどなぁ…
七輪の上から扇いでも、火はつかないよぉ…案の定、煤が舞い上がり、呼吸困難気味の私。

それでも、どうにかこうにか、カレーライスが完成しました。
我慢できずに、途中で蓋を開けたグループのご飯は???

私は、すべてのグループの味見をさせていただき、お腹いっぱい。
各グループ、それぞれ味も、とろみも、具材の大きさもユニークで、おいしかった。
ただ、全部のグループのお肉は、長~いままで苦戦しました。

振り返りでは、生活の便利さ、火おこしの難しさ、役割分担の大切さなどが挙がっていました。
私がはらはらして包丁使いの人から、ピューラーを発明した人すごい!はありませんでした(笑)。
この他にも、多くの学びについて発言があり、有意義な時間となりました。

あらゆる準備に奔走してくださった、岡本先生のおかげです。ありがとうございました!