[ Thu ] の記事一覧

2020.01.16

「えふえむ草津」を知ってる?

 

私は、ボランティアで「えふえむ草津 Rockets 785(FM KUSATSU)」の番組審議委員会委員をしております。

草津に住み、草津を発展させたいと願う熱い方々が委員をされておられます。

私も皆さん方に負けないよう、立命館大学がお世話になる草津が大好きで、恩返しがしたいと考え関わらせて頂いています。

 

会議では、「草津駅の周辺がかなり賑わってきた」、「宿場町にもっと観光客を呼び込みたい」、「草津の歴史をもっと伝えたい」といった各委員の強い思いが沢山提案されます。

各委員の方々の提案が新鮮で、草津市が益々好きになります。

 

このラジオ局の番組は、市民のために多くの団体が企画しておられます。

少し残念なことは、京都衣笠キャンパスの立命館大学産業社会学部坂田ゼミの番組や関西大学社会安全学部近藤ゼミが企画する番組があるのに、立命館大学スポーツ健康科学部の番組がありません。

我々も「健康都市宣言」をしている草津市の市民の健康を考える番組を企画してもいいのではないかと思いますが・・・。

ジュニアスポーツ企画、中高年のための健康運動企画などを共同で実施できるのではないでしょうか。


(AAoka)2020.1.16-1

 

 

このラジオ局が担う役割は、草津の歴史・文化・教育・政策の情報発信ばかりでなく、防災情報の発信もあります。

阪神淡路大震災、東日本大震災等でコミュニティラジオが果たした役割が多く報道されています。

災害がない草津、安全な草津と信じ危機的意識が欠けている我々ですが、いつ起こるか分からない災害に対し、常に準備しておくことは大切かと思います。

市民に被害の状況、避難先の状況、支援物資の状況など生の情報を発信するのが「えふえむ草津 Rockets 785(FM KUSATSU)」の役割でもあります。

 

スポーツ健康科学部の皆さん方にぜひ聞いて頂き、市民のための番組作りに参加してほしいと願っています。

78.5MHz です。

 

 nao


2020.01.09

阪神淡路大震災1.17で思うこと


117日が近づくと、阪神淡路大震災で崩壊した光景が蘇ってきます。

 

京都でもかなりの縦揺れ地震がありました。神戸灘に住む親族から地震発生後に「生きてる~とにかく湯沸かし道具と水を持ってこい!」という一報が入りました。

バイクで西宮まで行くと、光景がどんどん悲惨な状況に変化してきました。

さらに灘方面に向かうと、まるで爆弾が落ちたような光景が入ってきました。

鷹匠中学校(灘区)の全壊状態を見て、全く動けなくなり涙が止まりませんでした。

もし、登校後に震災が起こっていたら、生徒たちはどうなったのだろうかと。

自然災害の恐ろしさを感じたことが、忘れられません。

 

 

その震災における犠牲者の方々への鎮魂の意を込め、神戸の復興と再生への夢や希望を託して「神戸ルミナリエ」が開催されました。

今では、関西の12月(冬)の風物詩として定着し、350万人もの人が訪れる行事になりました。

 

 (AAoka)2020.1.9-1


 

昨年12月の催しでは、「昨年と比べ白色がステキだね」なんて言いながら、訪れた方々は光の中を進んでいきます。

多くの若者らの笑顔が明るく照らされていました。

私は、ここまでよく復興したな~という思いで、歩きました。

 

市役所前の東遊園地で行われる「1.17のつどい」の広告を見て、少し観光気分で歩いた自分が恥ずかしく、この震災で学んだ教訓を忘れてはならないと自分を戒めました。

 

私たちは、もし学生らが学んでいる時間帯に震災が起こったら、どのように協力し対応すればいいのかを日頃から話し合うべきです。

マニュアル通りには対応できませんが、常に意識しておくことが大切だと「1.17」は発信しているのでしょうね。


nao




2020.01.02

萬福寺(黄檗)の韋駄天さま


あけましておめでとうございます。

 

大晦日に京都府宇治市に位置する萬福寺に行ってきました。

除夜の鐘をつかせて頂けるお寺なのです。

特に布袋尊(ほていさん)祭りで有名です(真ん丸のお腹に真ん丸のお顔の神様)。


 

(AAoka)2020.1.2-1



門をくぐると本堂まで行灯が並び、心穏やかに一年を振り返る時間でした。

また有難いことに22時過ぎから並んでいたので絵馬も頂くことができました。

記念に持ち帰っても構わないということでしたので、研究室に飾ることにしました。

 


 (AAoka)2020.1.2-2


(AAoka)2020.1.2-3



オリンピックでスポーツ一色になる今年、元気な一年を迎えられますことを願って鐘をつかせて頂いた後、甘酒と年越しそばを頂きました(新年を迎える前に頂きました)。

 

このお寺には、スポーツと関連がある韋駄天(伽藍を守る護法神)が祀られています(トップ写真)。

俗にいう「よく足る(足の速い)神」と言われています。

能と狂言(能楽)の舎利で登場する神様ですね。

スポーツ健康科学部の学生には、ぜひ鑑賞して頂きたい演目の一つです。

 

今年もスポーツを「する」、「見る(応援する)」、「ささえる」ことをお祈りしてきました。

守護神としての風格がございます。



(AAoka)2020.1.2-5


 

今回の目的である、金色紙に書いて頂いた元旦特別御朱印を頂きました。

 

そして、新年年頭法要が行われており、僧侶の方々の気迫から元気を頂いた年始でした(写真)。



(AAoka)2020.1.2-4

 

nao

 


2019.12.26

基礎演習SDGs活動報告


昨日、1回生の基礎演習授業において、各クラス仲間と取り組んだSDGs活動の報告会が1回生全体を集めて行われました。

 

1回生全員が授業の中でSDGs活動に取り組んだことに大変意味があったと思います。

全学で初めての取り組みと聞いています。

担当の先生方や授業支援して頂いたアカデミック・アドバイザー(AA)のご苦労に感謝しています。

 

身近な取り組みからSDGsについて考えた報告してくれました。

スポーツ健康科学部らしいスポーツ教室の実施、健康運動の開発、廃棄食材の利用、学内の芝の管理方法を皆で実践するといった報告などがありました。


(AAoka)2019.12.26-1

 

しかし、今年初めての取り組みという事から、時間がなかった、廃棄食材を調理実習する場所が学内になかったので下宿で調理しました、地域の方々を対象とした企画をしたけど誰も来てくれなかったという失敗報告もあり、企画の難しさなや反省点など報告してくれたことは次年度への引き継ぎ課題になったと思います。

 

全体を通して、立命館大学のSDGを促進している評価委員からスポーツ健康科学部らしい発表が多く、大変参考になったと高い評価を頂きました。


その中でも、「鳴き声体操」をもっと普及させてほしいとリクエストがありました。


(AAoka)2019.12.26-3


 

ラジオ体操第一をアレンジしたもので、リードする号令を動物や虫の音に変えて実践していました。

リード役が

「・・・腕を回します。クジャクのようにおおきく羽を広げて、クエ、クエ、クエ、クエ、56・・」

「・・・胸の運動です。蝶が羽ばたくように、ヒラ、ヒラ、ヒラ、ヒラ、56・・」

といった号令に合わせて実演してくれました。

会場から笑いが出ていました。

ラジオ体操中の笑顔と実践中の鳴き声を想像することが認知予防になると報告していました。


(AAoka)2019.12.26-4


 

来年度は、もっとスポーツ健康科学部の特徴を生かした取り組みができるといいですね。

楽しみです。

 

nao


2019.12.19

マラソン大会の給水所では「ありがとう!」と感謝しましょう


 

日曜日に、岐阜県大垣市でマラソン大会が開催され、仲間と参加してきました。

今回の目標は、城下町大垣の雰囲気を味うことでした。

7300名以上のランナーが、JR大垣駅前の大垣城を出発し、墨俣一夜城を回って大垣城に戻ってくる、大垣市をランニングで観光できるコースでした。


(AAoka)2019.12.9-1


仲間と共に、沿道で応援してくれる方々へ感謝の気持ちを伝えながら走ってきました。

ハーフマラソンでしたので、レース中の爆弾(筋の痙攣やエネルギー枯渇)が襲ってくることもなく、1km530秒前後のペースで楽しく走ってきました。

ほとんど平坦なコースなので、各ランナ-は自己のペースを維持しながら走っているように見えました。

ランニング中、疲労するランナーらに「大丈夫ですか?」と気を配るランニングポリスの方々も参加しておられました。


(AAoka)2019.12.19-2


(AAoka)2019.12.19-3

 

どの大会でも同じことなのですが、ハーフマラソンでゴールタイム1時間55分前後の位置で走っていると、ランナーらは2時間を切るために給水場所が殺気立っており、ボランティアの方々の給水サービスが追い付かない状態です。

多くのランナーは最初のテーブルに集まって行きます。

給水係の方々に「早くしろ!」と怒り出すランナーがおられます。

今回の大会は、給水場所で高校生が大活躍してくれましたが、殺気立ったランナーを第2テーブル、第3テーブルに誘導するよう大人のテーブル責任者が対応すれば、「給水ボランティアが頑張ってランナーを支援しているのになぜ怒られるの?」といった不愉快な思いをしないだろうと思います。

都市型大規模マラソン大会では、この給水所の対応が優れているのが特徴です。

私たちは、今回の大会で、給水場所のボランティア(高校生)の方々に大声で「ありがとう!」と何度も言ってきました。


(AAoka)2019.12.19-4


仲間から、「お礼が足りない~ 本当にありがとう!と言えよ~」指摘されました。

ゴールしてから、温かいみそ汁とぜんざいを美味しく頂きました。

帰りの電車では、「麦茶の炭酸割」を飲みながら、岐阜県で開催される沢山のマラソン大会をチェックし、来年は揖斐川マラソンに参加しようかと盛り上がっていました。

 

nao



2019.12.12

滋賀県立草津養護学校と交流


先週金曜日に、男子バスケットボール部の選手らが、滋賀県立草津養護学校高等部の生徒らと交流を行いました。

昨年から行われてきている交流企画で、草津養護学校の生徒さんらが大学に来て選手らとスポーツで汗を流し(BKCコモンズ)、そして生協食堂で昼食を食べ、図書館を見学するといったプログラムで半日を過ごしました。


(AAoka)2019.12.11-1

 

スポーツでは、簡単なゲームで準備運動を行いました。

そして、スポーツ健康科学部の選手らがボールを使ったコーディネーショントレーニングを紹介し、実際に養護学校の生徒さんらと体を動かしていました。

選手らが苦労したことは、言葉の指示では伝わらないことや、生徒さん一人一人の障がいの程度が異なることから、これまで経験してきたように上手く指導ができないといったことでした。

最初は、体育館内を走り回る生徒さんに対しマンツーマンで対応しなければならないことから、養護学校の先生らと協働しながらプログラムを進行していました。

しかし、中盤以降は養護学校の生徒さんらも選手らと一緒に笑顔で取り組んでいました。



(AAoka)2019.12.11-2

 

こういったプログラムは養護学校にとってメリットはありますが、選手らにとっても貴重な勉強の場であると思います。

バスケットボール部の選手らの様子を見ていると、当初予定していたプログラムでは進行が難しいと判断すると、途中でプログラムの難度を低くするなど瞬時の対応をしていました。

この対応をしていたのが、スポーツ健康科学部で学ぶ選手らで、日頃の授業で学んだことを実践しているようでした(パラスポーツに関わる場合、10人の子どもを教える時、10通りのレベルを想定するべきと「スポーツ指導論」や「アダプテッドスポーツ論」等で学んでいたので十分対応できたと言います)。

 

今回のプログラムを通して、全体を指示する選手、次のプログラムを準備する選手、マンツーマンで対応している選手らのチームワークが素晴らしかったとBKC地域連携課は高く評価しておられました。

また来年2月には草津養護学校中学部の生徒さんとの交流が計画されています。

 

nao


2019.12.05

滋賀の酒造を訪ねて

滋賀の郷土料理を日本酒で頂くのが大好きというK先生と私は喜多酒造を訪問してきました。
創業200年続く酒造で、喜多社長様に酒造の魅力について沢山のお話を聞かせて頂きました。
喜多酒造は、近江の弱軟水系の水によって造られる「優しい柔らかな味わい」「穏やかな香りと心地よい甘み」を追及された喜楽長を製造販売されています。

(AAoka)2019.12.05-1

またそこで働く宮林君(2013年本学部入学)に、お話を聞かせて頂きました。
宮林君の学生時代に、私は何度か京都駅周辺の立ち呑み屋ではしご酒をしました。

10件近く立ち呑み屋があるのですが、一軒あたり一合というルールを決めて、京都タワー横から出発し、京都駅をぐるっと回わり飲んだことが何度かあります。

結局全てのお店を制覇することができず、途中リタイアしたことを「残念だ」と言い合ったことを思い出します。


宮林君は、現在、杜氏になりたいという夢に向かって、様々な生産工程の勉強をしているそうです。今は出荷を担当し、日本国内ばかりでなく海外へ喜楽長を届けているそうです。

また彼は、利き酒の大会で、入賞するほどの実力(味覚の持ち主)を持っています。

先月、一緒に飲みに行ったのですが、知識の奥深さに感動しました。


(AAoka)2019.12.05-2


今回、宮林君と社長様に蔵を案内され、杜氏の方々の大変さをお聞きしました。

日本酒造りは芸術家のような感性が求められる繊細な世界だということを学びました。

宮林君は、そのような杜氏さんの苦労を理解しなければお酒をお客さんに届けられないと熱く語ってくれました。

(写真:出荷前のお酒が入ったタンクを点検する宮林君)



本学部は、お酒好きな先生方も多いことから、「お酒をなぜ飲むのか?」と素朴な意見を交換したいですね。


 

nao


2019.11.28

BKCの紅葉


京都や滋賀の寺社では、紅葉祭りが行われています。特に京都は、全国から訪れる観光客の方々と海外から来られた方々で身動きが取れない寺院もあるといいます。

立命館大学衣笠キャンパスは、朝から観光客が一杯で通学に使っているバスが動かないといったクレームを聞きます。


(AAoka)2019.11.28-1

 

我々スポーツ健康科学部が学ぶキャンパスのメイン通りは桜ばかりで、ほとんどの葉がちり、秋を通り越してもう冬を感じさせます。


(AAoka)2019.11.28-2

 

ところが、キャンパス奥にある第一グランドまで進むと見事な紅葉が見られます。

あと一から二週間もすれば、写真の木々が赤いじゅうたんで覆われます。

絵を描きたくなるような、紅葉が見られます。


(AAoka)2019.11.28-3


「木々の葉の赤色が朝、昼、夕方と様々な色に変化するエリアは、草津にはあまりないね」とBKCの管理清掃を担って頂いている方々と話しています。

第一グランドと駐車場のエリアですので、ほとんどの学生らは足を運びませんが、ぜひコーヒーを片手に一息をついてもらいたい場所です。

 

nao


2019.11.21

市民マラソンでハイタッチ


神戸マラソン、大阪マラソンと大きなマラソン大会が始まっています。

こういった大都市マラソンは、市内の主要幹線道路をランナーに開放することから、警察や行政はじめ市民の協力なくては大会が運営できません。


地方マラソンで町中を走らせてもらえる大会も同じで、多くの方々に支えられて大会が運営されています。

私は、関西圏で行われる都市型マラソン全の抽選にはずれしまい、今年は地方で開催される大会に参加しています。

地方マラソンは大都市マラソンとは違い、特産物を販売する出店(野菜等)などが並ぶところが魅力の一つです。

 

1110日に兵庫県赤穂市が運営する「赤穂マラソン」に参加してきました。

赤穂といえば、赤穂塩、牡蠣、あなご。

今年もレース後の食事を楽しみに参加してきました。

また、中学生や高校生をはじめとするボランティアの方々が笑顔でランナーのお世話をしてくれるところも魅力の一つです。

この大会は、小学生(1年生だと思います)から応援メッセージ(写真)が送られてきます。

嬉しいですね。


(AAoka)2019.11.21-1

 

私は、このメッセージカードをTシャツの後ろ側に付けて走ってきました。

また、町中を走るマラソンのもう一つの魅力は、沿道で応援してくれる方々とのハイタッチです。

特に沿道の子供さんらとのハイタッチを楽しみに走っています。

時々、沿道で応援してくれる方々が、飴やチョコレートをランナーに渡してくれます。

頂いた飴をほおばりながら走るのも楽しいものです。


(AAoka)2019.11.21-2

 

あの、おばあちゃん!去年も応援してくれたよな~

「今年もお元気で応援してくれてありがとう!」とお礼を言いながら走っている方もいます。

あるおばあちゃんは、数珠を手にして「赤穂に来てくれてありがとう!」とランナーに感謝してくれます。

「仏様になったのかな~」なんて照れ笑いしながら「応援ありがとう」と、おばあちゃんに合掌する場面もあります。



私は、「自分との闘い!」なんてカッコいいランナーではなく、地域の方々の応援にハイタッチで感謝し、レース後に美味しいB級グルメや特産物を美味しく頂いています。

私ようなランナーは、大勢おられます。

いわゆる地方で開催される「スポーツ観光ランナー」なのです。

 

(写真:スタート前の私)


nao

 


2019.11.14

高等学校の外部指導者として活躍

スポーツ健康科学部の仲間には、立命館大学のサークルで汗を流している選手ばかりでなく、様々なスポーツ現場に出かけ、指導者として活躍している(ボランティア)仲間も少なくはありません。

その中の一人、上畠成君(3回生)は、母校の滋賀県立草津東高校のサッカー部のコーチとして毎日関わっています。

全国大会出場常連校として活躍している草津東高校の外部コーチとして、主に2軍選手の指導に関わっています。

 

球技を専門している方々から見れば分かることですが、強いチームを築くためには、非レギュラー選手の実力を高めることが求められます。

そのことから、上畠君の役割は重要です。

 

(AAoka)2019.11.14-1


しかし、選手の中には「自分たちはレギュラー選手でない」という意識からモチベーションが低くなる場合があります。

よく「チーム一丸となって・・・」と言いますが、チームを一つにすることは、本当に難しいことです。

上畠君も、高校生の非レギュラー選手の士気を如何に高めるかが、上畠君自身が学ぶべき課題だと言っています。

 

また複数の指導者体制を持つチームにとっては、監督・コーチらが共通した指導方針を持つことが必要です。

しかし試合の見方や指導上の考え方が指導者によって少しずつ違うため、共通理解を持つために十分なミーティングが求められると多くの指導者から聞きます。

 

上畠君は、全てが勉強、とにかく全ての選手(生徒)が、サッカーに取り組んでいることを誇りに感じてくれるような指導(サポート)がしたいと抱負を語ってくれました。

 

これから、高校サッカーやラグビーの全国大会が本番です。

上畠君が優秀な指導者として活躍してくれることを願っています。


nao