[ Thu ] の記事一覧

2018.06.21

皆さん大丈夫でしたか?


こんにちはshinoです。

今週は大変な1週間でしたね。
地震の被害は大丈夫でしたか?
雨も降り続いていいます。土砂災害などにも気を付けるようにして下さい。


さて、私は先週土曜日に
神戸で開催されたラグビー日本代表とイタリア代表の試合にメディカルとして出務してきました。

前週、同じ対戦カードで日本代表はイタリア代表に対し素晴らしい試合を行い、見事に勝利しました。
その影響と、神戸での代表戦は珍しいこともあり、たくさんの観客が来てくれていました。
私は試合開始2時間ほど前にスタジアムに入りましたが、
途中の電車から、たくさんのサポーターが日本代表のジャージを着て乗っていました。
スタジアムの前にも試合前から結構盛り上がっていました。




来年のワールドカップを見据えたトレーニングを我々メディカルも兼ねており、
本番と同じ体制で臨みました。
私は、今回、Immediate Care Lead Doctor(ICL)という立場で、
いつもの脳震盪の判定をするマッチドクターではなく、
マッチドクターやチームドクターのサポートを行う役目でした。

つまり、グランド内で、チームドクターがサポートを要請した場合、
最初にグランドに入っていく予定でした。

スタジアムに入ると、設備の確認、搬送のトレーニングなどを入念に行います。
さらに、レフリーやチームドクター達とブリーフィングを行い、様々な対応を確認します。
2時間以上前には会場に入りますが、試合前にしなければいけないことが結構あるため、
なかなか忙しいです。

試合中は、メインスタンドの最前列に座り、
何かあったらすぐにグランドに出ることができるように待機しています。





試合結果は、皆さんご存じだとは思いますが、日本代表は惜敗してしまいました。残念でした。

また、今回は大きな怪我人が出ることは無く、我々の出番はほとんどありませんでした。

試合終了後も結構バタバタします。
試合後に体調が悪くなったり、怪我が判明したりすることもありますので、
しばらくは医務室で待機しています。

観客がスタジアムを無事に出て、選手が何も問題ないことを確認したら、
我々の仕事は終了となります。

結局、試合後に少し仕事がありましたが、大きな問題は無く、全て無事に終了いたしました。

来年のラグビーワールドカップが無事に終了するように、
トレーニングを積んで、レベルアップしていきたいと思います。

2018.06.14

本格的に梅雨ですね。


こんにちはshinoです。

梅雨空が続いています。
雨が降ったり、蒸し暑かったり、うっとうしいですね。
皆さん、体調管理はどうしていますか?
私は寝不足で体調を崩すことが多いので、とにかく睡眠をとるようにしています。


昨日、1回生の基礎演習では、MRI講習としてガイダンスと実習を行いました。

スポ健には研究用にMRIがあります。

MRIは病院にある病気を見つけるためのものだと、皆さんはイメージしていると思いますが、
レントゲンやCTと比べて、放射線を扱うことがないので、
十分な講習を受ければ、医療関係者でなくても撮像を行うことができます。
ちなみに、レントゲンやVTのような放射線を使用した撮像は、
資格を持った放射線技師(病院でレントゲンを撮影してくれる人です)や、医師でないとできません。
というと、、レントゲンやCTと比べるとMRIは使いやすいのでは(?)と考えるかもしれませんが、
なんせ、高価な計測機器ですので、簡単にどこの大学や研究機関に設置しているというものではありません。設置していない病院もたくさんあります。


そんな計測機器がスポ健には研究用として設置されています。
それも、すごい上位ランクの機種が今春に設置されました。

学部生も院生も教員スタッフもこのMRIを使って研究をすることができます。

でも、何に気を付ける必要があり、どのように撮像され、何が分かるのか、
など、仕組みが分からないと、上手く利用することができません。
何よりも安全に利用することができません。

そこで、スポ健では、毎年、1回生の授業でMRIの簡単な講習を行っています。



まず、MRIの安全講習会を行っていただきました。
MRIとはどういうものなのか、どのような仕組みなのか、
何に一番気を付けなければならないのか・・・・などなど。

安全講習の後は、2組に分かれて、実際の撮像体験(実習)と、
MRIで何が分かるのか、どのような研究が行われているのか、
などの解説を行っていただきました。




学生たちも熱心に聞き、興味深く、撮像を見ていました。
MRIとはこんなものなんだと、少しは理解できたと思います。




私も学生時代に講義を受けて、仕事でもずっと使用していますが、
本日の講習を受け、基礎的知識を再確認することができ、大変勉強になりました。


せっかく、素晴らしい機器があるので、
たくさんアイデアを出して、良い研究をしていって欲しいと思います。

学部生からでも研究はできますので、興味のある人はいつでも声をかけて来て下さい。
積極的にどんどん参加してもらえればうれしいです。待っています。


2018.06.07

梅雨に入りました。


こんにちはshinoです。

とうとう梅雨入りしましたね。
気温の変化も大きく、体調管理が大変だとは思います。
皆さん体調を崩さないように気をつけて下さい。

さて、先日、私はまた女子サッカーなでしこリーグのマッチドクターをしてきました。
今はシーズン真っ只中です。リーグ戦とカップ戦の両方が同時に開催されていますので、
毎週、試合が行われています。




選手はコンディショニングを整えるのが大変です。

女子サッカー選手は、完全なプロ契約をしている選手がほとんどいません。
私がサポートさせてもらっているチームも、全員が企業に社員として勤務しています。

平日は午前中、会社で働いて、午後から練習というスケジュールです。
週末になると、ほぼ毎週、試合に出場します。
会場も半数はホームですが、残りの半数は相手チームのホームで試合を行いますので、その時は長距離を遠征しています。

どのアスリートもそうですが、競技に集中できない様々な状況の中、
パフォーマンスを発揮するためにコンディショニングを整えるのが大変だと思います。

毎年メディカルチェックを行っているのですが、
結果を見ると、ほとんど異常な検査データはありません。
女性アスリートによく認める貧血や骨の異常につながるような所見も認められません。

昔と比べて選手自身にもアスリートや女性特有の疾患やコンディショニングに対する意識が付いてきているのだと思います。
まだまだアスリートに対するサポートが不十分な中では、自己管理をきっちりしないとコンディショニングは整いません。
素晴らしいと思います。

本当は、どの競技も、どのアスリートにも、様々なサポートを十分できるような体制が整えば良いのですが、
現状ではなかなか難しいです。

試合はというと、
今回も大きな怪我人は出ませんでした。良かったです。



今後も私ができる範囲で、できる限り、アスリートのサポートを行っていきたいと思います。


最後に、私事ながら今週、誕生日だったのですが、
昨日の基礎演習終了後にクラスのみんなが誕生日のお祝いをサプライズでしてくれました。
オリター、AAが中心になって、ケーキまで準備してくれ、久しぶりにケーキのろうそくを吹き消しました。
嬉しかったです。



Hクラスのみんな、ありがとう。


2018.05.31

平和ミュージアム見学


こんにちはshinoです。

昨日から雨ですね。
来週にも梅雨入りしそうです。
これからジメジメした鬱陶しい天気が続きますね。

さて、昨日、1回生の基礎演習の授業では、
3クラス合同で、立命館衣笠キャンパスにある平和ミュージアムへ課外授業に行ってきました。

朝から大雨で移動が大変でしたが、南草津や京都に集合し、みんなで電車とバスに乗っていきました。

授業では、まずはじめに、この課外学習をする意味をしっかり考えることができるよう、
ビデオ視聴とスタッフの方からのお話がありました。




全体での話が終了した後は、3クラスで分かれて見学を行いました。
私は担当しているHクラスとともに、
はじめに特別写真展示場の見学に行きました。
みんな、たくさんの写真と解説を熱心に見入ってました。
平和な日本では想像できないようなことが世界では今でも現実に起こっているということを知り、
いろいろなことを感じ、考えさせられたと思います。

その後、場所を移動し、戦争時の資料とともに、
戦争を体験された御高齢者の方々が、当時のことについて丁寧に解説していただきました。



やはり、実際の話を直接聞くのは全く違います。
教科書やテレビで流れる映像では、知ることができないこともたくさん教えていただきました。
学生たちも熱心に質問しながら話を聞いていました。

この課外授業は毎年行っているのですが、
学生たちは年々熱心に、話を聞く姿勢が良くなっているとのお言葉をいただきました。
それも毎年継続して来てくれているからで、
昨年経験した上回生がうまく引き継いでくれているのだと思います、と言っていただきました。
オリター、AAをはじめとした上回生が、自分たちが経験したことを、
後輩たちにうまく伝えてくれているんだと思います。

褒めていただいて大変誇らしかったです。

見学する時間が少し短かったので残念でしたが、
1回生も今回の授業でいろいろ感じるものがあったと思います。
戦争とは何か、平和とは何か、なぜ立命館に平和ミュージアムがあるのか、
スポーツと、戦争、平和はいかに関係しているのか・・・・などなど、
1回生が何を感じてくれたのか、提出レポートを楽しみにしておきます。

この課外授業だけでなく、立命館での学生生活で得られたもの、感じたことを、
上下回生だけでなく、周りにいるいろいろな人たちにも伝えていって欲しいと思います。


2018.05.24

昨日から雨ですね。


こんにちは、shinoです。

昨日から雨ですね。
また少し涼しい感じがします。
暑さ寒さが一定しないので体調を整えるのが大変です。気を付けて下さい。

先週末は、また女子なでしこサッカーの試合のマッチドクターをしてきました。



先週末は過ごしやすい天気だったので、サッカー観戦には良かったと思います。



女子サッカーは、以前と比べると、
かなりコンタクトシーンも増え、激しくなったのですが、
私がメインで行っているラグビーと比べると、傷害の発生はかなり少ないです。
全く傷害が発生しない試合もあります。

出番が無い方が選手にとっても良いですし、
私も試合の観戦をすることができるので嬉しいです。

と思って観ていたのですが・・・

今回は少し怪我人が出てしまいました。。。

選手は担架でピッチサイドに運ばれました。



その後はマッチドクターの出番です。
診察をするためにグランドに降りていきました。大きな怪我だったら・・・と、少し緊張する瞬間です。

診察の器械や道具は基本的にはほとんど無いので、
触診と、これまでの経験で大きな傷害ではないかをチェックしていきます。

今回は緊急性もなく、大きな怪我では無さそうでした。
良かったです、ホッとしました。

試合中の選手、スタッフ、観客の安全を担っていると思うと、
毎回、責任の重大さを感じますし、かなり緊張感があります。

選手が気持ちよくプレーでき、観ている人が安全で楽しめるようにすることができれば、
スポーツへの関心、人気もさらに高まっていくと思います。
そのために、メディカル面でしっかりサポートし、
できる限りお手伝いしていくように努めていきます。

2018.05.17

暑くなりましたね。

こんにちは、shinoです。

かなり暑くなってきました。
日中はかなり暑く感じます。



朝夕の気温差が大きいので体調を崩さないようにしないといけないですね。

私は、先週末、研究会で講演をさせてもらいました。
関節リウマチの研究会で、関西を中心とした若いドクターが中心となって行っている研究会です。
若いと言っても私と同年代ぐらいです。
その研究会から依頼をいただき、先週末に講演をしてきました。

内容は、私が行っている基礎研究のテーマで、
腱や靭帯が骨に付着している部位の構造に関してです。

私の主な研究のテーマは、『スポーツ傷害』なのですが、
その中でも臨床研究と、基礎研究を行っています。
臨床研究は、実際にスポーツ傷害を患った人に対する治療や、リハビリテーション、
トレーニングに関する内容となります。
それに対し、基礎研究は、スポーツ傷害の病態解明を目的として、解剖や組織学、動物実験を行っています。

ということで、私は基礎研究として『腱や靭帯が骨に付着している部位』という人の体の中でも
極々小さい部分を、飽きもせず、10年以上研究しています。
この分野もまだ分からないことが多くあり、もっと知りたいと思う気持ちで、
ここまで研究を続けてきています。
分からないことを明らかにするというのは非常に面白いです。
研究している人は少なからずそう思っている人が多いと思います。

最近、関節リウマチの研究において、その『腱や靭帯が骨に付着している部位』に注目が集まっており、
そのため、今回、私が講師として呼ばれました。

普段、講演をする時は、整形外科の先生や、理学療法士、アスレチックトレーナーなどのスポーツ従事者に
行うことが多いのですが、今回は、整形外科の先生より内科や小児科の先生が多く参加されていました。

講演では、質問の内容や、発言される意見もやはり分野が異なると違っていました。
視点が異なる分野の先生や研究者の方と話をすると、
考え方が異なっている部分や、同じように考えている部分が見えてきて、
私にとっても非常に勉強になるディスカッションとなりました。

新しいことに積極的に参加することで、自分に新しい視点をもたらしてくれ、
それが次のステップにつながっていくと思います。

特に、スポ健は、様々な分野に気軽に触れることができる学部だと思うので、
いろいろな事に興味を持ち、取り組んで、自分をどんどん成長させて欲しいと思います。


2018.05.10

GWはいかがでしたか?

こんにちは、shinoです。

GWも終わりましたね。
皆さんは有意義に過ごせましたでしょうか?

私は、GW中にマレーシアのクアラルンプールにラグビー国際試合のドクターを行ってきました。
アジアラグビーチャンピオンシップという大会で、
香港、マレーシア、韓国の三か国でホームアンドアウェー方式で総当たり戦を行います。
ここで勝ったチームは、オセアニアのチームとプレーオフを戦い、
さらに勝つことができれば2019年のワールドカップに出場できるという参加国にとっては非常に大事な試合です。

日本はすでにワールドカップの出場権を得ていますので、この大会には出場していません。
だから、出場国ではない国からのレフリーとドクターが
中立な立場で判定しないといけないということで、
日本からの派遣として私が出務しました。

いつもの試合で行っているマッチドクターとは少し異なっていて、
HID(Head Injury Doctor)という、脳振盪の判定のみを行うドクターでした。

基本的に脳振盪と判定されると、その選手はそれ以上試合に出場できなくなります。
さらに約1週間程度リハビリ期間が必要となり、その間の練習、試合への参加が制限されるので、
チーム、選手にとってはかなりのダメージなのですが、選手の安全を考えると大事な処置だと思います。

もちろん、どの判定も間違ってはダメなのですが、
上記のように、脳振盪の判定は試合の勝敗に影響を受けることも多いので、
判定は、慎重かつ的確に行わなければいけなく、ドクターは責任重大です。

ラグビートップレベルにおける脳振盪の判定は国際的なルールがあり、
判定もトレーニングを受け、資格を持ったドクターでなければなりません。

ということで、今回、私はHIDとしてマレーシア対香港の試合に出務しました。
3人のレフリーと、HIDの私の計4名が日本からのスタッフとして参加してました。

試合会場となったマレーシアのBukit Jalil スタジアムは約10万人が収容できる
マレーシアで一番大きなスタジアムだそうで、2016年にできたばかりで、
きれいでとても大きな素晴らしいスタジアムでした。

幸いにも大きな怪我人は出ず、無事に試合を終えることができました。

試合内容は、香港が勝ち、一方的に大差がついてしまいましたが、
マレーシアが取った唯一のトライシーンでは、会場全体がワーッと沸き、非常に盛り上がりました。
観客も1万数千人入り、マレーシアでもラグビーは人気スポーツの一つだそうです。

現地のマッチドクターとも交流し、いろいろ話ができ、有意義な時間を過ごしました。

GW中に行ったので、前日の夜中にマレーシアに入り、翌日の夕方に試合を行い、
終了後、夜中の飛行機で日本に帰って来るというタイトなスケジュールで、
さらに、1人で脳振盪の判定を国際試合で行わないといけないというかなりプレッシャーのかかる出務でしたが
非常に良い経験になりました。
こんにちは、shinoです。

GWも終わりましたね。
皆さんは有意義に過ごせましたでしょうか?

私は、GW中にマレーシアのクアラルンプールにラグビー国際試合のドクターを行ってきました。
アジアラグビーチャンピオンシップという大会で、
香港、マレーシア、韓国の三か国でホームアンドアウェー方式で総当たり戦を行います。
ここで勝ったチームは、オセアニアのチームとプレーオフを戦い、
さらに勝つことができれば2019年のワールドカップに出場できるという参加国にとっては非常に大事な試合です。

日本はすでにワールドカップの出場権を得ていますので、この大会には出場していません。
試合は中立な立場で判定しないといけないため、
出場国ではない国からのレフリーとドクターとなり、
日本から私が派遣され、出務しました。

いつもの試合で行っているマッチドクターとは少し異なっていて、
今回は、HID(Head Injury Doctor)という、脳振盪の判定のみを行うドクターとして参加しました。

基本的に脳振盪と判定されると、その選手はそれ以上試合に出場できなくなります。
さらに約1週間程度リハビリ期間が必要となり、その間の練習、試合への参加が制限されるので、
チーム、選手にとってはかなりのダメージなのですが、選手の安全を考えると大事な処置だと思います。

もちろん、どの判定も間違ってはダメなのですが、
上記のように、脳振盪の判定は試合の勝敗に影響を受けることも多いので、
判定は、慎重かつ的確に行う必要があり、ドクターは責任重大です。

ラグビートップレベルにおける脳振盪の判定は国際的なルールがあり、
判定もトレーニングを受け、資格を持ったドクターが行わなければなりません。

ということで、今回、私はHIDとしてマレーシア対香港の試合に出務しました。
3人のレフリーと、HIDの私の計4名が日本からのスタッフとして参加しました。

試合会場となったマレーシアのBukit Jalil スタジアムは約10万人が収容できる
マレーシアで一番大きなスタジアムだそうで、2016年にできたばかりで、
きれいでとても大きな素晴らしいスタジアムでした。





幸いにも大きな怪我人は出ず、無事に試合は終えることができました。

試合内容は、香港が勝ち、一方的に大差がついてしまいましたが、
マレーシアが取った唯一のトライシーンでは、会場全体がワーッと沸きあがり、非常に盛り上がってました。
観客も1万数千人入り、マレーシアでもラグビーは人気スポーツの一つだそうです。

現地のマッチドクターとも交流し、いろいろ話ができ、有意義な時間を過ごしました。
試合前には搬送のトレーニングも現地のメディカルスタッフと一緒に行いました。



GW中に行ったので、前日の夜中にマレーシアに入り、翌日の夕方に試合を行い、
終了後すぐ夜中の飛行機で日本に帰って来るというタイトなスケジュールで、
さらに、1人で脳振盪の判定を国際試合で行わないといけないという、
かなりプレッシャーのかかる出務でしたが、
楽しむことができ、非常に良い経験となりました。

2018.05.03

GWですね。

こんにちは、shinoです。

5月に入りました。GWですね。
新年度が始まり、早1か月が過ぎましたが、
新しい生活にも慣れましたでしょうか?疲れているかもしれませんね。
このGW中に疲れを癒して体調を整えて下さい。


さて、先週末に私は女子サッカーリーグのマッチドクターに行ってきました。
もう5年以上前からお手伝いをさせていただいているのですが、
今年も3月末にシーズンが始まり、本年度も引き続きお手伝いをさせていただいています。



一言でスポーツドクターと言ってもいろいろな仕事があります。

私が女子サッカーリーグで行っている仕事は、
ホームゲームのマッチドクター(年間10数試合あります)、
メディカルチェック、
救急対応などです。

女子サッカーの場合のマッチドクターとしての役割は、
主に、相手チーム(場合によってはホームのチーム)と観客、スタッフの救急対応になります。

出動することが無く、何もなければ試合を観ています。
試合を観ていると言っても、怪我人が出ないかを注意しながら観ていますけど。



さらに、観戦に来ているサポーターの怪我や体調不良にも対応します。
試合会場には十分な設備や道具があるわけではないので、まず診察し、できる範囲で応急処置を行います。
必要があれば救急車を要請し、救急病院で対処してもらうことになりますので、
求められているのは、その判断ということになります。

あと、これは試合以外のことですが、
公式戦に出場するためにはメディカルチェックが必要なので、病院で行っています。
やはりスポーツ時の重篤な傷害発生をできるだけ少なくするために、
メディカルチェックを行い、異常が無いかどうかの確認を行う必要があります。

他には、試合や練習で怪我をした、あるいは痛みが続いていてプレーできないなど、
選手の傷害に対する診察、治療を行ったりもします。

以上が私が普段しているスポーツドクターの仕事です。

で、先週末は、試合のマッチドクターとして出務してきました。

日中の開催で、良い天気だったので、
普通は観戦日和として嬉しいのですが、
良い天気であれば、我々は熱中症になる人が居ないかが気になってきます。
これから特にそうなのですが、選手はともかく、
観客やスタッフの熱中症が意外と多かったりするので、注意しておかなければいけません。

幸いにも、先週は全く問題なく、
怪我人も1名も出ず、無事に終えることができました。
良かったです。安心しました。



これからあらゆるスポーツのシーズンが始まり、
試合や大会がたくさん行われるので、
スポーツドクターとしてできるだけサポートしていきたいと思います。


2018.04.26

暑くなってきましたね。

かなり暖かくなりました。
日中は暑さを感じる日も増えてきました。

先週末に私は理学療法士が主催している超音波エコーセミナーでレクチャーをさせていただきました。
奈良県内のスポーツ整形外科、リハビリを盛んに行っている病院が主催で行っている研究会です。

最近、整形外科、スポーツ医学の分野において、
診断や処置を行うためのツールとして、
超音波エコーは非常に注目されています。

特に理学療法士さん達も超音波エコーを使用することはできるので、
今後、リハビリテーションの分野では必須となっていくと思われます。
と、考えている理学療法士さんも多く、
このような超音波エコーセミナーは最近たくさん開催されており、
みなさん積極的に参加されています。

以前のこのブログにも書きましたが、
立命館でもトレーナーさんに超音波エコーのセミナーを行いました。
理学療法士さんも、トレーナーさんも、整形外科やスポーツ医学などの運動器に
関わる人は超音波エコーを是非ともマスターして欲しいと思っており、
私はそのために最近はワークショップでのレクチャーを行っています。

朝から行われていたのですが、私は午後からの参加で、
まず初めに膝関節を中心に、スポーツ障害の病態に関するレクチャーを行いました。

ワークショップのデモンストレーションの後に、参加者が交代で被験者にエコーを行っていきます。
みなさん、熱心に話を聞き、ワークショップにも一所懸命参加していました。

私への質問も皆さん積極的に行っていただき、大変充実した研究会でした。

研究に対する興味も強く持っていただき、毎回宣伝している効果もあるのか、
大学院にも興味を持ってもらえました。

運動器の分野では超音波エコーはまだまだ分からないことが多いので、
こういったセミナーをきっかけに、研究に興味を持ってもらい、
知識や技術を深めてもらえれば嬉しいですね。

今後もこのようなセミナーを積極的に開催、参加していきたいと思います。
こんにちは、shinoです。

かなり暖かくなりました。
日中は暑さを感じる日も増えてきました。
すぐに夏が来そうですね。

先週末、私は理学療法士さんのための超音波エコーセミナーでレクチャーをさせていただきました。
奈良県内のスポーツ整形外科、リハビリを盛んに行っている病院が主催して行っている研究会です。

最近、整形外科やスポーツ医学の分野において、
診断や処置を行うためのツールとして、
超音波エコーは非常に注目されています。

特に理学療法士さん達も超音波エコーを使用することはできるので、
今後、リハビリテーションの分野では必須となっていくと思われます。

と、考えている理学療法士さんも多く、
このような超音波エコーセミナーは最近たくさん開催されており、
みなさん積極的に参加されています。

以前のこのブログにも書きましたが、
立命館でもトレーナーさんに超音波エコーのセミナーを行いました。
理学療法士さんも、トレーナーさんも、
整形外科やスポーツ医学などの運動器に関わる人は、
超音波エコーを是非ともマスターして欲しいと思っており、
私はそのため最近はワークショップでのレクチャーを積極的に行っています。

朝から行われていたのですが、私は午後からの参加で、
まず初めに膝関節を中心に、スポーツ障害の病態に関するレクチャーを行いました。

デモンストレーションの後に、参加者が交代でエコーを実際に触っていきます。




参加者の方は皆さん熱心に話を聞き、ワークショップにも一所懸命参加していました。



私への質問も皆さん積極的に行っていただき、大変充実した研究会でした。

研究に対する興味も強く持っていただき、毎回宣伝している効果もあるのか、
大学院にも興味を持ってもらえました。

運動器の分野で超音波エコーはまだまだ分からないことが多いので、
こういったセミナーをきっかけに、知識や技術を深めつつ、
研究に興味を持ってもらえれば嬉しいですね。

今後もこのようなセミナーを積極的に開催、参加していきたいと思います。

2018.04.19

Hクラス優勝でした。

こんにちは、shinoです。

本日は気持ちのいい天気でしたね。
週末もかなり暖かいようで、あっという間に春が過ぎていきそうです。

さて、昨日のブログでも書いてありましたが、
昨日は1回生の基礎演習の授業でスポーツ大会が行われました。

その前のオリエンテーション企画と併せてクラス対抗で競うようです。

我がHクラスはスポーツ大会開始前で順位は1位でした。
スポーツ大会は、ドッチボールと、~人~脚の徒競走でした。

入学からいろいろなイベントを企画してくれている2回生のAAやオリターのおかげで、
クラスはかなり打ち解けていて、仲良く団結していました。
スポーツ大会もかなり気合いが入っており、
試合前には円陣を組んで、作戦会議と気合いの掛け声を行いました。


どのクラスも団結し、ドッチボールも勝ったり負けたり、試合も接戦です。
かなり白熱し、応援にも力が入ります。

徒競走もみんな一生懸命脚を揃えて走っていました。
力を合わせないと勝てない種目なので、さらにクラスの団結力が高まっていきます。

結果はというと・・・
我がHクラスは最終結果でも1位をキープし、優勝しました。
さすがです、嬉しかったです。

いただいた表彰状は私が記念にいただきました。
早速部屋に飾っています。

で、本日はクラス会としてみんなで祝勝食事会を行い、
楽しいひとときを過ごしました。

shinoです。

本日は気持ちのいい天気でしたね。
週末もかなり暖かく暑いぐらいみたいです。
あっという間に春が過ぎていきそうですね。

さて、昨日のブログにも書いてありましたが、
昨日は1回生の基礎演習の授業でスポーツ大会が行われました。

その前に行われたオリエンテーション企画と併せてクラス対抗で順位を競うようです。

我がHクラスはスポーツ大会開始前で順位は1位でした。
スポーツ大会は、ドッチボールと徒競走でした。



入学からいろいろなイベントを企画してくれている2回生のAAやオリターのおかげで、
クラスはすでに打ち解けていて、かなり仲良く団結していました。
スポーツ大会もかなり気合いが入っており、
試合前には円陣を組んで、作戦会議と気合いの掛け声を行ってました。



どのクラスも団結しています。ドッチボールも勝ったり負けたり、接戦です。
試合は白熱し、応援にも力が入ります。



徒競走もみんな一生懸命、脚を揃えて走っていました。



どの種目も力を合わせないと勝てないので、クラスの団結力はより一層高まっていきます。

結果はというと・・・
我がHクラスは最終結果でも1位をキープし、優勝しました。
さすがです、嬉しかったです。

いただいた表彰状は私が記念にいただきました。


早速部屋に飾っていますよ。

本日はクラス会としてみんなで祝勝食事会を行いました。
AA、オリターも一緒に楽しく過ごしました。



このスポーツ大会のように、仲良く、団結して、新しい学生生活を頑張って欲しいです。


本日は気持ちのいい天気でしたね。
週末もかなり暖かいようで、あっという間に春が過ぎていきそうです。

さて、昨日のブログでも書いてありましたが、
昨日は1回生の基礎演習の授業でスポーツ大会が行われました。

その前のオリエンテーション企画と併せてクラス対抗で競うようです。

我がHクラスはスポーツ大会開始前で順位は1位でした。
スポーツ大会は、ドッチボールと、~人~脚の徒競走でした。

入学からいろいろなイベントを企画してくれている2回生のAAやオリターのおかげで、
クラスはかなり打ち解けていて、仲良く団結していました。
スポーツ大会もかなり気合いが入っており、
試合前には円陣を組んで、作戦会議と気合いの掛け声を行いました。


どのクラスも団結し、ドッチボールも勝ったり負けたり、試合も接戦です。
かなり白熱し、応援にも力が入ります。

徒競走もみんな一生懸命脚を揃えて走っていました。
力を合わせないと勝てない種目なので、さらにクラスの団結力が高まっていきます。

結果はというと・・・
我がHクラスは最終結果でも1位をキープし、優勝しました。
さすがです、嬉しかったです。

いただいた表彰状は私が記念にいただきました。
早速部屋に飾っています。

で、本日はクラス会としてみんなで祝勝食事会を行い、
楽しいひとときを過ごしました。

このまま仲良く、団結して、新しい学生生活を頑張って欲しいです。、shinoです。

本日は気持ちのいい天気でしたね。
週末もかなり暖かいようで、あっという間に春が過ぎていきそうです。

さて、昨日のブログでも書いてありましたが、
昨日は1回生の基礎演習の授業でスポーツ大会が行われました。

その前のオリエンテーション企画と併せてクラス対抗で競うようです。

我がHクラスはスポーツ大会開始前で順位は1位でした。
スポーツ大会は、ドッチボールと、~人~脚の徒競走でした。

入学からいろいろなイベントを企画してくれている2回生のAAやオリターのおかげで、
クラスはかなり打ち解けていて、仲良く団結していました。
スポーツ大会もかなり気合いが入っており、
試合前には円陣を組んで、作戦会議と気合いの掛け声を行いました。


どのクラスも団結し、ドッチボールも勝ったり負けたり、試合も接戦です。
かなり白熱し、応援にも力が入ります。

徒競走もみんな一生懸命脚を揃えて走っていました。
力を合わせないと勝てない種目なので、さらにクラスの団結力が高まっていきます。

結果はというと・・・
我がHクラスは最終結果でも1位をキープし、優勝しました。
さすがです、嬉しかったです。

いただいた表彰状は私が記念にいただきました。
早速部屋に飾っています。

で、本日はクラス会としてみんなで祝勝食事会を行い、
楽しいひとときを過ごしました。

このまま仲良く、団結して、新しい学生生活を頑張って欲しいです。