2017.03.25

もう一つの卒業式

3月22日(水)に、スポーツ健康科学部の卒業式、そして、
スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程の修了式が滞りなく終わりました。

今週は、ちょっとしたお祭りムードです。

3月20日(月)忠先生 <<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
3月21日(火)KEN先生 卒業式間近
3月22日(水)ippo先生 卒業式・修了式(その1)
3月23日(木)naru先生 卒業式・修了式(その2)
3月24日(金)nao先生 卒業式・修了式(その3)

と、ブログも卒業式に関する内容が多彩に展開されてきました。

本日、3月25日(土)の今日のブログは、「もう一つの卒業式」
を取り上げたいと思います。


以下の写真をご覧ください。

写真01 2016年度立命館大学大学院博士学位授与式




写真02 スポーツ健康科学研究科博士課程後期課程 梅垣明美さんへの博士学位授与





3月17日(金) 10時から立命館大学朱雀キャンパス中川会館大講義室(ホール)
で開催された「2016年度立命館大学大学院博士学位授与式」の様子です。

研究の構想と練り直し、膨大な先行研究の分析、緻密な仮説の設定、
膨大なデータの収集・分析、結果の整理・再整理、
オリジナリティの確保、研究の妥当性、データの信頼性、論文の推敲等、
莫大な時間をかけ、手間暇惜しまずに、一つ一つの課題に、数年かけて丁寧に対応していく、
そのような過程を経て、砂をかむような思いで
やっとの思いで獲得することができた。。。

それが「博士号」という学位かと思います。

本研究科から、本年度、以下の3名の方が、博士号を取得されました。
3名の方は、博士(スポーツ健康科学)です。

笹塲育子(ささば  いくこ)さん 2016年度 前期
梅垣明美(うめがき あけみ)さん 2016年度 後期
塚本敏人(つかもと はやと)さん 2016年度 後期

写真03 博士号取得 梅垣明美さん・塚本敏人さん とお祝いに駆けつけた教員



博士学位授与者ですが、2016年度後期は、大学全体で、29名です。
全ての授与者の研究テーマが報告されました。

写真04 博士号取得論文名




授与式の後、学長を含め、関係者での記念パーティーです。
和やかに、開催されました。


写真05 学長との懇談 塚本敏人さんとご両親とH先生




ここに来るまで、簡単な道程ではなかったことを、間近で見てきました。

価値ある、そして、栄えある博士号取得、誠に、おめでとうございます。

心からお慶び申し上げます



それでは、良い年度末を!

【 智 】

2017.03.24

卒業式・修了式(その3)

naoです

「おめでとう!」「これからもよろしくね!」「がんばってね!」という暖かい雰囲気一色の卒業式。
涙もあり、笑いもあり、私の研究室のように宴会気分もあり、様々な想いの卒業式でした。

卒業生らは、
大学生生活の期待と不安だった1回生
自分は、一年間何をやってきたのか? と反省ばかりの2回生
様々な活動で中心的な立場の役割に戸惑った3回生
最終学年で、サークル活動、就職活動、卒業論作成など必死に走った4回生

また時には厳しく、見守った教職員らに見守られたことなども~
を振り返ります。

そして、様々なところで、流した汗や涙を社会人として巣立つ力にしていこうと士気を高める場としての卒業式でした。

その卒業式で、お世話になった先輩方を精一杯送り出す文化があります。
後輩たちは、各キャンパスに集まり、先輩方に「本当にありがとうございます」とお礼を述べます。
すべての卒業生に応援メッセ-ジを披露してくれたのは、応援団です。
月曜日から大阪いばらきキャンパス、衣笠キャンパス、びわこくさつキャンパスと3日間連続で、卒業生に対し演奏&チ-ア-リ-ディング&エ-ル(演舞)で祝ってくれました。
彼らのご苦労に心から感謝しています。
団員の笑顔が本当に素晴らしかったと思います。
卒業生の少ない大阪いばらきキャンパスでは、彼らの存在があったからこそ盛り上がったと思いました。









そして、各サークルがそれぞれの手法で卒業生を送り出します。
先輩方を肩車して運んでくるなどサークル独自のパフォ-マンスが繰り広げられます。
また、掃除が大変なのですが、BKC名物の紙吹雪が舞う中での万歳三唱。
綺麗に着飾った袴姿の先輩を胴上げするシ-ンもありました(お母さんが裾を直していました~笑)。
今年も恒例の噴水に飛び込むシーンが何度もあったようです。
BKC名物は他にも沢山あります。
スポ-ツ健康科学部は、卒業生と教職員全員で写真を撮影し、夕方開催される謝恩会で配布されるという最高のプレゼントがありました。







こんな卒業式の雰囲気を入学式で映像で伝えることによって、入学者の学びの4年間が具体化するように感じました。

2017.03.23

卒業式・修了式(その2)

昨日のippo先生の予告通り、引き続き昨日の卒業式についてです。

卒業生、修了生の皆さん、卒業/修了、おめでとうございます。

うれしいような、寂しいような複雑な気持ちにもなりますが、
やっぱり立派に卒業していく姿をみるとうれしい気持ちが勝ります。

これからも様々なキャリアに進んでいく卒業生たちですが、
是非がんばって欲しいです。

また、たまには元気な姿を見せに帰って来てくれたらうれしいです。

昨日の卒業式では優秀卒業論文の発表もありました。
少し遠目からの写真ですので、分かりにくいですが、前に整列している学生たちが受賞者です。



私の研究室からはI君が受賞しました。


卒業式の後には、スポ健恒例の卒業/修了記念パーティーがありました。
毎年、学生が主体となって企画をしてくれているのですが、凝りに凝った演出で、そのクオリティに驚かされます。
今年も完成度の高いムービーから始まりました。プロ並みです。
以下はムービーの一場面ですが、かっこいいロゴまで作っていました。



もっと他にもみてもらいたかったのですが、暗くて私のカメラでは他にはうまく映りませんでした、、、

このパーティーでは、いつも感動させられます。

他にも書きたいこと、紹介したい写真※はたくさんありますが、今日はこの辺で。

卒業式に関連するブログ、まだまだ続く予感です。

※写真は連写モードで撮影したのもあったのですが、588枚撮りました。使える写真は少ないですが、、、

naru

2017.03.22

卒業式・修了式(その1)

今日は、学位授与式です。
学部生や大学院生が、そしてそのご家族の方々がこの晴れの日を待ち望んでおられたことと思います。
ご卒業・修了、おめでとうございます。

いつにも増して、にこやかな学生たちの顔、かお、KAO…!です。
第1弾。3回生も駆けつけてくれて・・・




1回生のころから… 授業で… いろんな話をしましたね。


自慢のゼミ学生たちです!

毎年恒例、これで4回目、ゼミ学生へのメッセージ書きです。いろいろと思い出されて、なかなかこの小さな紙には入りきれないのですが・・・。学部の学生、とくにゼミ学生との関わりは密になりますので、いろいろな経験や想いをさせてもらっています。この時期になると、本当にこの学部・学生たちで、このゼミ学生でよかったとつくづく感じます。

ちょっと、さすがにうるっと来る瞬間…

さびしくもありますが、彼・彼女たちの次の歩みに大いに期待して、またその活躍を風の便りに聴けることを楽しみにしていたいと思います。
身体にだけは十分に留意して、のびのびと自分の信じた道を着実に、誠実に進んでもらいたいと思っています。

昼の部が終わると、夜の卒業パーティーも… まだまだブログが続く予感。乞うご期待。

ippo


2017.03.21

卒業式間近

立命館大学では卒業式が、3月20日〜22日にキャンパス別に実施されており、スポーツ健康科学部が属するBKC(びわこくさつキャンパス)では、明日22日が卒業式となっております。
【忠】先生もご紹介されておりましたが、キャンパス内も卒業式に向けて準備が進められており、各方面で活躍している学生さんを紹介した大きなパネルが設置されていました。明日は、多くの卒業生がこのパネルの前で卒業の喜びを爆発させることとでしょう。


卒業は、英語で graduation といいますが、その語源となるラテン語は gradus(グラデュス)で、その意味は「歩み、足取り、階段」などを指すようです。つまり卒業とは、4年間なり2年間という時間をかけて歩んできた道や登ってきた階段を振り返るとともに、たどり着いた先に見えてきた階段を、どのように歩んでいけばよいのかを考える時間なのかもしれません。

明日は、それぞれが歩んできた道をともに振り返り、お祝いしたいと思います。


※週末に岐阜大学にて開催された「第15回日本発育発達学会」に参加してきました。今回の大会テーマは「強い子どもを育むための戦略的ビジョン」であり、スポーツ庁の鈴木長官も出席したシンポジウムや発育発達に関する多くの研究発表があり、大いに刺激を受けました。所用のため、参加できなかったプログラムも多かったのですが、参加された方に伺うと、実技なども公開され、日頃保育・教育・現場等で指導されている方々の熱気を感じる大会となったようです。開催を担当された方々のご尽力に感謝いたします。


会場となった岐阜大学のキャンパス内でみかけた梅の花ですが、花弁の色が白とピンクに分かれていました。この木は、枝により、花の色が違っていたので、おそらく、接木等がなされたことによる、キメラなのかもしれません。
しかし、卒業のおめでたい日にはうってつけの花でした。




【ken】

2017.03.20

Sports Analytics Conference 2017

3月3-4日、ボストンで開催された、Sports Analytics Conference 2017 に行ってきました。

ボストンにある有名な大学といえば、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)です。
そのMITのビジネススクール(経営学大学院)が、この学会を主催しています。今回で11回目で
すが、なんと参加者は約6000名です。

どのような参加者かといえば、スポーツに関わる研究者、解析技術者、
企業(ハード、ソフトの開発)、ベンチャーキャピタル、メディアなど、
非常に幅広い層からなっています。

そのため、プログラムも多岐にわたっていて、最新の研究成果から、
ベンチャーアイデアを練るハッカソンまであります。上の写真は、
アスリートと睡眠の最先端研究の発表です。下の写真はチェスのチャンピオンが、
同時に10人を相手に戦っているセッションです。チェスもスポーツに入れています。
隣のブースでは、対戦型ゲームのブースもありました。さらには、学生の就職に関
するブースがあり、面接も行われています。スポーツ分野への就職というと、本学部
の学生も「スポーツメーカー」というところに目がいきがちですが、今回の学会に
参加してみて、アメリカでは、かなり大きな分野に広がっていて、さらにはより多くの
企業が参入しているのが分かります。この流れはおそらく、今後の日本にも広がって
いくことでしょう。「スポーツ」に関わる分野、企業、キャリアがさらに注目されます。


<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
明後日は、BKCでの学位授与式、卒業式です。
キャンパスに、Beyond Boarders、の大きなパネルが掲示されています。
多くのBeyond Boardersたちの写真がちりばめてあります。その一人に小生の
ゼミ生が写ってます。
http://www.ritsumei.ac.jp/bb/episodes/no_046.html/

 卒業生、修了生たちが、大学の枠から飛び出して、社会の大きな器の中で、
さらに大きく活躍することでしょう。彼ら・彼女らの未来が輝くことでしょう!
 【忠】

2017.03.19

スポ健1期生水野さんの結婚式

まだ寒い日が続いています。
ハワイからの温度差が激しいですが
いまのところ時差ボケも解消され元気に過ごせています。

先日はスポ健1期生のゼミ生水野さんの結婚式に参列してまいりました。
水野さんは、在学中に健康運動指導士の資格を取得し
スポーツクラブのルネサンスに就職されました。
ほとんどルネサンス1社に絞って就職活動を行い
見事、第一希望に内定が決まりました。
ルネサンスは、日本の働きやすい会社ベスト10に選ばれたこともあり
スポーツクラブを運営する数々の企業の中でも特に人気があります。
お相手の鉢呂さんもルネサンスの勤務で、職場で知り合ったそうですが
彼は指導者の方ではなく、IT系の部署についているそうです。
大阪大学の出身で、非常にさわやかで優しそうな男性でした。
鉢呂さんの友人が作成されたビデオは、たくさんのかかわりのある
友人たちが交代で空手の正拳突きを10,000回行うという内容で
非常に楽しく、友人に慕われているのがわかりました。



今回は、柄にもなく主賓としてお招きいただき
それほど得意でもない挨拶をさせていただきました。
スポ健教員は基礎演習の担当だったIppo先生や
神戸大学に移ったKimutetsu先生も来られていました。
また、1期生の水野さんの結婚式ということでスポ健卒業生で
友人の林さん、滝さん、西川さん、水野(さ)さんも来られていました。
披露宴は、同じテーブルで同窓会の様で非常に楽しく過ごさせていただきました。



スポ健卒業生はまだ3期生までで、人数もそれほど多くありませんが
sanaゼミでは、すでに今回で男性2名、女性2名の4人目となりました。
卒業後のスポ健生の様子がみられるのはとても嬉しく
また次は誰が結婚するのかわかりませんが
呼ばれるのがとても楽しみです。
元気な子供を産んで、またお顔を見せてほしいものです。
鉢呂さん、水野さん、ご両家の皆様、
ご結婚おめでとうございました!

Good day!

sana

2017.03.18

ラン智タイムセミナー 2016年度・ファイナル!

先日の火曜日(3/14)、立命館大学BKCキャンパスインテグレーションコア1階のアカデミックで、ラン智タイムセミナーが開かれました。

2016年度の最終回です。

当日は、藤田先生の学外研究についてのお話しでした。

写真01 ラン智タイムセミナーの様子 39



普段から、どんなことに関心を持っておられるのかな、と思っていましたが、

やはり、"超"専門家の話は、本当に分かりやすかったです。
さすがだな、と思いました。

質問は、多岐に及び、専門的な質問から、一般人の質問等、丁寧にお話し頂きました。
人格者ですね。

特に、以下を行いたいとのことでした。
・コペンハーゲン大学と本学部との研究協定の締結
・論文投稿とアクセプト
・一般書の執筆

一般書に興味を持ちましたので、お聞きすると、
「運動を継続することができるような本を書きたい」
と話しておられました。
つまり、社会に貢献するということが極めて大切である、というご認識であったかと思います。
大変嬉しいことです。

そして、最後に、皆さんで写真に収まって頂きました。

写真02 はい、ポーズ



そして、この日の「ラン智」ですが、
ab先生プレゼンツ、
「みなさま100円朝食でもおなじみの、
守山の行列のできる野菜ビッフェレストラン「おうみんち」さんの
「地産地消9マス弁当」(お茶・税込み1000円)をご用意できることになりました!」
ということで、とても美味しい「ラン智」を頂きました。
ごちそうさまでした。
ab先生、また、sea崎さんありがとうございました。

写真03 「おうみんち」さんの「地産地消9マス弁当」



とても楽しい一時を、教職員で過ごしました。

大変豊かな気分です。

藤田先生、お元気で、行ってらっしゃい!

(ご無事に、帰国を~!)

それでは、良い週末を!

【 智 】

2017.03.17

2016年度 締めのマラソン参加

naoです

12日に、松坂シティマラソン(ハーフマラソン)に参加してきました。
松坂は落ち着いた雰囲気の街で、城跡等をのんびりと見学してきました。



大会は、近畿圏や愛知、岐阜からの参加者を集めようと企画されていました。
また多くのランナ-は三重県内から参加しておらることから、駐車場を大会会場に隣接させているところが、ランナ-に優しいところでした。
多くのマラソンイベント(地方型)は、事務局にとって駐車場の確保や参加者の駅からの輸送が大きな課題です。
如何に、ランナ-を会場に運ぶかが難しいところです。

当日は、暖かったのですが、風の強いコ-スでした。
中盤は緩やかに登りますが、折り返しから緩やかに下って行くコ-スでした。
しかし、下り坂において、向かい風で押し戻されるような感覚になっていました。
初めての体験でした。
終盤は松坂商業高校の方々の温かいかけ声で、予想通りのタイムでゴ-ルすることが出来ました。
またゴ-ルでは、松坂市の「ちゃちゃも」が待ててくれました。



今年度、ハ-フマラソン&フルマラソンに12回参加(本ブログに記載していない大会含め)しましたが、全く記録の向上は見られませんでした。
特にハ-フマラソンでは、多少タイムが落ちることもありましたが、どの大会もあまりタイムには差がありませんでした。

今回の大会も記録を狙いましたが、いつもと同じように脚の痛みだけで呼吸の苦しさは全くないのですが、1㎞を5分25秒より速いペースで走ることが出来ないのです。
スピ-ドを上げたいと思っても脚が動かないのです。

特に私の場合、膝の障害(半月板損傷)を持っていることから着地における衝撃力の負担を減らす走り方をしています。
そのため、速筋線維を鍛えるスピ-ドトレ-ニングが出来ていないため、スピ-ドを上げれないのです。
マラソンという大会に参加して完走することを楽しむか、記録向上を考えるのかで、日々の取り組み(練習方法)は変わってきます。

私の場合、市民ランナ-として参加することを楽しんでいるけど、走る限り少しはタイムを向上させたいと願う中途半端なランナ-なんです。

今回の大会で、森脇健児さんがゲストランナ-で参加しておられました。
レース後にト-クショ-があって、共感したのは、「マラソン中に体が痛くなって、リタイアしようという自分と、最後まで頑張れという二人の自分がいるんだ! そのリタイアしなさいという自分に勝つことがマラソンの魅力だ」と面白くお話しされていたことです。



その森脇さんのお話を聞いてい、レ-ス後に「楽しかった」と感じるのは、全身の痛みと勝負した自分を褒めたい言葉なんかな~と思いました。

この一年、何度もマラソン報告をさせて頂きました(よくマラソン大会に出ますよ!と声をかけて頂きます)。
記事を読んで頂き、少しランナ-が増えたのかな~と思います。

また私のゼミ(経営学部時代)の卒業生が、比叡山国際トレイルランをはじめ滋賀県内のトライアスロンやトレイルランの企画運営の仕事をしています。
私のようなガラスの膝を持ったランナ-には無理な大会ですが、市民ランナ-の中でトレイルランといった過酷レ-スの人気も年々高まってきているようです(Push yourself to the limit)。
そういったHPも覗いてみると、厳しさに挑戦する中高年の生涯スポ-ツも見えてきますね。
強靭の中高年が沢山おられます~。
アスリ-トです。


2017.03.16

河内川ダム建設現場でスマートウェア検証実験

先日、福井県三方上中郡若狭町の河内川ダム建設現場でスポーツ健康科学部で開発しているスマートウェア検証実験を行いました。



いつもは実験室という一定の実験用に整備された環境で実験を行うことが多いのですが、実用化を考えた場合、実験用に統制された環境だけではなく、実際の環境や生活場面で検証することも重要です。

実験室でも厳しい環境や状況を再現して実験を行っていますが、人工的な環境であったり、被験者の方にもあらかじめ指定の動作のみを行ってもらったりと、起こることがある程度予想できます。この方法では、データの解析や課題点の抽出がしやすい利点があります。開発当初は、この方法の方が効率的です。

一方で実際の環境では、被験者の方もどんな動作を行うのかも分かりませんし、天気、気温も統制できませんので、実験室の実験と比べて厳しい試験になることもあります。ただ、その結果は、これまでの見落としの発見や本当の意味で社会で役に立つか否かを判断する材料にもなります。

建設現場にも色々な方が働かれています。

現場で働かれている方、



オフィスワークが多い方


下着なので見た目には分かりませんが、様々な方に着ていただきました。


今回は、スマートウェアで計測された心電図などのバイタルデータをインターネットを介して、データを約50km離れた滋賀県草津市リアルタイムにサーバーに送ることで、いつでもどこでもユーザーの状態を確認できるシステムの開発も行い、スマートウェアや被験者の方の状態をダム建設から少し離れた建設事務所と立命館大学の両方で同時に遠隔で確認しました。

私も立命館大学から自分のスマホやオフィスのPCで確認していました。まだ、詳細の分析を行う必要がありますが、安定してスマートウェアも遠隔管理システムも安定した動作が確認できました。

まずは一安心。

このシステムがどのように役に立つのか。どんな応用が考えられるのか。

今後の展開にご期待ください。

naru