2018.10.07

珍しい実験

後期に入り複数の実験(研究)が進行しています。私の研究分野は「トレーニング科学」ですので、多くの研究では「効率的な運動(トレーニング)」や「疲労回復(リカバリー)の効果」に着目し、実験には「運動介入(参加者に運動を行っていただくこと)」が含まれます。これに対して、「運動介入」を伴わない、私にとっては「珍しい実験」が現在進行しています。

この実験では若年女性を対象に、数日間の食事制限(1日・3食あたりのエネルギー摂取量を約1200kcalに制限します)が鉄代謝や脂質代謝などに及ぼす影響を検討しています。また、参加者は炭水化物・タンパク質・脂肪などをバランス良く減らし食事制限を行う群(通常制限群)と、糖質(ご飯、パンなど)を極端に減らした上で食事制限を行う群(糖質制限群)に分かれ測定に参加しています。エネルギー摂取量を制限する影響に加えて、糖質の摂取を制限することで身体の代謝にどのような影響がみられるかを明確にすることを目的としています。食事はすべてこちらから提供するのですが、「通常制限群」と「糖質制限群」では1日・3食あたりの摂取カロリーは同じ(約1200kcal)ですが、「糖質摂取群」では糖質の摂取量を大きく減らすためメニューには様々な工夫が盛り込まれています。写真は糖質摂取群の食事で用いている大量の低糖質のパンです。見た目は通常のパンで1個あたり約70kcalなのですが、糖質は2.2gしか含まれていません。



さてこの実験、参加者が全員女性で体組成などの測定もあるということで、験者も全員女性です。運動負荷を伴うその他の実験は賑やかな中で進行するのですが、今回は安静時の測定のみということでとても静かに、落ち着いた雰囲気で測定が進行していきます。ただその様子をみていると、験者の大学院生が参加者のスポ健の学部生に対して測定の意味や測定値の解釈などを合間に説明してくれています。これは私からお願いしたわけではないのですが、大学院生が自主的に行動(説明)をしてくれることで、参加者は研究の意味や目的を十分に理解することが可能となっています。今月中にはすべての測定や解析が終了する予定です。研究結果を楽しみにしています。

GOTO

2018.10.06

学べることへの感謝

秋学期になって1回生の「基礎演習」も
大学生活に慣れることより、
大学での学び、研究に焦点を当てる時間が増えてきました。
今週の基礎演習は、「論文の書き方」を学ぶための講義がK先生によって実施されました。


「論文とは何か」という理解は研究を進める上で不可欠です。
1回生の時から卒業論文の話を聞いてもまだ先のように思えるかもしれません。
しかしながら、「学位」に値する論文を書くには
知識やスキルのほか、考えること、乗り越えることを身に着けていく必要があるでしょう。

一方、研究について学ぶ2回生の授業、
「研究入門」の第一回目の講義は台風の影響で休講になってしまいました。

今年度、様々な災害が続き、休講も増えています。
休講になることを皆さんはどのように捉えているでしょうか?

私が修士課程に進学する2011年3月11日に東日本大震災が起こりました。
その被害は繰り返し繰り返し報道され続けました。

社会人大学生という不安と期待を目前にし、
私にできることは何か、ということを考え続ける時間が続きました。
その結果、まずは目の前にあることを精一杯努めていくことである、という結論に至りました。
そのことは今日に至るまで私を支えるエネルギーの源です。
特に、立命館大学に戻ってきた今年度、災害の度にその時の気持ちを思い返しています。

授業、課題、発表、レポート等々、逃げたくなることも多いかと思います。
しかしながら、学べることへの感謝の気持ちを持つと、
どこかしらエネルギーが湧いてきます。
新学期を迎え、なぜ、学ばなくてはならないか、も大切ですが、
なぜ、大学に通えているのか、なぜ学ぶことができるのか、
ということを考えながら過ごして欲しいと願います。

写真は1回生全員に対する基礎演習
撮影:ゆ
写真の無断転載はご遠慮ください。


#K先生、ご講義をありがとうございました
#感謝はすべての原動力
#共に学ぼう

2018.10.05

後期が始まりました。。。

みなさん、こんにちは。嶋村です。先週から後期が始まりましたが、僕は今週が 1 回目の授業でした。今学期は毎年レギュラーで持っていた 2 回生の授業に加えて、1 回生の授業も少し持たないといけなくなってしまいました。。。そういうわけでちょっと忙しくなりそうです。「お前は日頃からのんびりしてるんだから、もっと授業をしろ」という声も聞こえてきそうですが、まあ僕は僕でいろいろ忙しいんですよね。。。まあ、とにかく後期も頑張ります。


さて今日は学生さんが研究室にお土産を持ってきてくれました。九州出身の学生さんで、彼女曰く「九州土産で一番好き」らしいです。「九十九島(くじゅうくしま)せんぺい」というお菓子で(「せんべい」ではないのがポイント)、いい感じの甘さでピーナッツが散りばめられており、パリパリとした食感でとても美味しかったです。彼女自身は大分の出身ですが、このお菓子は長崎県の佐世保の銘菓らしいです。ちなみに、彼女はボート部に所属しており来週か再来週のブログに学生インタビューという形で登場してもらおうと思っているのでお楽しみに。




まあ、こんな感じで今日は学生に何人か会って話しただけなんで、特にここに書くようなネタがもうないのですが、さっきメールをチェックすると応募していた 2019 年の 2 月に開催される京都マラソンの結果が届いていて、結果は当選でした。




2 回目のチャレンジで、前回参加した 2017 年は途中で足を痛めて走れなくなり後半はほとんど歩いてるのか走っているのかわからない状態でゴールという失態を演じたので、今回しっかり準備してリベンジしたいと思います。


ではでは。

2018.10.04

中間発表会

こんにちはshinoです。

10月に入りましたね。
本日も天候は悪く、雨が降り、週末には台風も近づいてます。
このところ台風が上陸することが多く、各地で被害が出ています。
皆さんの周りは大丈夫でしょうか?



さて、先週より秋セメスターの授業が始まりました。

学部4回生はそろそろ最終成果物である卒論の作成が見えてきました。

まだテーマがしっかり確定していない学生や、
データ測定が終えていない学生、
データの整理や論文執筆にとりかかっている学生など、様々ですが、
みんな、時間の管理をしながら、自分のペースで進めていることと思います。

そんな中、本日のゼミ授業内で、卒業論文の中間発表会がありました。

本年度、私のゼミは佐久間先生に副査を務めていただくので、
佐久間先生のゼミと私のゼミの合同で中間発表会を行いました。

2限の授業と昼休みを使いました。
両ゼミ生全員が発表するため、
各人の発表時間はかなり短かったですが、
緒言や研究動機、方法などの進捗状況をまとめたレポートと、
パワーポイントでのプレゼンテーションを準備してもらいました。

プレゼンテーション後は、学生と副査の教員による質疑応答を行いました。

私と佐久間先生では研究分野が異なるのですが、
佐久間先生は独自の視点で、非常に参考となるコメントをいただき、
私も異分野の視点で、佐久間ゼミの学生に対し、コメントやアドバイスをさせていただきました。

学生たちは、他ゼミの学生たちがどんなテーマで、どのように研究を進め、論文作成に取り掛かっているのかを初めて実感することができたと思います。
で、今の自分の状況、これからどのように時間管理を含め、進めていかないといけないのかが良く分かったことと思います。
まだまだしないといけないことがたくさんあることが、本日の発表を終えて明確になったと思います。

しっかり計画を立てて、遂行し、
十分考察を行い、
最後には素晴らしい卒論に仕上げて欲しいと思います。

これからです。

頑張りましょう。


時間がなく、バタバタしていたので写真を撮るのを忘れていました。
すいません。。。


最後に、

次週、月曜日よりBKCキャンパス内にある立命館生協ユニオンショップにて、サポーターおよびインソールの販売を行うことになりました。

スポーツ傷害後、予防のためにサポーター、インソールが欲しい、
けど、買いに行く時間がない、何を買っていいのか分からない。
など、悩んでいる皆さんのために、生協さんおよび日本シグマックスさんのご協力のもと、
一緒に準備を進めさせていただき、ついに販売が決定しました。

購入についてのアドバイスは、
もちろん、スポーツ傷害カウンセリングでさせていただきますので、
希望される方は、いつでも相談に来てください。

詳しくは次週のブログで書きたいと思います。

では



2018.10.03

武田美保さんがキャンパスを訪ねてくれました。

こんにちは。

今日、本学の卒業生で、アトランタオリンピック、シドニーオリンピックの
シンクロナイズドスイミング競技(現・アーティスティックスイミング競技)で
それぞれ銅メダル、銀メダルを獲得し、現在は、三重県で子供たちへの
アーティスティックスイミングのコーチを務めながら、メディアへの出演、
各地での講演活動や三重大学で学生の教育にあたるほか、様々な公職も務める
武田美保さんが、校友会の取材でびわこ・くさつキャンパスを訪ねてくれました。



彼女と会うのは久しぶりです。

今日は半日、彼女が受ける取材に立ち会わせていただき、インタビューの問い
への彼女の回答を聞いて、その素晴らしさに感動を覚えました。

武田美保さんが立命館大学に入学されたのは、もう20年以上前になります。
彼女の在学中、いろいろなシーンでいろんな話をしてきましたし、元々、
在学中から、芯が強く、しっかりした学生であり、アスリートではありましたが、
選手を引退し、その後の彼女の送ってきた経験が今日の彼女を創ってきたのだと
思います。

何年振りかで彼女といろんな話をしましたが、大学卒業後、時を経て、教員と学生
という立場ではなく、お互いが考えるところを率直にそのまま語り合えたことは、
まさに教師冥利に尽きるというほかありません。

スポーツ健康科学部には、多くのアスリートが在籍し、世界を舞台に活躍している
学生も少なくありません。

彼ら、彼女たちは、武田美保さんがそうであったように、大学生活を大切にし、
学問をしっかり学びながら、体育会クラブに所属し、日々研鑽を積んでいます。

誰にも平等に一日が24時間である中で、学問を学び、スポーツに打ち込むことは
大変な努力を必要とします。
しかし、そんな学生生活を過ごしてこそ、スポーツの中で学んだ人としての力も
身に着けて、武田美保さんのような社会人になれるのではないかと思います。

私は、そういう立命館大学は、本当にアスリートである学生諸君を大切にしている
大学であると考えています。

そのあり様が正しいことは、卒業後時を経た今日も、彼女が母校を愛し、多忙の中、
今日のようにキャンパスを訪れてくれることに表れているのだと思います。

人としての成長をかけて、中身の濃い学生生活を送りたいアスリートのみなさんは
ぜひ、立命館大学に来ていただきたいと願います。
そして、スポーツ健康科学部に入学し、学部での学びを、多くのスポーツ健康科学
部生がそうであるように、あなたのスポーツ活動に生かしてください。

今日はいい一日でした。

Apollo

2018.10.02

履修登録方法の変更

今学期から、履修登録の方法が変更になり、これまで春学期・秋学期の
履修登録を春学期に一括していたものが、それぞれの学期はじめに登録
することになりました。システムの変更にトラブルやドタバタはつきも
のですが、ご多分に漏れず、いろいろなことが生じています。

<うっかり未登録>
抽選・選考科目では、本登録に先駆けた予備登録が必要ですが、うっかり
が続出しました。定員30名のクラスの受講生は当初20名。予備登録期間
終了直後から、「失念していた。受講したい」との問い合わせが次々と。
結果、最終的には定員いっぱいと定員オーバーのクラスとなりました。

<原因不明>
本学の「スポーツ方法実習」は、いつも定員オーバーで、多くのクラスで
抽選が行われていました。条件づけをしない抽選なので、2クラスを受講
できる学生がいる一方、毎学期抽選にもれ、数年待ったという学生もいます。
それが、今学期は、ほとんどといっていいほどのクラスで定員割れが起き
る事態となりました。上記同様、うっかりミスなのか、あるいは、春学期
に取得できた単位を確認し、必要ないと判断したのか、今のところ、原因
が判っていません。現在、追加募集を行っていますが、どの程度定員近く
まで埋まるか想像がつかない状況です。

私が担当している「アダプテッド・スポーツ(水・2)」も、先週の初回
授業では、5名の登録者でした。このクラスでは、さまざまな種目を取り
上げますが、私を入れて6名でできることは限られてしまいます。今週、
追加募集により受講生が増えていることを願うばかりです。

<受講生数の予測困難>
最後に、教員側の苦労です。どのクラスも受講生の人数が不明です。初回
の授業で資料を南部用意すればいいのか、頭を抱えてしまいました。ひと
まず、前年と同数分を準備しましたが、曜日が移動していることもあり、
すべて予想を外れました。多すぎた授業、少なすぎた授業、てんてこ舞い。

やっぱり、変更にはトラブルがつきもの。
学生も教員も、新しいシステムに慣れるには、もう少し時間がかかりそうです。



2018.10.01

秋期卒業式

みなさん、台風24号の影響はあまり出ませんでしたでしょうか?
交通機関、各種イベントは、安全重視で、運休、中止が相次ぎました。

台風21号と同じ経路のため、前回、影響をうけたところに、重ねて大きな台風がとおりました。被害が拡がっていないことを願っています。

気温の方は、涼しくなってきました。「秋」を感じることがおおくなりました。

     

  先日、京都の朱雀キャンパスで、秋期の卒業式がありました。 


  スポーツ健康科学部からも卒業生が出席しました。全体の式典のあと、学部ごとに、卒業証書の授与を行いました。写真にありますように、卒業生の皆さんは、達成感に満ちた、非常に素敵な顔でした。ゼミの担当の先生も来てもらい、少人数でしたが、満ち足りた時間、空間となりました。

卒業生の皆さんは、それぞれのキャリアで、社会でも活躍してくれるでしょう。
スポ健ファミリーですから、いつでも気軽に、学部に立ち寄ってきてください。

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>>
今週は、水曜日に、全学協議会があります。理事会、学生、院生、教職員組合などの関係者があつまり、公開で学園、大学の今後を議論します。
土曜日は、博士学位授与式です。
【忠】

2018.09.30

卒業論文への取り組みが本格化しています

9/26(水)から後期授業が開始となり、多くの学生がキャンパスに戻ってきました。学部4回生にとっては、後期は12月に提出の卒業論文の執筆が最大のイベントとなります(本学部では卒業論文の提出が必須です)。

ゼミでは夏休み期間中に実験を進めた学生が多く、卒論の執筆作業が本格化しています。卒論の進め方はゼミやコースにより異なりますが、スポーツ科学コースに属する私のゼミでは大半のゼミ生が実験を行います。実験を行う上では安全性に十分に配慮することに加え、データ収集(測定や解析)には高度な専門性と豊富な経験が必要となります。また、これまでに触れたこともないような専用の測定機器を使用することもあります。そのため、卒論を行う上ではゼミ生と大学院生数名と私でチームを作り研究を進めていくようにしています。今年度は13名のゼミ生が卒論に取り組んでいますので、13個のチームが12月に向け動いています。

大学院生は当然ながら自身の研究活動が最優先ですので、過度に負担にならないように慎重にチームを構成します。博士課程後期課程の大学院生ともなると卒論への関わり方も経験豊富、ゼミ自身に頑張らせる部分、手を差し伸べる部分を本当に上手く使い分けてくれています。私一人でできることには限りはありますが、大学院生がサポートをしてくれるおかげで質の高い卒論の作成が毎年可能となっています。また、これら一連の活動を通して、大学院生自身も自らの研究能力や指導のスキルを大きく伸ばしていきます。

12月に全員が笑顔で卒業論文を提出できるように、計画的に執筆を進めてくれることを願っています。

GOTO

2018.09.29

おかえりなさい さて、はじまります

9月26日(水)より秋学期が始まりました。
さっそく水曜日1限は一回生の基礎演習がありました。
夏休みは、台風や地震が起こり、みんな怪我もなく元気かなと
心配をしておりましたが、元気に帰ってきてくれて
まずは一安心です。

Dクラスの夏休み明けの印象は、髪の色がやや明るくなっていたり、
前髪がチョッと短めになっていたりで、
全体的に表情が明るくなっていたように感じられました。
その一方で、部活など野外の活動でしっかり鍛えられた顔つきも見受けられました。

前期からDクラスを引っ張って行ってくれているAAさんたちも、
部活動におけるマネジメントやフィギアスケートの練習に励む夏休みだったようです。

前期は、AAさんに加え、オリターさん3人の5人体制でDクラスを見守っていてくれましたが
後期からはAAさん2人になりました。
クラスのことを相談すると凛々しい表情になる2人を拝見して、
5人体制のときとは違ったイニシアティブを発揮してくれると思います。

Dクラスの1回生は、
ゼミナール大会については前向きに取り組む様子は見られつつも、
AAさんたちが繰り返していたように、計画を立て取り組んでも
予想よりタイトなスケジュールで毎日が過ぎていくことでしょう。

もうダメだと思った時に諦めるのか、乗り越えるのか、
幾度となく選択をしなくてはならない瞬間がやってくることでしょう。
乗り越えたからこそみることができる新しい景色を
Dクラスに集った1回生、2回生そして教員のそれぞれが少しでも味わえる春を迎えたいものです。



写真は第一回目の基礎演習
撮影:DクラスのAAさんが撮影を頼んだ誰かさん
写真の無断転載はご遠慮ください。

#後期もよろしくお願いいたします
#Rくん、大会新での優勝おめでとう
#共に学ぼう


2018.09.28

奈良の話

みなさん、こんにちは。金曜になりましたね。嶋村です。先週末は夏休み最後の週末だったわけですが、僕は家族で自分の実家に帰ってきました。自己紹介でも話しましたが、僕は奈良市出身です。実家はかつて平城京があった中にあり、実家から平城宮跡まですぐに行くことができます。どうでもいい話ですが、平城宮跡は 1998 年に世界遺産として登録されました。そしてその世界遺産の中を近鉄電車が走っています。なぜそういうことになったかはおそらくインターネットの方が詳しいかと思いますが、かいつまんで言うと線路が敷かれた 1914 年にはまだ田んぼで下に遺跡が眠っているということがわかっていなかったのです。後から重要な文化遺産があるとわかって、それ以来線路を移転するべきかどうか議論がありますが、今のところそのままになっています。ちなみに結構前のドラマですが、奈良を舞台にした「鹿男あをによし」というのがありました。最終回で、神の使い(かなんか)の鹿が近鉄電車に乗った主人公(玉木宏)に別れの一瞥をくれる場所が、平城宮跡です。ついでにもっとどうでもいい話をするとあのドラマで綾瀬はるかと玉木宏が行ったいい感じのレトロな居酒屋に僕はよく行っていました。。。


というとてもどうでもいい話で始まった今週のブログですが、さらに奈良の話を続けたいと思います。先週末、奈良では地元の食材を使った「シェフェスタ」というフードフェスティバルが開催されていました。僕は子供を自分の両親に預けて奥さんと二人で行ってきました。たくさんのレストランが出張していてミシュランガイドに掲載されたお店もあり、美味しそうなものばかりで目移りして大変でしたが、いろいろ食べることができとても楽しく過ごしました。ただ、結構お値段がするので、僕はお酒も飲むから結果的に結構な散財になってしまったなあ~という感じです。。。まあ、お祭りなんてそんなものですね。




フードフェスティバル自体は、海外の観光客の方々もたくさんいて非常に賑わっていました。場所は興福寺の近くだったんですが、興福寺の中ではコーヒーの催しも開かれていて奈良もいろいろあるんだなと思ったところです。昔から奈良は「大仏商法」といって商売っ気がないと言われてきましたが、最近は新しいホテルができたり新しいお店ができたり割と積極的に観光地としてのアピールをしているように思います。まあ僕は京都にしても奈良にしてももう少し落ち着いた感じが好きなのですが、インバウンド需要ということで観光立国として日本を目指す流れを受け、こういうのも仕方ないのかもしれないです。。。でも、とりあえず JR (特に嵐山までの嵯峨野線)はいつも混んでるし、京都の市バスはゴチャゴチャしているし僕が住んでいる京都の二条近辺はどんどんゲストハウスができるし、「も~ええかげんにしいや」と言いたいのも本音ですね。。。


読み返してみて、「うん、何の話やねん!」と突っ込みたくなりましが、まあ書いてしまったし特に今週はネタもないので(いつものように)、このままにしておきます。


では。