2017.04.25

実ほど頭を垂れる稲穂かな

 寒かった今年の冬から一気に温かくなり、学内を彩った桜も風と共に潔く散り、葉を大きく広げようとしています。本年度も前期セメスターが始まり3週間が経過しましたので、各講義ともより深い内容へと入っているのではないでしょうか。

 私の出身地である高知は、春が駆け足で過ぎ去り、ゴールデンウィーク前後には初夏を感じさせる日々が始まります。昔は米の「二期作」で知られておりましたが(我々が小学校時代は社会の教科書には必ず掲載されていました)、減反政策等により現在は二期作を行う農家はほぼ見られなくなりました。それでも台風襲来に備えて8月収穫を目標に、3月末には田を耕し整地して、4月中には田植えを完了するところが多いです。


 私の前職の学校(高知県中部の中学校)では、校区の水田を借りて米づくりを行い、収穫した米を地域のお祭りや地元の量販店で販売する体験学習プログラムをキャリア教育の一環として行っています。4月初めに地域の協力者の方々と稲作の流れを確認し、地域の農家の方に「特別授業」をお願いし、田植えや収穫までの作業を学習します。4月中旬、地域の幼稚園児や小学生と共に中学生が中心となり田植えを行います(教員も校長を筆頭に率先して水田に入ります)。水温む水田に素足で入る時の泥の感触。足の指の間を泥が「にゅるっ」っと通り抜けるなんともこそばゆい感覚があります。


 生徒全員が水田に入り、苗を片手に植えていくのですが、みんなで協力して横のラインを合わせ、一歩ずつ足場を確認して慎重に田植えをします。全身泥だらけになりますが、熱心に、そして楽しそうに作業を進めていきます。2時間程度で田植えが終わると、水田近くの用水路で泥を落とすのですが、この用水路の水は近くを流れる「仁淀川」から引かれており、江戸時代の土佐藩家老・野中兼山の指揮のもと造られた歴史遺産です。

 季節が進み、7月頃には稲の穂が大きくなり、8月には黄金色になり稲の穂は大きく頭(こうべ)を垂れますので、夏休み、生徒総出で鎌を持ち、一束一束汗を流しながら刈っていきます。乾燥、脱穀、精米と生徒が地域の協力者と一緒に作業を行い、5Kgの袋に詰めていきます。
なぜ、この話を書いたのかと言いますと、私の座右の銘は「実(みのる)ほど、頭を垂れる稲穂かな」です。生徒にも全校集会で稲作の体験を通じてこの格言の意味を話します。成長するにつれ、自分の足りないものを自覚し、他者に敬意を払いつつ、足りないものを身に付ける謙虚な姿勢で人と接しなければならない。私自身そうあらねばならないと、常に言い聞かせている言葉です。
学校や社会で多くの事を学び、多くの人との出会いがありますが、自分を冷静に客観的に見る事を怠らず、自分自身を向上させるために真摯な態度で人と接する人間でありたいと思っています

2017.04.24

1期生の来訪

先週、1期生の卒業生が研究室に来てくれました。
写真はその時に持ってきてくれた手土産です。



可愛いので写真を取りました。ようやく暖かい春が来たと思ったら、もうすぐ端午の節句、こどもの日ですね。青空に鯉のぼりが泳ぐ時期が近くなりました。

卒業生はいたって元気でした。教え子の来訪は本当に嬉しくなります。結婚式もよんでくれた卒業生に、新婚生活どない? などと聞かせてもらい、お茶を飲みながら楽しい時間を頂きました。今回の来訪で、『おめでた』 であることも教えてくれました。嬉しいニュースです。次回は、赤ちゃんを連れてきてくれるとのこと。今から楽しみです。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
 大学院生(博士前期)も就職活動が本格化しています。そんなM2たちと話していて、企業名がポロッと出てきた先が、先輩の修了生がいるところでした。医療、スポーツ、ヘルスケアを中心とした優良な会社で、バリバリ働いています。当のM2はそんな先輩が研究室にいたとも知らなかったので、すぐに連絡をお互いに取らせました。先日、東京までOB訪問したようで、修了生から「非常に優秀でしっかりとした院生でした」と嬉しいメールをもらいました。
 【忠】

2017.04.23

自転車通勤

コペンハーゲン大での生活が始まりました。
 
アパートから大学まで自転車で約20分の距離です。
自転車?そうです、自転車通勤です。

 

コペンハーゲンの街を歩いていてまず最初に目につくのが自転車です。
多くの人が自転車で走り回っていて、通勤も自転車の人が多いです。自転車専用のレーンが車道と歩行の間に設置されてあり、専用のレーンなので車や歩行者を気にすることなく、自分のペースで走行できます。
 
デンマークのデータでは、一人が自転車で5マイル(約8km)走ると、約1.6kgの二酸化炭素の排出と10円の保険料の削減に繋がるそうです。
(Commuters Pedal to Work on Their Very Own Superhighway http://www.nytimes.com/2012/07/18/world/europe/in-denmark-pedaling-to-work-on-a-superhighway.html?smid=tw-share 最終検索日:2017418日)
 
しかし、実際のところ、環境問題や医療経済より別の理由がありそうです。
 
コペンハーゲンの町中では車やバスで移動するよりも自転車の方が圧倒的に早い、と実感しました。信号で止まることも少ないし、車のような渋滞がないので、スムーズに移動できます。
実際にグーグルマップで勤務先から自宅までのルートで所要時間を検索すると、車より自転車の方が早く着くと表示されます(そうです、デンマークのグーグルマップではナビの選択肢に”自転車”が出るんです!)


 
勤務先のスタッフもほとんど皆自転車で来てます(郊外から来る先生方は駅から病院まで自転車)。
ということで、僕も早速自転車を手に入れました。デンマークは物価(と税金)が高いので、自転車もとんでもなく高級品です。自転車屋さんを渡り歩いて、良い中古の自転車を見つけました。

自転車通勤についてはまた追加の報告をしたいと思います。

satoshi

先週添付できなかった、アパートから1分の景色の写真です。







 

2017.04.22

スポーツ経験が教えるもの

新年度を迎え、多くのクラブでリーグ戦が始まっています。
昨年のシーズンオフから春合宿での努力の成果を披露する絶好の機会であり、自分自身に、そしてチームにどれだけの力がついたのか、あるいは潜んでいるのかを確かめる機会と捉えてもらったらと思っています。

競技で成果をあげるには、どれだけ練習を積み重ね努力してきたか(克己)につきると思っています。
先週の日曜日に、桜が満開でまさに春爛漫といったなか、皇子山球場に応援に行ってきました。



初回早々に1点を取られ、それ以後は再三のピンチを迎えながらも投手自らの長打力を皮切りに反撃にで、3点を守り抜き、関西学院大学に勝利しました。

よく、“ピンチの後にチャンスあり”といいますが、ピンチの時は心理的に張りつめ、意外と集中力が高まっているものですし、危機に直面すると状況がかえってよく見えてくる場合もあります。何度か走者1、3塁の危機的な場面を迎えながらも、その都度チームお互いの励まし、ベンチに戻った時のねぎらいなど気持ちを一つにすることによって堪え忍び、得た勝利であったと思います。

全力を出し合う者同士が知る連帯感と挑む勇気か。スポーツを通して学ぶことできるものの大きさについては想像に難くないのではないでしょうか。

2017.04.21

ふるえるぞハート!

燃え尽きるほどヒート!!
Hitomiです。

今、気がついたのですが、今年のブロガーで基礎演習の担当は私だけのようですね。
ということは、「無事お子さんを大学に入れて一安心しつつも、どんな生活を送っているのか少し気になる」そんな保護者の皆様のためにも、私が1回生の様子をご報告していかなければなりません。というわけで、使命感に燃えて今回は「おりスポ」の様子をレポートしていきたいと思います。

「”おりスポ”とは何ぞや?」という方が多いと思いますが、今年からの新企画です。例年、この時期には新歓祭が行われ、クラスごとに1回生が模擬店を出すことで団結を図っていたのですが、今年は残念ながら新歓祭が行われないことになってしまいました。
そこで、その代わりとして実施されたのが「おりスポ」です。全3回の授業を通して、様々なゲーム・企画を実施し、1回生にスポ健を知り、クラスのメンバーを知り、一致団結してもらおうというイベントです。

まずは1日目。
この日は全員健康コモンズに集まって「オリエンテーション」と「ペンタゴン」の2つのゲームが行われました。私はオリエンテーションの出題者としてローム記念館の大会議室でオリターさんと待機しておりました。オリエンテーションは、BKCキャンパスの様々な場所に行き、そこに設置されたクイズに答えていくというものです。

ローム記念館はなかなかスポ健の学生にはわかりにくい場所にあるので、高得点が設定されています。みんなワーキャー言いながら、クイズに答えておりました。


ちなみに私のクイズは? 
 
「スポ健の先生(初日の教員紹介で前に出てきた先生の中とする)で一番若い人は、平成生まれである。○か、×か」

分かりますか?「分かるわけないよー!」と言われてしまいましたが、難しかったかな?
答えは… × です!でもみんな心は20代です!

さて2日目。
この日はクラスごとの自由企画です。私の受け持つAクラスは、オリター&AAさんが全部考えてくれました。好きなものを熱くプレゼンする!という企画です。


十分な準備期間もなかったと思うのですが、みんなプレゼンが上手でした!最近の学生さんは入学時点ですでにpower pointを使いこなしていることが多くて驚きです。
柔道、サッカー、自分の好きな国といったものもあれば、枝豆と貝ひれ、マイクロブタについて熱く語る学生も…
個性が出ますね。かなり盛り上がっていて、クラスの雰囲気もいい感じでした。

さぁ、いよいよ最終日、綱引き大会です!各クラス、チームワークのみせどころ。
これはもう語る必要はありません。写真をご覧ください。

随所で白熱の戦いが繰り広げられておりました。

そして総合優勝は…


Eクラス!おめでとう!!
最後に企画・運営をしてくれたオリター&AAさんたちに拍手をして終幕となりました。

私も勝負事は燃える性なので1戦参加させてもらったのですが、今腕がプルプルしています(※この記事は綱引き直後に書きました)。マウスが暴走する…閉じる気のないフォルダを閉じまくってしまう…。やはり体は30代でした。

最後のご挨拶でも言っておられましたが、スポ健では、ただ勉強するだけではなく、こうした授業を通じてチームワークを身に着け、様々な人を受け入れる柔軟性を養っていってほしいと願ってます。そんな意図が1回生にも伝われば幸いです。

すみません、長くなりました。1日ずつ分けて書いたことを若干後悔しています。1年に1回のイベントということでご容赦ください。

来週はコンパクトに!
お付き合いいただきありがとうございました。

Hitomi

2017.04.20

ゼミの風景

こんにちは、shinoです。
先日の雨ですっかり桜も散ってしまいましたね。
今年は天気が悪かった。。。
僕も残念ながら、お花見に行くことはできずに、車中からチラッと眺めただけでした。

ということで、
本日は、ゼミの様子を紹介します。

うちのゼミは、主にスポーツ傷害に関することを勉強します。
スポーツ傷害に関するゼミってなかなか想像がつきにくいかもしれませんが、
実際どんなことをしているかというと、スポーツ傷害に関係したいろいろなこと(要因、治療、リハビリ、予防など)を勉強しています。

ゼミ生達は、

すでに学生トレーナーとして活躍している子
トレーナーとして働きたいと思っている子
医療や福祉関係の仕事を考えている子
子供や学生にスポーツを指導する立場になるために傷害の知識を持っておきたいと思っている子
自分自身が怪我を経験したためスポーツ傷害について知りたいと思っている子

などなど、様々な理由はありますが、
スポーツ傷害に対する知識と、実際に使える技術を何か一つでも習得したいと思ってくれています。
その中でも何を学びたいかをしっかり考え、みんなで相談しながら、自分達で進めていけるようにしています。



写真は3年生のゼミの風景ですが、1,2回生で勉強した知識をフル動員しながら、ディスカッションしているところです。
上手くまとまったのでしょうか??

彼らは、まだゼミ3回目と始まったばかりなので、ギクシャクしたところもありますが、試行錯誤しながら頑張っています。

今まで勉強してきた知識と、スポーツ傷害とのつながりを考えることはなかなか難しいですが、
そこがつながってくると、これまで辛かった記憶しかない解剖学なんかが非常に面白くなり、
さらにスポーツ傷害に対する興味が湧いてくると思います(湧いてくることを期待しています)。

こんな感じで日々勉強しています。
ゼミ生みんなで作り上げていく楽しいゼミです。

2017.04.19

あちらこちらの春

今年は、春の知らせ・桜を待ち望む、楽しみな時間が長かったように思います。その分勢いよく花開き、新緑の季節が自分の番は今か今かと待ち焦がれているようです。
まだ、春の嵐が吹き荒れる朝もありますが、空の青さが濃くなってきました。


(そろそろ葉桜の装い:桜を見ると、どうして写真を撮りたくなるのでしょう??? 不思議な魅力をもつ花・樹ですね)


(小さな春、でもしっかり根づいた春!)

春休みに出張した先のスペイン(そこは、スペインのなかでもあったか地域のようですが)は、3月下旬で20度を超えていました。すっかり春の様相で、日曜日はとくに、日光浴を兼ねてランチを楽しむ人たちでにぎわっていました。
(打合せの日は、前々から「スペインのランチは2時からようやく始まるんだよ」と言われていたので、朝食をしっかり食べていたものの、仕事日限定で早起きのippoにとって、その時間のランチはやっぱり慣れず、すっかり空腹状態でした。。。)


(ある春の日曜日)

新学期を迎えて、1回生は早くもこの学部に慣れてきているようです。上回生がいろいろな仕掛けをしてくれており、そうしたしっかりとしたサポート、リーダーシップの発揮によるものだと思います。
他の回生の学生たちも準備万端です。

一段といい季節です。なにかいいことも春とともに一緒に訪れてくれそうですね!ぜひぜひあちらこちらの春を探して動きたいものです。

ippo

2017.04.18

教職希望者とゼミの様子

 先日開催された1回生向けの「教職ガイダンス」には、スポーツ健康科学部から100名を超える学生さんが参加をしており、「現時点で教員になりたい」「教員を将来の仕事としての選択肢の一つとして考えている」と考えている学生さんが多数いる事が分かります。免許を取得するには最も恵まれた時期・機会・環境を活かして頂きたいと思います。


話は変わりますが、【智】先生のゼミでは、3回生のゼミの時間の一部に4回生が参加をして「合同ゼミ」を行っています。第1回目の合同ゼミでは、4回生から「卒論プレ発表」の為に作成した内容を3回生に紹介をしました。3回生をいくつかのグループに分け、ローテーションで4回生全員の発表を聞き、質問をするという企画です。

このゼミは、さまざまコースから学生が集まっているため、卒論のテーマも多岐にわたっています。3回生からは「4回生の先輩のプレ卒論を見る事が出来て、大変良かった。先輩方の話を聞き、自分も卒論に取り掛からなければならない時期がきたんだと実感しました。」「4回生の方々のプレ卒論を見て、本当に多くのテーマがあり、何でも学べるのだと思いました。」「【智】先生のゼミのアットホームな空気感に安心しています」など好評でした。ゼミを通じて自分の追求したいテーマを設定して、将来に役立つ内容を深く研究をして頂きたいと思います。がんばれ!!

2017.04.17

立命館小学校の入学式

大学の授業も2週目となり、新入生も徐々に大学生活のリズムを摑んできているように感じます。


4月8日に、京都の北大路駅そばにある、立命館小学校の入学式に参加してきました。

実は、この場所は以前、立命館中高等学校があった場所です。小生もここに通っておりました。その後、立命館中高は、1988年に深草へ移転し、さらに2014年に長岡京市へ移転しました。

いわば想い出の学舎の跡地に、立命館小学校が2006年に開学しました。

HPをみると、次のようなメッセージと映像が流れます。
『学んだ子どもたちが、世界を変えていく』

普段は大学生ばかりに囲まれているので、今回の入学式に参列して久しぶりにみる、ピカピカの小学1年生がちっちゃくて、かわいらしいことに、思わず目を細めてしまいました。参列者全員がそのような面持ちですごく素敵な雰囲気でした。

式典は、合奏部の小学生たちの純真な歌声による校歌斉唱(最高!)にはじまり、最後は在校生(2年生全員)によるお祝いの言葉でした。これも最高に素晴らしい新入生へのプレゼントでした。立命館小学校のコンセプトを語りながら、1年間での見事な成長を見せてくれるものでした。お祝いの言葉は、2006年に開校したときの、『立命館小学校開校宣言』にある5つの誓いを全員で、元気な声で暗唱することで締めくくられました。
 その誓いの言葉は次の通りです。
一、わたしたちは、かけがえのない一人ひとりのいのち生命を大切にします。
一、わたしたちは、言葉を大切にし、心をみがいていきます。
一、わたしたちは、知りたいと言う気持ちを大切にし、あらゆることから学び続けます。
一、わたしたちは、たくましく生きていくために必要な「根っこ」をきたえます。
一、わたしたちは、身につけた力を、進んで他の人に分かち伝えていきます。
                        
<立命館小学校開校宣言>
http://alumni.ritsumei.jp/kouyuukai_news/post_1531/

昨年度から、立命館小学校出身者が大学に入学してきています。彼ら彼女らを含めて、受け入れた大学生が、上記の誓いを叶えられるように、学部教育を進めることを深く考えさせていただく機会となりました。同時に、清々しい気持ちと今後の推進力となる元気を頂きました。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
今週の水曜日4/19水 15-18時 シカゴ大学の中村先生による基調講演を含み、「がん研究の最前線」のシンポジウムを行います。ぜひお越し下さい。大学生、大学院生も見逃すことのないように。内容がむずかしそうだな?と迷っていたら、来た方が良いです。世界のトップで活躍するリサーチャーを知ることは、トップアスリートをみること、知ることと同等以上の価値があります。
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/assets/file/symposium_20170419.pdf 
【忠】

2017.04.16

コペンハーゲンより

今年度の土曜日のブログ担当となりましたsatoshiです。スポ健にはsatoshi先生は二人います。【智】先生はスポーツ教育のスペシャリストですが、私、フジタの専門分野はスポーツ科学です。


今年度は多くの先生方のお力添えにより、学外研究制度で一年間、海外の研究機関で研究させて頂くことになりました。え?授業は?と思われる方も多いと思います。僕の担当科目の授業は他の先生方が講義・指導してくださることになっていますので、休講することなく、滞りなくセメスターが進行します。


さて、僕は家族(妻と息子)と一緒に4月よりデンマークのコペンハーゲンに移りました。冬は寒く暗いという噂のコペンハーゲンでしたが、僕が到着した3月末は既にサマータイムになっていて、気温は暖かい日は14前後、空気も乾燥しているので心地良いです。


日本からコペンハーゲンの空港に到着した際には、スーツケースを含めて大きな荷物が6つと、家族で夜逃げのような状態でしたが(笑)、コペンハーゲン大のDr. HolmDr. Agergaardが車で迎えに来てくれて、新居となるアパートまで荷物を一気に運んでくれました。


フライトの関係で、我々は夕方の到着の到着となり、夕飯どうしようか、と悩んでいたのですが、アパートに到着すると、既に牛乳やパン、チーズやフルーツなどの食料品が買いそろえてありました!

「これで明日の朝食までは困らないでしょ」って、、Dr. Holmの親切に感謝です(^^)

(二人の先生についてはまた今度ご紹介します)


アパートは少し作りは古いですが、ヨーロッパに住んでる雰囲気があって気に入ってます。

まさか繁華街のど真ん中とは知らず(汗)、、夜はかなり騒がしいですが、スーパーや交通機関が近くにあるのでとても便利です。


この街で、これから生活します。当分はコペンハーゲンからの情報発信になるかと思います。

次回はもう少しまじめな研究の話を報告したいと思います。


(アパートのネット環境が整っておらず、画像のアップロードに予想以上に時間がかかることが判明したため、現地の写真は次回からお見せできるように準備します)


satoshi


デンマークと日本を比べて気づいたこと:情報サイト(http://countryeconomy.com/demography/life-expectancy)によると、2015年の時点でのデンマーク人の男女の平均寿命は80.80歳に対して、日本は83.59歳と、日本には及びませんが全世界で31位の長寿国です。ただ、2週間ほど生活する中で、食生活や運動習慣に大きな違いがあるな、と感じています。またそのあたりも後々ご報告したいと思います。