2016.12.07

理念が企業を強くするのか?その心は?

明日は、稲盛経営哲学研究センター主催の第2回 国際シンポジウムが開催されます。

稲盛経営哲学研究センターは、京セラやKDDIの創業、JALが再建を果たしたマネジメントの在り方をヒントに、学際的に研究し国際発信していくこと、“よき社会”に貢献する研究・実践・教育を目的とした研究センターです。
テーマも、経営学、哲学、脳科学、文化人類学・・・と他・多分野への広がりをみせています。

ippoたちの研究プロジェクト(心理)は、組織心理学的な観点から行った2年間の成果報告です。
今回は、今年3月に同じ国際シンポジウムで中間報告を行ったものの続編で、「企業理念を持つことがどれほど企業を強くするのか、企業変革を可能にするのか?」、「その効果を生み出す心理メカニズムは…?」についてデータを示します。

他大学(東北大学のK先生)・他学部の先生(立命館大学のS先生)との共同研究で、ほぼゼロの状態から創り上げることの難しさを実感しつつ、そして、周囲への事前報告も終えて、当日に何とかぎりぎり間に合いそうです。

https://www.iqform.jp/riprc2016/pc/page/top/

無事に発表を終え、有意義な時間・交流になることを楽しみにしているところです(当日の様子は、またどこか後日に・・・!?)。

※表紙のくまモンは、【ab先生】から。分析・まとめに追われていたとき、癒し&頑張る気力を与えてもらいました!感謝☆

ippo

2016.12.06

アスリートを育てる

先日、今年度より関わっている宮崎県のワールドアスリート発掘・育成プログラム(WAP)の講師として、今年度の3回目の講習会に赴いて参りました。当日の宮崎地方は、12月というのに、20度を越える陽気で、汗をかきながらのトレーニングとなりました。

この日のトレーニング内容は、前回に引き続いて、あらゆるスポーツ種目の基礎的基本的となる動きづくりを中心とする「コオーディネーショントレーニング」でした。今年度の私のトレーニングも3回目ともなり、児童・生徒らは、それぞれのトレーニングメニューの実施も慣れた様子で取り組んでいました。
上記の写真は、アイマスクにより視覚を制限することで、ランダムに渡されるさまざまな種類のボールの大きさや重さを、手に持った感覚だけで把握しながら、動作課題(的に当てる)を実施する様子。運動感覚(キネステーゼ)の鋭敏化をねらいとしています。


また、これは、マジックテープで結ばれたロープを1人は外れるように様々な方向転換等を行いながら動くのに対して、もう1人は外れないようにペアと距離を保つようにマークする動作課題。素早く動きへ反応することに、ボールをドリブルするというタスクを加えることで、反応という情報処理とともに、ボールコントロールスキルの向上もねらいとしています。

上記は、当日実施したトレーニングのほんの一部ですが、こうしたトレーニングの効果か、徐々に動きのバリエーションが増えてきたり、動作の精度が高まってきている様子を伺うことができました。今後さらに継続的に、トレーニングに関わらせていただくことになっているので、将来のアスリート育成において、どのような効果が出るのか期待したいと思います。





※追記
スポーツ健康科学部では、2012年度より、学部生を対象として、ACP(アドバンスト・コーチング実習プログラム)というプログラムが開設されています。本プログラムは、教養科目である「スポーツ方法実習」において、スポーツ健康科学部の学生が学部教育での学びを活かして、実習生として授業に参加し、教員の指導の補助を行うことで、指導力の涵養を促すことを主な目的としております。
このたび、スポーツ健康科学部事務室のご尽力のおかげで 立命館大学ホームページのNews & Topics にてACPの様子がアップロードされています。是非ともご覧ください。







【ken】

2016.12.05

BASES 2016


先週1週間ほど、イギリスへ行かせてもらいました。
BASES 2016の学会へ参加するためです。
BASES とは、Britsh Association of Sport and Exercise Sciences の頭文字を並べたもので、イギリスのスポーツ・運動科学会といえます。発表領域は、心理、教育、生理、バイメカ、が中心です。2日間で、約200演題の発表があり、それ以外に、基調講演、招待講演などがあります。非常にコンパクトにまとまっており、かつ学際的にスポーツ・運動科学を学べる学会でした。

今回、【AKNR】先生の院生・Ku藤くん、学部生の奥Valeくんの発表がありました。質の担保と幅広い研究室から演題を求めるためなのか、ひとつの研究室から登録できる演題は、2題と限定がされています。面白い制度です。


今回、オープニングの基調講演は次の通りでした。
テーマ: Reflections on Team GB at the Rio 2016 Olympic Games
講演者: Mark England(Team GB chef de mission)

講演者は、今回のリオデジャネイロオリンピックの統括責任者でした。肩書きが、chef de mission というのが興味深いですね。英語で言えば、chef of missionでしょうか。このあたりは言語に詳しい先生に聞かないといけませんが、いずれにせよ、“Missionの料理人”です。

そのMissionは、one team GB です。「英国は一つのチームである:one team GB (Great Britain)」ということを選手、スタッフに常に意識させたということです。選手は、誇り(pride)、 尊敬(respect)、一体感(unity)、責任(responsibility)をもって大会期間中、自らの競技に専心し、自競技がないときには、みずからのTeam GBとして他競技の応援することが徹底されていたようです。もちろん、選手、スタッフの行動には、高い意識と思いに裏打ちされてのことと考えています。

その成果として、開催ホストであった国が、次のオリンピックでの獲得メダル数を増やした史上初のケースを示すことができたようです。

Mission達成に向けた、料理人の腕も良かったのでしょう。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
帰国便が早朝のため、ロンドンに立ち寄り、大英博物館をのぞくことができました。写真は、歴史の教科書で目にしていた、ギリシャ時代の壺で、走跳投の競技が描かれたものです。


ちなみに、案内してくれたのは、語学留学中のゼミ生、Keitaくんです。すっかり語学が上達したようです。地元のサッカーチームでも活躍し、選手間のコミュニケーションも難なくこなせるようになり、日常会話のスピードが遅く感じてしまうほど。のこり3ヶ月さらに磨き上げて帰国してくれるでしょう。


【忠】

2016.12.04

キャンパス禁煙キャンペーンを開催

現在、3キャンパスすべてで全面禁煙となっています。
数年前よりは学生の喫煙率が減っているようですが
まだ校舎のすみ等で喫煙しているものが後を絶ちません。
喫煙場所によっては火気厳禁の施設もあり
火災の原因ともなりかねません。



本学では、2008年4月に
『立命館学園キャンパス全面禁煙に向けた指針』を策定しており、
喫煙者の多くが大学時代に喫煙習慣を身に付けている実態をふまえて、
大学の社会的責務のひとつとして
受動喫煙の防止とキャンパス全面禁煙化を図ってきました。
2013年4月1日から「キャンパス全面禁煙」の実施が決定されました。
現在、「キャンパス全面禁煙化」に向けて、
①学園構成員の当事者意識を高める工夫、
②モラル・マナーの向上を図る取り組みの実施、
③禁煙教育の継続的実施(新たな喫煙者を生まない工夫)、
④近隣住民、学生との連携した取り組みを中心に、
学生・教員・職員等、真の意味での学園の全構成員を挙げて活動を行っています。

今回はその一環として、教員と職員、学生によって
キャンパス内を回り、禁煙キャンペーンを展開しました。
今回は学生主事のAtsushi先生と学生たちで
プリズムハウスからエポック21までの区画を担当し
禁煙の指導を行いました。
たばこは百害あって一利なし。
自分のため、社会のために禁煙を進めてまいりたいと思います。



話は変わりますが、
先日、健康運動科学コースのスポ健教員が初めて集まり
懇親会を開催しました。以前は良く交流していたのですが
最近は、忙しさに感けてすっかりご無沙汰でした。
先生方、楽しいひと時をありがとうございました!


Good day!

sana

2016.12.03

束の間の・・・


 束の間の・・・

 過日、一部の事務室の方と、一部の教員で、懇親会を行いました。
 
 この時期、卒業論文・修士論文・博士論文の指導、そして、次年度の授業編成等々、事務室も教員も、結構くたくたになります。

 それで、後期の終了に向けて、元気を出そう、ということで、数人の方で、少しゆっくりとした時間を共有しました。

 話の内容は、取り立てて、難しい話があるわけでもなく、大きなやり取りがあるわけでもなく、

 ただ、日常のことが話題となっていました。

 写真1は、「はい、ポーズ!」のところですが、人ぞれぞれ対応が異なりますね~。

 写真1 はい、ポーズ!



 若手のTen河さんは、なかなか多趣味で、今後の活躍が期待されています!

 写真2は、歌舞伎役者のような雰囲気で、段Fieldさんの視線の向こうには、もちろん、「銀河系」があります。

 写真2 歌舞伎役者!



 手前のStreetさんの腕は、凄いですね。テニスで鍛えられているのでしょうか。?!

 これから、寒くなり、体調が悪くなりやすいかと思いますが、皆々様、どうぞお身体には、お気を付けくださいね。

 師走に入り、ますます忙しくなりますが、ほんの束の間の休息を取って頂き、皆様も、リラックスしてください。


それでは、良い週末を!

【 智 】

2016.12.02

スポーツと四字熟語

naoです

先日、ある高等学校の陸上選手が着るTシャツにプリントされた四字熟語に興味を持ちました。

「百折不撓」=何回失敗しても挑戦し続けること。

野球部やサッカ-部では使いそうな言葉だけど、陸上部の選手にとって、何回も失敗するという表現は珍しいな~と思いました。
真剣勝負という単語などはよく用いられていると思うのですが。

ゼミ生らに聞いてみると、高校時代に四字熟語をプリントしたTシャツを着ていたと言います。
インタ-ハイ会場に行くと、各種目の特徴を表した熟語が描かれたTシャツが販売されているとも言います。
また高校では、選手らが考えるというより、先生が選んだ熟語のTシャツを着て試合会場に行く場合が多いそうです。

例えば、球技では一球入魂、一生百錬という熟語が良く使われるそうです。
5年ほど前には、立命館大学サッカ-部が「一致団結」をチ-ムカラ-としていました。
バスケットでは、「獅子奮迅」「百発百中」といった熟語がよく使われています。



また面白いのは、様々な語句を作っているところです。
陸上部に所属するゼミ生に借りたTシャツには、「一秒懸命(陸魂)」という単語がプリントされていました。
長距離の選手には、ピッタリの造語ですね。
また「純情快走」という高校生らしい造語も見せて頂きました。



四字熟語ばかりでなく、「石の上にも一年・・・」というチ-ムの連覇を目標とする文章をプリントしているTシャツを見せて頂き、Tシャツからチ-ムのカラ-が伝わってきます。

このように、スポ-ツTシャツ文化を意識しながら、試合観戦するのもいいかもしれませんね。
特に高等学校のTシャツ文化が面白いかもしれません。

2016.12.01

TANQ

現在、立命館大学では、理系の学部や研究について紹介するサイトを作っています。
本日は、その立命館大学理系スペシャルサイト「TANQ」(http://www.ritsumei.ac.jp/tanq/)の取材を受けました。


スポーツ健康科学部からはすでに下記にて藤本先生の研究が紹介されています。

バスケットボールで、素早い一歩を踏み出す方法は?
(http://www.ritsumei.ac.jp/tanq/297764/)


インテグレーションコアのスポーツパフォーマンス測定室で行われた実験の様子が紹介されています。


私が紹介する内容は、スポーツ健康科学部で開発している「スマートウェア」を予定しています。

本日は、公開する動画や写真の撮影と記事に関する打ち合わせを行いました。
写真撮影は、研究員の坂上さんと院生の鶴見君が協力してくれました。





公開は早ければ本年中だということです。
楽しみにしておいてください。

≪イベント情報!≫
12月3日(土)に
文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)
立命館大学イノベーション・アーキテクト養成プログラムシンポジウム
がびわこ・くさつキャンパスで開催されます。



イノベーション・アーキテクトというのは、グローバル化・多様化し続ける世界に対応出来るマインドを持ち、チームを形成・牽引し、多様な価値観・情報のぶつかり合う中から新たな価値を創造する力を持った人材のことです。
立命館大学では、このような人材を育成するための新たな試みとして、この育成プログラムを推進しています。
立命館大学のCOI拠点もこのプログラムに参加しています。

今回のシンポジウムでは、このプログラムの紹介だけではなく
真先 文部科学省大臣官房審議官のご挨拶
三日月 滋賀県知事の特別講演
サイボウズ株式会社 青野 代表取締役の基調講演
も企画されており、大変豪華なシンポジウムになっております。

無料でどなたでも参加することができます。
まだ若干席に余裕があると聞いていますので
お時間のある方はぜひご参加ください。

参加方法などは以下をご覧ください。
(http://www.ritsumei.ac.jp/ru_gr/edge/events/article.html/?id=46)

前後でスポーツ健康科学部の建物(インテグレーションコア)を覗いてみても良いと思います。
現在は卒論、修論の追い込みの時期ですので色々な実験を行っています。

naru


2016.11.30

大学院M1の授業の1コマ

大学院M1の必修科目の一つに、リーダーシップ特論があります。

その授業では、本研究科の「Mの力(博士課程前期課程:修士課程の力)」として、「洞察力」「コーチング力」「現場応用力」を念頭に置いて、授業を展開しています。

毎年度、院生の雰囲気は違っています。今年は、学部のときからオリターやAAで一緒に活動したメンバーも複数人いることもあるのか、質問も、気づきも鋭いように思います。

ここでは、チームワークやその中でみられる人間関係、感情の動きを考えていきます。人間関係トレーニングでよく行われるやり方を、基本的にはもとにしています。

 よくみるマジック・・・ されどマジック!

チームが複数動き出すと、このマジックをめぐって、おもしろい現象がみられたりもします(このことは、学生たちが一生懸命に取り組むからこそ、私が気づかされたことです。気づけば、あるあるネタなのですが…)。
簡単そうな課題なので、短時間で終わると思いながら取り組む学生が多いのですが、結構、真剣になり始めて、気づけば時間オーバーということもあります。

 惹きつけるプレゼン、できているか!?

真剣に取り組んだ課題だからこそ、他のチームの出来栄えも気になります。席を離れて、見やすいところまで移動し発表を見聞きし、ときにはツッコミを入れ合ったりしています。

ここでの経験が社会に出てどのように活用されていくのかは、私自身も未知です。ただ、インパクトをもたせるために、1課題1情報(私からのメッセージ)の提供で進めています。それ以上のものにするかどうかは、仲間と話題にする中で蓄積していってもらえればと思っています。

今は、私がファシリテーター役をがんばっていますが、そろそろ役割を交代します。ファシリテーターが院生に代わるのです。どんな展開になるか、楽しみです。

ippo

2016.11.29

ゼミ生の投書が掲載されました。

寒さがだんだん厳しくなってきて、朝布団から抜け出すのに苦労する季節となってきました。今朝のBKCキャンパスでも、どんぐりが苔の布団の上で気持ちよさそうに?転がっていました。
しかし、冬の朝は「キリッ」とした空気で気を引き締めてくれます。是非早起きして、朝の空気を存分に取り込みたいものです。

【ken】の担当するゼミでは、論理的な思考と、豊かな表現力を身につけて欲しいと思い、時事問題や自らの周囲に起こったこと、将来の展望等の「いま」について文にして、それぞれの出身地の地元紙の投書欄に投稿してみるということを行なっております。この間各自が書いてきた原稿の推敲を重ねながら、論点を明確にしたり、より適切な表現に変更したりを行なってきました。そして、本人が納得した形になった時点で投稿をしていますが、続々と掲載されたとの連絡が来ています。

まずは、長野県出身のYanagiさんの投書が「信濃毎日新聞」に掲載されました(2016.11.12付)。
地元出身の武将で、大河ドラマでも大きな注目となっている「真田幸村」と自分の境遇を重ね合わせながら、就職活動に立ち向かう自分を鼓舞するとともに、地域貢献を宣言する瑞々しい文でした。これについては、スポーツ健康科学部のFacebookページにおいて、Yanagiさん自身が投稿していますので、そちらもご参照ください。



また、大阪府出身のUmechiさんの投書が「読売新聞」に掲載されました(2016.11.29付)。
身近なものとなってきたマラソンイベントの社会的役割や、運動がもつ普遍的価値とその可能性について論じることから、スポーツ健康科学部での学びを活かした将来の自分のキャリアビジョンに繋げた意欲的な文でした。



昨今では、SNS等の普及で簡単に自分の意見を世に発信できるようになりました。しかし、SNSは限られた層にのみ届くメディアで、やはり、あらゆる世代に向けて活字を通じて表現するには、未だに新聞の投書欄は有効であるといえると思います。また、SNSとは異なり、何度も推敲を重ねた文が実際に掲載されることは、大学生といえども大きな喜びがあるようです。

こうしたことを通じて、時事ニュース等の社会で起こっていることに敏感に反応し、それらを論理的にさらには批判的に思考し、それを表現することができる技術を身につけて、就職活動や卒業論文の執筆へと立ち向かって欲しいと思います。




※追記
【nao】先生に触発されて、人生初めてのフルマラソンにエントリーしました(これまでハーフマラソンの経験のみ)。大会は、2017年3月末の開催なので、本番まであと4ヶ月を切りました。短期間での調整となりますが、完走目指して頑張ります。時々本ブログでも練習の経過を報告したいと思います。





【ken】

2016.11.28

大学スポーツマネジメント研究会

めっきり寒くなりました。
周りでもコート着用している方が増えてきています。私は、寒冷刺激をうえて、発熱し、代謝促進になると考えて、できる限り着ないようにしています。というよりも、車通勤のため、あまり必要でないという状況もあります。ただ、今年は寒波が多くなりそうな感じもあり、コートにお世話になることも出てくるでしょう。

さて、表題のように、
大学スポーツマネジメント研究会
2016年12月11日(日) 9:00~12:00
大阪大学中之島センター
http://daitairen.or.jp/?p=9126



で開催されます。私も立命館大学のこの間の取り組みを説明することになっています。是非、お時間のある方はお越しください。

今、スポーツ庁を中心に、日本の大学スポーツについて急速に議論されています。各大学はこれまで、それぞれの方針と方向性で、スポーツ振興、スポーツ強化を進めてきました。また、各競技団体ごとの縦割りで、競技運営がなされてきた経緯もあります。いずれにしても、大学のスポーツ、それに関わる指導者、学生選手、関係者ならびにスポーツ施設の管理・運営を含めて、諸々の全体像の議論が大きく進んできています。

立命館大学のこの間の取り組みとこれからのあり方、アイデアを報告できればと考えています。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
Naru先生が、先週木曜日
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/blog/archive/detail/?date=2016-11-24
のブログで紹介してくれたように、COIのシンポジウムを東京で開催します。金曜日の午後1時から、という平日の時間帯であり、集客が心配です。東京近郊の方、ぜひお越しください。体験もできます。
 集客の広報として、この間、名刺交換させていただいた方、メールでも案内させてもらいました。その中で、中学時代の恩師から、ご夫婦で参加する、とお返事いただきました。恩師はいつまでたってもありがたいもので、頭が上がりません。


【忠】