[ career ] の記事一覧

2019.01.13

キャリアセミナー

月曜日に、スポーツ健康科学部の学生を対象にしたキャリアセミナーを開催しました。昨年の11月、12月にも同様のセミナーを行っており、今回が第3回目となります。

最初に登壇された株式会社LAVA Internationalの高下様は、我が国では平均寿命が大きく延伸しているのに対して、健康寿命(健康で、日常生活に制限のない期間)には著しい変化がなく、平均寿命との間に約10年の差があることを示したデータを提示されました。また、スポーツに関わる業界においては、機能やデザインに優れた製品(スポーツ用品)は数多く販売されている一方で、それらの製品を実際に活用して運動を行う環境(場所、機会など)の不足している点を問題提起されました。すなわち「モノ」から「コト」への発想の転換が必要であり、ホットヨガスタジオを全国に展開し、手軽に運動をできる場を提供しようとされている現在のお仕事に至った経緯を説明されました。

 (goto)20190113-1

次に、株式会社栃木ブレックスの多田様に登壇頂きました。株式会社栃木ブレックスは、プロバスケットボールのB. LEAGUEに所属するリンク栃木ブレックスを運営している会社です。多田様からはご自身の経歴やプロバスケットボールリーグの現状や課題に加え、「キャリア」とは何かということについてご説明頂きました。特に、「働くというのは誰かのために何かを創っていく作業である」というメッセージは印象に残りました。

 (goto)20190113-02

最後に、株式会社リクルートライフスタイルの千葉美沙希様に登壇頂きました。千葉様はスポーツ健康科学部の2期生で、学部時は女子陸上競技部で選手として活動されていました。今回は現在取り組まれている業務の内容に加えて、学部3-4回生にかけての就職活動時のご自身の考え方、当時の悩みや葛藤などを説明されました。ご自身の就職活動の開始時には卒業後のキャリアややりたい仕事が明確でなかった中で、キャリアに関わる判断軸を確立することで自分に適した業界や職種を選択された経験を、わかりやすく紹介して頂きました。

 (goto)20190113-03

今回、登壇された3名の講師には2つの共通点があります。1つ目は学部時に体育会に所属し、競技に取り組まれていた「学生アスリート」であったという点です。2つ目は転職を経験されている点です。また、いずれの講師の方々も仕事を通して成し遂げたいこと(目標)が明確であり、その判断軸に応じてご自身のキャリアを選択されてきた点も共通していると感じました。年始早々での開催となりましたが、参加をした学生にとって素晴らしい機会になったであろうと確信をしています。

GOTO

2019.01.10

もう一つの高校ラグビー大会


こんにちは、shinoです。

寒いですね。
1月に入ってからさらに寒くなったような気がします。

大学は今週から授業も始まりました。
今学期も今週と来週の2週を残すのみですが、元気よく頑張っていきたいと思います。


先週のブログでも書きましたように、
私の年末年始はラグビーの試合スケジュールで埋まっています。

今週月曜日の7日に高校ラグビー選手権大会は終了しましたが、
1月4日より別の高校ラグビー大会が開催されていました。

ご存じない方もいるかとは思いますが、
毎年、高校ラグビー選手権大会と少し時期をずらして、
全国高校専門学校ラグビー大会が開催されています。

例年では兵庫県での開催なのですが、
本年度は、奈良県での開催となりまして、
奈良県の医務委員に所属している私も、
今年は高専ラグビー大会にも出務してきました。

奈良県天理市のグランドで開催され、
もう一つの高校ラグビー大会と比べて少し規模は小さくなってしまうのですが、
選手、監督、スタッフ、応援に来ている家族など、、、、、みなさんかなり熱いです。


私の担当は、月曜日の準決勝と、水曜日の決勝だったのですが、
試合自体もかなり激しく、
高校ラグビー大会に負けず劣らず激しいコンタクトがあります。

(shino)20190110-01
(shino)20190110-02

当然、怪我人(鼻血なんかは当たり前のように出ています・・・)も出まして、
月曜日の試合にいたっては、ずっと処置に走り回っていました。

結構、忙しかったです。

決勝戦は、連覇を目指す神戸高専と地元開催での優勝を目指す奈良高専とで行われ、
見事、奈良高専が優勝され、地元開催に花を添えました。

(shino)20190110-03
(shino)20190110-04

内容も、かなりしまったいい試合で、観ていても面白かったです。

幸いにも、大きな怪我人が出ることはなく、
終えることができました。良かったです。


まだまだ2月終わりぐらいまでラグビーシーズンは続きます。

今シーズンも無事に終了できるよう
もう少しですが、サポートしていきます。

2019.01.03


こんにちは、shinoです。

あけましておめでとうございます。
2019年になりましたね。
今年もよろしくお願いします。
みなさんにとって、今年も良い年になりますように。


年末年始はいかがお過ごしでしょうか?
私は、毎年、高校ラグビー選手権大会で、東大阪市の花園ラグビー場に出務しています。
12月27日から始まって、約2週間大会があります。

花園ラグビー場は、ワールドカップの会場となっているため、
スタジアムは、外観もきれいに改装され、素晴らしいです。

(shino)20190103-01
(shino)20190103-02


本日は、ベスト8の4試合が行われ、朝から行ってきました。

今年は天気もまずまずで少し暖かったせいか、
やはり、今年はラグビーワールドカップが行われるからなのか、
例年より観戦に来られている人が多いみたいです。

チケット売り場も行列をなしていました。


ベスト8に勝ち上がってくる高校は、
さずがによく鍛えられており、試合自体のレベルも高く、
かなり白熱し、盛り上がっていました。観ていて面白かったです。

(shino)20190103-03
(shino)20190103-04
(shino)20190103-05

試合は大きな怪我人がでることなく、無事に終わることができました。

大会は、あと、2日、
準決勝と決勝を残すのみとなりました。

どのチームも全力を尽くして頑張って欲しいです。

選手全員が安全に試合を終えることが出来るよう、
しっかり努めていきたいと思います。



2019.01.02

「民主主義の死に方」

あけましておめでとうございます。

穏やかな新年をお過ごしでしょうか。

今年も立命館大学スポーツ健康科学部をどうぞよろしくお願いします。

今日は新年にあたり、本を一冊ご紹介します。

「民主主義の死に方」

 (Apollo)20190102-01

この本では、民主主義が私たちが知らない間に合法的に侵害されて
いくプロセスを、多くの歴史的な事実を示し、今日の危険な兆候に警鐘を
鳴らしています。

私が大学生と接していて感じることは、みんな、無限の可能性を秘めた
素晴らしい若者たちですが、反面、世の中の出来事、社会の状況を驚くほど
知らない人が多いということです。

日本にも民主主義が蹂躙された時代がありました。
今日の民主主義はその後の人々の努力によって築かれてきました。
そして、民主主義は、人々の絶えざる努力によって維持発展するということを
忘れてはいけません。
そのためには、一人ひとりが社会のあり様に繊細で敏感であることが必要
です。

そして、もう一つ。
民主主義は多数決に従うことが強調されがちですが、実は大切なことは、
その多数決に至るプロセスにあります。
それは異なる意見を持つ人同士のディスカッションです。
それは、お互いを「尊重」する姿勢の表れです。

多数だから何をしてもいいというのは大きな間違いで、議論を尽くした後、
多数決の結果に従うとしても、その多数は、いつも自分たちを異なる考えを
持つ人々を思いやらなければいけません。

これはイデオロギーの問題ではなく、誰もが一致できることではないかと
私は考えています。

これからの日本を、世界を担っていく若者たちが、社会の主体者としての
自覚的な意識をもってくれることを強く望みます。

「民主主義の死に方」
ぜひ、ご一読ください。

民主主義は脆いものです。
油断していると、知らない間に民主主義が死んでしましますよ。

Apollo

2018.12.30

卒業生からの報告

一昨日(12/28)に年内最後の仕事を終え、年末年始の休みに入りました。12月最後の1週間は研究員+大学院生の次年度からの就職の決定、研究員のHisashiさんの第一子の誕生など、ビッグニュースが連日飛び込んできました。2018年もいろいろとありましたが、最後に良いニュースが続き本当に良かったです。

年末は、スポ健を巣立った卒業生が大学に顔を出してくれる機会も増える時期です。今週はゼミ3期生で卒業後はアメリカでアスレティックトレーナーとしての勉強を続けているChikaraくんとShunnosukeくんが挨拶に来てくれました。立ち話のみでしたが、二人の元気な顔をみることができて良かったです。また別の日にはゼミ2期生のMutsumiさんが研究室に来てくれました。彼女は学部時は女子陸上部の長距離パートで活躍し、卒業後は実業団に所属して競技を継続してきました。この度、長年の競技生活に区切りをつけ、新たな人生を歩むことを決断したということを知りました。私は彼女が学部1回生の頃の基礎演習の担任だったのですが、当時まだ幼かった(失礼!)Mutsumiさんが競技生活を終え、人生の新たなステージに向けて自分の想いを話してくれる姿をみて頼もしく感じました。

学部長の忠先生は常々、「スポ健ファミリー」という表現をされますが、卒業生が人生の節目で大学に足を運び直接報告をしてくれる機会の多いことに感謝をしています。また、スポ健で学んだ学生が社会で力強く、自分の力で未来を切り拓いている姿を目にし、大きなパワーをもらいました。

さて、今日はMutsumiさんが所属していた女子陸上部が出場する「富士山女子駅伝(2018全日本大学女子選抜駅伝競争)」の大会当日です。スタートは午前10時、テレビ放送もあります。応援しましょう!

最後に、以前にブログでも紹介をした【TANQ「?」があるなら実験だ】の最新内容がホームページに掲載されています。学生を前面に出して研究内容を紹介頂けるのは嬉しい限りです。他に、Sana先生の研究室での取り組みも紹介されています。

持久力を養う低酸素トレーニングは短距離選手にも効果あるの?
http://www.ritsumei.ac.jp/tanq/#

それでは1月からも引き続きよろしくお願いいたします。皆様、良い新年をお迎え下さい。

GOTO

2018.12.27

もう一つの高校ラグビー大会


こんにちは、shinoです。

早いもので12月も今週で終了です。
週末から寒くなるようなので、気をつけて下さいね。

大学、高校など各学校は授業も一旦終了し、年末年始の休み期間となるのですが、
その休み期間とちょうど重なって、高校ラグビー選手権大会が花園ラグビー場で行われます。

私はこの大会の医務委員を行っており、
今年はちょうど本日より選手権が開催され、
この時間も出務しています。

高校ラグビー選手権大会の詳細は、次週以降のブログで報告します。

昨日は、別のラグビー大会、
『まってろ花園』と題した試合の大会のドクターをしてきました。

これは、奈良県体育協会が主催し、
高校ラグビー選手権大会に出場できなかったチームを集め、
試合を行う、もう一つの高校ラグビー大会です。

毎年10から15チームが参加し、
1試合20分、計5試合程度を交代で行う形式になっています。

(shino)20181227-01
(shino)20181227-03

今年で9回目だそうです。

ラグビーにずっと携わってきている先生方が、
ラグビー競技のすそ野を広げてきたい、
たくさん試合を経験してもらって、
このスポーツの良さを分かって欲しい、
ラグビーを続けて欲しい、
そういった想いから始めたそうです。

(shino)20181227-02

最近は、全国からこの大会に参加するために関西に来て、
最後は花園で全国大会を観て帰ることになっているらしいです。

とても良い試みだと思います。感心しました。

私は、昨日、朝から夕方まで、この大会の医務をしてきました。
少し怪我人が出てしまいましたが、
ほとんどの高校生が、元気に、楽しそうに試合を行ってくれていました。
観ていて非常に面白かったです。

こうした取り組みがラグビー競技を支えているのだと思います。
頑張って継続して欲しいです。

私もラグビーだけでなく、いろいろなスポーツ競技に対して、
メディカルの面から応援していくことで、
スポーツの普及に努めてきたいと、改めて思いました。


2018.12.26

ボート部祝勝会のこと

こんにちは。

この間の日曜日に、ボートOB会のみなさまが、全日本選手権での女子エイト
二連覇、女子舵手なしペア五連覇の祝勝会を開いてくださいました。

 (Apollo)20181226-01

ご多忙の中、多くの来賓のみなさまにもお越しいただきました。
ありがとうございました。

この一年、女子の競技成績とともに、男子もよく頑張り、確かな前進の
手応えを掴んできました。

また、競技面のみではなく、一人ひとりが考えて自身と葛藤し、みんなで
進んでいくことを通じて、人としてよく成長したことを嬉しく思います。

マネジメント部門のメンバーもよく頑張っています。

連覇には大変な重みがあります。

こうした積み重ねを大切に、これからも多くのみなさまから応援して
いただける部であり続けられるよう、さらなる前進と成長を目指して、
一層努めていくことが大切で、それこそが立命館スマートアスリートを
育てる体育会クラブの姿であると強く思います。

スポーツ健康科学部に在籍する部員たちも本当によく頑張っています。

 (Apollo)20181226-02

 (Apollo)20181226-03

大学の年内の業務は今日で終わりです。

今年一年のいろいろなことを噛みしめて、笑顔の新年を迎えましょう。
みなさま、
この一年、ありがとうございました。

 (Apollo)20181226-04

Apollo

2018.12.20

今年の授業ももう終わりです。


こんにちは、shinoです。

もう12月の半ばを過ぎました。もうすぐ今年も終わります。早いですね。

大学も次週月曜日で一旦終了し、年末年始の休みに入ります。

今週は、先週のブログでも書きましたゼミナール大会本選がありました。
他曜日担当の先生もブログで書かれると思うので、
詳細はお任せして、私のクラスの学生たちの発表について少し書きます。

私のクラスは、1チームが本戦に出場しました。
健康運動科学分野からです。

分科会前の予行練習の時は、結構不安を感じてましたが、
本番では全く違っていて、しっかり元気よく発表してくれました。

(shino)20181220-01

とても良い発表でした。

何よりも、最初から最後まで
みんなで楽しそうに作業をしていたことが印象的でした。

ゼミナール大会は、これからいろんな研究や勉強をする上で、
その楽しさを分かってもらうことが大切です。

残念ながら、賞を獲得することはできませんでしたが、
研究の楽しさを少しは分かってくれたのではないかと思っています。

この気持ちを忘れないように、学生生活でいろいろなことにチャレンジして欲しいです。

お疲れさまでした。よく頑張りましたね。

(shino)20181220-05
(shino)20181220-02


今週はもう一つ報告したいことがあります。

ゼミの1期生である新岡君が、私のところに遊びに来てくれました。

彼は、学生の時からカヌー競技の日本代表選手として活躍していました。
現在は滋賀レイクスターズに所属し、東京オリンピック出場を目指して頑張っています。

大きな怪我もなく、今のところ順調に経過し、
ベスト記録も更新し、オリンピック代表がいよいよ現実的になってきたとのことでした。

非常に頼もしいですね。

彼は滋賀レイクスターズの社員として働きながら、
空いている時間(早朝や夜間)を使ってトレーニングに励んでいるそうです。

まず、怪我なく、競技ができていることに嬉しく思いました。

是非ともオリンピックに出場できるよう頑張って欲しいです。
オリンピックに出たら応援に行こうと思っています。

(shino)20181220-04


その新岡君が所属している滋賀レイクスターズからのお知らせです。

滋賀県からの委託事業として、滋賀レイクスターズが、
次年度から続くスポーツメガイベントに参加してくれる
ボランティアスタッフを募集しているそうです。

2024年には滋賀県で国体もあります。


皆さん、せっかくなので、一生に一度のスポーツイベントに
どんどん関わっていきましょう。

興味のある方は、
添付したチラシを参照してください。

(shino)20181220-06


よろしくお願いします。


2018.12.19

第9回 スポーツ健康科学部ゼミナール大会 FINAL!!

こんにちは。

今日は、スポーツ健康科学部の1回生たちが、この秋学期を通して
取り組んできた基礎演習の集大成、
「スポーツ健康科学部ゼミナール大会FINAL」でした。

今年で9回目です。

「FINAL」では、先週の分科会で、
「スポーツ科学部門」「健康運動科学部門」「スポーツ教育学部門」
「スポーツマネジメント部門」そして「英語部門」のそれぞれから
選ばれたファイナリストたちがそのプレゼンテーションを競いました。

 (Apollo)20181219-01

内容は確かに粗削りではありますが、それは当然のことです。
大学に入って、初めてみんなでチャレンジした論文の作成なのですから。

しかし、テーマの設定や、目的を明らかにするための方法は、
とてもユニークで、「なるほど、面白い」と思わせるようなもの
がたくさん見られました。。

 (Apollo)20181219-02

研究は、どの分野の研究でも、自然科学でも人文社会科学でも、
どんな方法の研究でも、量的研究でも質的研究でも、社会に貢献するもの
でなければなりません。

そのためには、社会を知り、問題を見つけ、それを解決することが
必要です。

そうであってこそ、人々の幸せの実現に役立つことができます。

しかし、実は、これらの姿勢は、学生諸君が社会人になっても求められる
ことなのです。

多くの学生諸君は、いずれ、就職し働くことになりますが、社会に存在
するあらゆる組織は、それぞれの領域を通じて、社会に貢献する存在です。
言い換えると、社会に貢献する、すなわち、人々の抱える問題を解決し、
ニーズに応えることなくして、顧客を得ることはできません。
顧客を獲得できなければ、利益を上げられず、健全な財政運営は不可能で、
消滅するしかありません。

すなわち、社会人になるということは、社会の組織の一員として、
人々をハッピーにする一翼を担うということなのです。
また、誰もが「生き甲斐」「働き甲斐」を得たいと考えますが、それは、
自分の仕事が社会に貢献していてこそ感じられるものなのです。

いくら給料が高くても、それだけではむなしいものですよ。

そのためには、社会を知り、問題を見つけ、それを解決することが必要で、
ほら、これは論文を書く、研究するプロセスと全く同じです。

ですから、1回生のみなさんには、スポーツ健康科学部での勉強、研究を
通じて、単に知識を身に着ける、ましてや卒業に必要な単位を取るため
だなんて、近視眼的なことを考えずにでっかいスケールで日々の
学生生活を送ってほしいのです。

これは、スポーツ健康科学部のすべての教員の願いです。

今日書いたことは、ゼミナール大会の舞台裏で、ハッシーこと、橋本先生と
語り合っていたことを私の言葉で述べさせていただきました。
橋本先生、有意義な会話をありがとうございました。

 (Apollo)20181219-03

最後の写真は、私の担当するクラスから優秀賞に選ばれたグループのみんな
との記念写真です。
みんな、ええ顔してますね。
アカデミックアドバイザーの裕也君、栞奈さん、ありがとうございました!!

Apollo

2018.12.17

りつき君

先日、りつき君を連れて、ダンマツさんが来てくれました。
現在、育児休業中ですが、その前は、スポ健の事務室で、バリバリかつきめ細かく働いてもらっていました。

  [aikoa]20181217

昨年の夏は、ダンマツさんと、Tマサ助教と3人で、アメリカ横断、弾丸、GAT受け入れ先開拓ツアーにも、しっかりと同行いただき、その成果も着実に実ってきています。

それにしても、半年をむかえた「りつき」君のなんとかわいらしいこと!
みているだけでも、ほのぼの幸せになります。りつき君、訪問ありがとう!
あと18年したら、スポ健ファミリーの一員として、「あいコア」で学んでくれていることを夢見ています。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
先週は、関西スポーツ推進振興協議会が立ち上がりました。その設立総会に、一般社団法人大学スポーツコンソーシアムKANSAI(KCAA)として参加させてもらいました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38731260Q8A211C1LKA000/?n_cid=SPTMG002
【忠】