2017.03.28

フルマラソンへのチャレンジ

キャンパス内では卒業式・修了式が終わり、新しい年度に新入生を迎える準備が進められています。

以前このブログでも宣言?しましたが、先週末に、プライベートにおける今年度最後のイベントとして、「フルマラソン」へ挑戦してきました。もともと、球技種目の競技歴が長かったため、長い距離を走ることは得意ではありませんでした。しかし、日々の運動不足の解消のために始めたウォーキングやジョギングを経験するうちに、自分の体力に応じて、簡単かつ、じっくりと運動に取り組めるところに徐々に面白さを感じるようになり、「いつかはフルマラソンを」と思うようになっていました。しかし、なかなかチャンスがなかったのですが、郷里の徳島で開催されている「徳島マラソン」が10回の記念大会となったことや、開催が参加しやすい時期に変更になったことから、今年こそエントリーしてみようと思いきって、エントリーしました。

エントリー後には、大会本番に向けて徐々に練習を積んでいこうと思っていたのですが、なかなかそのような時間がとれずに、いつのまにやら、大会当日をむかえてしまいました。
明らかに準備不足であったため、大きな不安のまま、スタートしました。
当日は、1万2千人を超えるランナーが参加し、ゲストのアテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずきさんに励まされながら、元気に阿波路へと出発しました。この日は、薄曇りの天気で徳島特有の風もそれほど強くなく、日本三大暴れ川と数えられ、四国三郎とも呼ばれる吉野川も、雄大そして滔々とした流れでランナーを励まします。また、沿道にはあらゆる趣向を凝らした応援の方々がランナーを応援してくれました。阿波踊り、南京玉すだれ、神楽、エイサー、ヒップホップダンス、ロックバンドなどなど、ともすれば単調な景色となりがちななか、ランナーの気を紛らわせるに十分な応援を楽しみながら走ることができました。





ご存じのように、四国は八十八か所の遍路参りが江戸時代より盛んに行われており、徳島の隣県である香川讃岐の国生まれとされる空海(弘法大師)ゆかりの寺を巡礼する人はいまでも多く、四国の道では白装束に身を包み、同行二人と書かれた笠を身につけた「お遍路さん」をよく見かけます。また、そのお遍路さんに対して、街の人は食物や餞別を与える「お接待」を続けてきました。このお接待の精神は、自分は巡礼に出ることはできないが、巡礼者であるお遍路さんをもてなすことで、自分にも功徳があるように願うというものです。

徳島マラソンも、こうしたお接待文化が顕れていて、沿道の方々(老若男女)が、別にエイドステーションでもなんでもないところで、自分で用意したあめ、チョコレート、梅干し、たくあん、レモンのはちみつ漬け等をランナーに配っている様子をあちこちで見かけました。
市民のみなさんは、それぞれの目標に向けてひたすらにゴールを目指すランナーに結願成就を目指す遍路巡礼者を重ね合わせているかのようでした。こうしたお接待文化が、徳島マラソンの完走率の高さ(第9回完走率90.6%)の一因となっているのかもしれません。

さて、肝心の私のランニングですが、かろうじて制限時間ギリギリに、ゴールにたどり着くという、予想通りの展開で幕を閉じましたが、完走した爽快感と全身の筋肉痛は、次回へのリベンジを決意させるに十分なものでした。
次の機会に向けて今度こそ、しっかり準備して臨みたいと思います。


※追記
このブログの担当も今回が今年度最後となります。この1年間、私の凡庸な拙文におつきあいくださった方々、誠にありがとうございました。マラソンと同様、なんとかゴールとなりました。
時々、「読んでるよ!」とお声をかけてくださった方の声が励みとなりました。
次週はいよいよ、新年度です。次年度の火曜日担当の先生(強力な方です)の紹介をさせていただきたいと思います。




【ken】

2017.03.27

『行ってらっしゃい 段野さん!』

先週は、学位授与式・卒業式でした。
(多くの卒業式シリーズのブログで紹介されています)

大勢の学部卒業生、大学院博士前期修了生を元気に送り出すことができました。
本当に、これからも健康で、頑張って欲しい、という想いで一杯です。

実は、スポーツ健康科学部からもう一人、巣立っていく方がいます。

段野さんです!



 学部開設2年目の2011年から、スポーツ健康科学部事務室に配属となり、それからスポ健一筋丸6年間お世話になりました。入職して最初の職場である、スポ健事務室で、本当に一生懸命、学生、教職員のために働いていただきました。常に前向きで、頑張り屋さんです。根を詰めすぎて、無理されているのではないかとハラハラすることもあったほどです。

 この6年間で本当に、仕事ぶり、能力、意欲とも益々磨きがかかり、スポ健の学生、教職員にとって無くてはならない存在となっています。今回の段野さんの異動で、学部1期生を送り出した最初の4年間に在籍していた、職員さん(専任、契約も含め)は、ゼロとなりました。これは、組織体制上、致し方がありませんが、この間、教職協働、学生、院生と共同してきて創り上げてきた、「スポ健」の文化、雰囲気を継承していくためには、どのように襷をつないでいくのか、その仕掛け、システムの構築が必要な段階となってきました。

 幸いなことに、現在の事務局の職員のみなさんは、これまでのスポ健文化を引き継いでいき、さらに発展させよう、と意欲的な方ばかりです。もちろん、教員の方も引き続き、良い文化、風土づくりに熱心な方ばかりですので、よりよい文化継承について意識をしながら、今後も進めていけると確信しています。

 話しが少しそれましたが、段野さんは、4月から日本学術振興会に2年間出向されます。1年目は東京で研修を受け、2年目は海外の学振の支部で勤務となります。これは、「国際学術交流研修」という制度で、大学のグローバル化を事務職員のグローバル化から進めようという事業で、毎年、「若干名」の募集があります。通常私立大学の事務職員はなかなか採用されないのですが、段野さんは、書類選考、面接試験に見事に合格されました。彼女の力量では当然です。

 2年後さらに、パワーアップして、本学園に戻ってこられます。すぐに、もう一度、スポ健事務へ、というのは難しい願いと思います。段野さんなら、どの職場でも、新しい刺激を与え、イノベーションを起こしてくれるでしょう。

 段野さん、元気で行ってらっしゃい!

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
学位授与式・卒業式が終わりました。学生たち、ならびに保護者の方々、教職員、関係者が喜びで包まれていました。教員としても嬉しい日です。送り出した学生・院生の健康と活躍を心から願っています。
 【忠】

2017.03.26

卒業式・修了式(その5)

今年度のスポ健学部・大学院前期課程の卒業式・修了式が
3月22日の無事終了しました。
今回はその5ということで書くことも少なくなってきましたが
連載を続けさせていただきます。

改めましてご卒業・修了おめでとうございます。
sanaゼミでは今年度12名の学部生と2名の大学院生が
全員就職先を決定させ卒業・修了しました。
今年度の学部生は個性的な人が多かった!?ですが
それぞれのやりたい道を自分自身で見つけて卒業しました。



大学HPのトップを飾る「+Rな人」に2名も選ばれ
昨年度に引き続き公務員合格者も出し
卒業論文ではsanaゼミ初の英語論文が誕生しました
(これは栗原先生、Ippo先生のおかげです!)。
本人のこれからの夢は「嫁に行きたい!」だそうです。
チア、サッカー、ラクロス、カヌーなどの体育会で
昨年末の最後まで活躍しながらの人もいました。
3年の時の健康運動指導士実習先の病院と共同で
卒業論文を書き上げました。
健康運動指導士と教員免許の両方を取得した人もいます。
筋トレマニアが2名銀行に就職しました
(銀行で使える筋肉だとよいのですが!?)。
みなさんそれぞれの環境で大波小波があるでしょうが
くじけないで、恐れないで、恥ずかしがらないで
チャレンジし続けてほしいと思います。



大学院は2名が終了しました。
M君は近畿大学のTanimoto先生の学部をでて入学しました。
京都の病院で介入試験をゼロから行い
とても苦労が多かったと思いますが
最後までやり遂げて修士論文を作成しました。
現在、肥満研究に投稿しています。
F君は学部のゼミ生でもあったので4年間となりましたが
学部のころからするととても積極的になり
自身が顔に現れるようになってきました。
大学院後期課程にも進学していただきたかったですが
東京の企業へと就職していきました。
いつでも歓迎しますので、考えが変わったら後期の受験待っています。



卒業パーティーも例年のように大盛り上がりでした。
今年は映像に工夫されていて、非常に楽しく過ごすことができました。
幹事の3回生の方々、ご苦労様でした。

最後になりましたが、卒業・修了生の皆さん
いつでも研究室で待ってますので
社会人となった元気で成長した姿を是非見せてください!
いつまでも応援しています。

Good day!

sana

2017.03.25

もう一つの卒業式

3月22日(水)に、スポーツ健康科学部の卒業式、そして、
スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程の修了式が滞りなく終わりました。

今週は、ちょっとしたお祭りムードです。

3月20日(月)忠先生 <<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
3月21日(火)KEN先生 卒業式間近
3月22日(水)ippo先生 卒業式・修了式(その1)
3月23日(木)naru先生 卒業式・修了式(その2)
3月24日(金)nao先生 卒業式・修了式(その3)

と、ブログも卒業式に関する内容が多彩に展開されてきました。

本日、3月25日(土)の今日のブログは、「もう一つの卒業式」
を取り上げたいと思います。


以下の写真をご覧ください。

写真01 2016年度立命館大学大学院博士学位授与式




写真02 スポーツ健康科学研究科博士課程後期課程 梅垣明美さんへの博士学位授与





3月17日(金) 10時から立命館大学朱雀キャンパス中川会館大講義室(ホール)
で開催された「2016年度立命館大学大学院博士学位授与式」の様子です。

研究の構想と練り直し、膨大な先行研究の分析、緻密な仮説の設定、
膨大なデータの収集・分析、結果の整理・再整理、
オリジナリティの確保、研究の妥当性、データの信頼性、論文の推敲等、
莫大な時間をかけ、手間暇惜しまずに、一つ一つの課題に、数年かけて丁寧に対応していく、
そのような過程を経て、砂をかむような思いで
やっとの思いで獲得することができた。。。

それが「博士号」という学位かと思います。

本研究科から、本年度、以下の3名の方が、博士号を取得されました。
3名の方は、博士(スポーツ健康科学)です。

笹塲育子(ささば  いくこ)さん 2016年度 前期
梅垣明美(うめがき あけみ)さん 2016年度 後期
塚本敏人(つかもと はやと)さん 2016年度 後期

写真03 博士号取得 梅垣明美さん・塚本敏人さん とお祝いに駆けつけた教員



博士学位授与者ですが、2016年度後期は、大学全体で、29名です。
全ての授与者の研究テーマが報告されました。

写真04 博士号取得論文名




授与式の後、学長を含め、関係者での記念パーティーです。
和やかに、開催されました。


写真05 学長との懇談 塚本敏人さんとご両親とH先生




ここに来るまで、簡単な道程ではなかったことを、間近で見てきました。

価値ある、そして、栄えある博士号取得、誠に、おめでとうございます。

心からお慶び申し上げます



それでは、良い年度末を!

【 智 】

2017.03.24

卒業式・修了式(その3)

naoです

「おめでとう!」「これからもよろしくね!」「がんばってね!」という暖かい雰囲気一色の卒業式。
涙もあり、笑いもあり、私の研究室のように宴会気分もあり、様々な想いの卒業式でした。

卒業生らは、
大学生生活の期待と不安だった1回生
自分は、一年間何をやってきたのか? と反省ばかりの2回生
様々な活動で中心的な立場の役割に戸惑った3回生
最終学年で、サークル活動、就職活動、卒業論作成など必死に走った4回生

また時には厳しく、見守った教職員らに見守られたことなども~
を振り返ります。

そして、様々なところで、流した汗や涙を社会人として巣立つ力にしていこうと士気を高める場としての卒業式でした。

その卒業式で、お世話になった先輩方を精一杯送り出す文化があります。
後輩たちは、各キャンパスに集まり、先輩方に「本当にありがとうございます」とお礼を述べます。
すべての卒業生に応援メッセ-ジを披露してくれたのは、応援団です。
月曜日から大阪いばらきキャンパス、衣笠キャンパス、びわこくさつキャンパスと3日間連続で、卒業生に対し演奏&チ-ア-リ-ディング&エ-ル(演舞)で祝ってくれました。
彼らのご苦労に心から感謝しています。
団員の笑顔が本当に素晴らしかったと思います。
卒業生の少ない大阪いばらきキャンパスでは、彼らの存在があったからこそ盛り上がったと思いました。









そして、各サークルがそれぞれの手法で卒業生を送り出します。
先輩方を肩車して運んでくるなどサークル独自のパフォ-マンスが繰り広げられます。
また、掃除が大変なのですが、BKC名物の紙吹雪が舞う中での万歳三唱。
綺麗に着飾った袴姿の先輩を胴上げするシ-ンもありました(お母さんが裾を直していました~笑)。
今年も恒例の噴水に飛び込むシーンが何度もあったようです。
BKC名物は他にも沢山あります。
スポ-ツ健康科学部は、卒業生と教職員全員で写真を撮影し、夕方開催される謝恩会で配布されるという最高のプレゼントがありました。







こんな卒業式の雰囲気を入学式で映像で伝えることによって、入学者の学びの4年間が具体化するように感じました。

2017.03.23

卒業式・修了式(その2)

昨日のippo先生の予告通り、引き続き昨日の卒業式についてです。

卒業生、修了生の皆さん、卒業/修了、おめでとうございます。

うれしいような、寂しいような複雑な気持ちにもなりますが、
やっぱり立派に卒業していく姿をみるとうれしい気持ちが勝ります。

これからも様々なキャリアに進んでいく卒業生たちですが、
是非がんばって欲しいです。

また、たまには元気な姿を見せに帰って来てくれたらうれしいです。

昨日の卒業式では優秀卒業論文の発表もありました。
少し遠目からの写真ですので、分かりにくいですが、前に整列している学生たちが受賞者です。



私の研究室からはI君が受賞しました。


卒業式の後には、スポ健恒例の卒業/修了記念パーティーがありました。
毎年、学生が主体となって企画をしてくれているのですが、凝りに凝った演出で、そのクオリティに驚かされます。
今年も完成度の高いムービーから始まりました。プロ並みです。
以下はムービーの一場面ですが、かっこいいロゴまで作っていました。



もっと他にもみてもらいたかったのですが、暗くて私のカメラでは他にはうまく映りませんでした、、、

このパーティーでは、いつも感動させられます。

他にも書きたいこと、紹介したい写真※はたくさんありますが、今日はこの辺で。

卒業式に関連するブログ、まだまだ続く予感です。

※写真は連写モードで撮影したのもあったのですが、588枚撮りました。使える写真は少ないですが、、、

naru

2017.03.22

卒業式・修了式(その1)

今日は、学位授与式です。
学部生や大学院生が、そしてそのご家族の方々がこの晴れの日を待ち望んでおられたことと思います。
ご卒業・修了、おめでとうございます。

いつにも増して、にこやかな学生たちの顔、かお、KAO…!です。
第1弾。3回生も駆けつけてくれて・・・




1回生のころから… 授業で… いろんな話をしましたね。


自慢のゼミ学生たちです!

毎年恒例、これで4回目、ゼミ学生へのメッセージ書きです。いろいろと思い出されて、なかなかこの小さな紙には入りきれないのですが・・・。学部の学生、とくにゼミ学生との関わりは密になりますので、いろいろな経験や想いをさせてもらっています。この時期になると、本当にこの学部・学生たちで、このゼミ学生でよかったとつくづく感じます。

ちょっと、さすがにうるっと来る瞬間…

さびしくもありますが、彼・彼女たちの次の歩みに大いに期待して、またその活躍を風の便りに聴けることを楽しみにしていたいと思います。
身体にだけは十分に留意して、のびのびと自分の信じた道を着実に、誠実に進んでもらいたいと思っています。

昼の部が終わると、夜の卒業パーティーも… まだまだブログが続く予感。乞うご期待。

ippo


2017.03.21

卒業式間近

立命館大学では卒業式が、3月20日〜22日にキャンパス別に実施されており、スポーツ健康科学部が属するBKC(びわこくさつキャンパス)では、明日22日が卒業式となっております。
【忠】先生もご紹介されておりましたが、キャンパス内も卒業式に向けて準備が進められており、各方面で活躍している学生さんを紹介した大きなパネルが設置されていました。明日は、多くの卒業生がこのパネルの前で卒業の喜びを爆発させることとでしょう。


卒業は、英語で graduation といいますが、その語源となるラテン語は gradus(グラデュス)で、その意味は「歩み、足取り、階段」などを指すようです。つまり卒業とは、4年間なり2年間という時間をかけて歩んできた道や登ってきた階段を振り返るとともに、たどり着いた先に見えてきた階段を、どのように歩んでいけばよいのかを考える時間なのかもしれません。

明日は、それぞれが歩んできた道をともに振り返り、お祝いしたいと思います。


※週末に岐阜大学にて開催された「第15回日本発育発達学会」に参加してきました。今回の大会テーマは「強い子どもを育むための戦略的ビジョン」であり、スポーツ庁の鈴木長官も出席したシンポジウムや発育発達に関する多くの研究発表があり、大いに刺激を受けました。所用のため、参加できなかったプログラムも多かったのですが、参加された方に伺うと、実技なども公開され、日頃保育・教育・現場等で指導されている方々の熱気を感じる大会となったようです。開催を担当された方々のご尽力に感謝いたします。


会場となった岐阜大学のキャンパス内でみかけた梅の花ですが、花弁の色が白とピンクに分かれていました。この木は、枝により、花の色が違っていたので、おそらく、接木等がなされたことによる、キメラなのかもしれません。
しかし、卒業のおめでたい日にはうってつけの花でした。




【ken】

2017.03.20

Sports Analytics Conference 2017

3月3-4日、ボストンで開催された、Sports Analytics Conference 2017 に行ってきました。

ボストンにある有名な大学といえば、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)です。
そのMITのビジネススクール(経営学大学院)が、この学会を主催しています。今回で11回目で
すが、なんと参加者は約6000名です。

どのような参加者かといえば、スポーツに関わる研究者、解析技術者、
企業(ハード、ソフトの開発)、ベンチャーキャピタル、メディアなど、
非常に幅広い層からなっています。

そのため、プログラムも多岐にわたっていて、最新の研究成果から、
ベンチャーアイデアを練るハッカソンまであります。上の写真は、
アスリートと睡眠の最先端研究の発表です。下の写真はチェスのチャンピオンが、
同時に10人を相手に戦っているセッションです。チェスもスポーツに入れています。
隣のブースでは、対戦型ゲームのブースもありました。さらには、学生の就職に関
するブースがあり、面接も行われています。スポーツ分野への就職というと、本学部
の学生も「スポーツメーカー」というところに目がいきがちですが、今回の学会に
参加してみて、アメリカでは、かなり大きな分野に広がっていて、さらにはより多くの
企業が参入しているのが分かります。この流れはおそらく、今後の日本にも広がって
いくことでしょう。「スポーツ」に関わる分野、企業、キャリアがさらに注目されます。


<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
明後日は、BKCでの学位授与式、卒業式です。
キャンパスに、Beyond Boarders、の大きなパネルが掲示されています。
多くのBeyond Boardersたちの写真がちりばめてあります。その一人に小生の
ゼミ生が写ってます。
http://www.ritsumei.ac.jp/bb/episodes/no_046.html/

 卒業生、修了生たちが、大学の枠から飛び出して、社会の大きな器の中で、
さらに大きく活躍することでしょう。彼ら・彼女らの未来が輝くことでしょう!
 【忠】

2017.03.19

スポ健1期生水野さんの結婚式

まだ寒い日が続いています。
ハワイからの温度差が激しいですが
いまのところ時差ボケも解消され元気に過ごせています。

先日はスポ健1期生のゼミ生水野さんの結婚式に参列してまいりました。
水野さんは、在学中に健康運動指導士の資格を取得し
スポーツクラブのルネサンスに就職されました。
ほとんどルネサンス1社に絞って就職活動を行い
見事、第一希望に内定が決まりました。
ルネサンスは、日本の働きやすい会社ベスト10に選ばれたこともあり
スポーツクラブを運営する数々の企業の中でも特に人気があります。
お相手の鉢呂さんもルネサンスの勤務で、職場で知り合ったそうですが
彼は指導者の方ではなく、IT系の部署についているそうです。
大阪大学の出身で、非常にさわやかで優しそうな男性でした。
鉢呂さんの友人が作成されたビデオは、たくさんのかかわりのある
友人たちが交代で空手の正拳突きを10,000回行うという内容で
非常に楽しく、友人に慕われているのがわかりました。



今回は、柄にもなく主賓としてお招きいただき
それほど得意でもない挨拶をさせていただきました。
スポ健教員は基礎演習の担当だったIppo先生や
神戸大学に移ったKimutetsu先生も来られていました。
また、1期生の水野さんの結婚式ということでスポ健卒業生で
友人の林さん、滝さん、西川さん、水野(さ)さんも来られていました。
披露宴は、同じテーブルで同窓会の様で非常に楽しく過ごさせていただきました。



スポ健卒業生はまだ3期生までで、人数もそれほど多くありませんが
sanaゼミでは、すでに今回で男性2名、女性2名の4人目となりました。
卒業後のスポ健生の様子がみられるのはとても嬉しく
また次は誰が結婚するのかわかりませんが
呼ばれるのがとても楽しみです。
元気な子供を産んで、またお顔を見せてほしいものです。
鉢呂さん、水野さん、ご両家の皆様、
ご結婚おめでとうございました!

Good day!

sana