2019.04.13

基礎演習Dクラススタート

4月もあっという間に2週間が過ぎようとしております。
今週から授業も始まりました。
昨年、着任したばかりで何もかもわからなかった4月とは異なり、
何を準備したらよいかが把握できているので、少しだけ心配よりもワクワク感が増しています。
とはいえ、今年度は担当授業も増え、特に前期は月、火、水、木と1限もあり
何かと気ぜわしく過ごしています。
そのような中で、今年度は1回生から3回までの小集団クラスを担当となりました。
各学年で、担任のクラスを持っているとご理解いただければと思います。
今週からは、それぞれの学年の小集団クラスをご紹介します。

まずは、新入生の小集団、1回生の基礎演習です。
担当するDクラスは、27人の新入生がいます。
昨年も、始めて1回生のクラスのメンバーにお会いしたとき、
世界中に「スポーツ」に興味を持つ人は数えきれないほどいますが、
このように未だ互いに名前も知らない27人が「スポーツ」という多々一つのキーワードで
出会い、仲間になっていくのは奇跡のようなことだと思います。

クラスのオリエンテーションは、自己紹介から始まりました。
それぞれの自己紹介では、「人見知りで・・・」という言葉が何人からも出ましたが
そうではなさそうな気もしています。そのあとには「是非話しかけてください」なんて続いていました。

「人見知り」の1回生たちの背中を押してくれるのが
2回生となったAAさんとオリターさんです。
春休みからの準備と、待ちに待った新入生を迎え、
緊張しながらも、懸命に一つ一つのクラスを乗り切ろうとしている姿に
心の中でずっと拍手を送っていました。
どんなクラスになっていくのでしょうか。毎週楽しみです。

さて、他の先生方が記されているように、今週で今年度のブログ担当は終わりです。
皆様お読みいただいたお礼を申し上げるとともに、
私は来週からも担当させていただきますことをご報告させていただきます。。
学内だけではなく、トップスポーツチームのことや
国内外の研究活動、ゴールデンスポーツイヤーズに関わることもお伝えできるよう
自身が学内外でしっかりと活動し1年後、Dクラスのメンバーとともに、自分自身も成長を感じられたらと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

(ゆ)20190401301

写真は基礎演習Dクラスの1回生と、1回生をサポートする2回生のAAさんとオリターさん

撮影:ゆ
写真の無断転載はご遠慮ください。

#新入生の皆さん、
#ともにワクワクし、
#ともに学びましょう

2019.04.12

ブログを書くということについて

みなさん、こんにちは、嶋村です。4月になり暖かくなってきたかなと思えば、今週は寒の戻りなのか寒い日が続いています。新学期も始まり僕も今週から授業ですが、みなさんはどうお過ごしでしょうか。僕は先週末友達とお花見に行ってきました。場所は奈良の某所でお祭りが開催されていました。京都ほど人も多くなくいい感じの混み具合で良かったです。一緒に行った友達は高校からの付き合いで、まあそんなに頻繁に会うわけでもないし会わない時期もあったんですが、なんだかんだで 20 年以上の付き合いです。みんなそれなりに歳をとりました。


さて、先週までは英語教育について言いたい放題書いたので、今週からはもうちょっとライトな感じにしたいと思うのですが、適当なネタがありません。ところで、僕はこのブログをイヤイヤ書いている風の感じを醸し出しているのですが、そうは言いつつも実は一番長いブログを書いているんじゃないかという気がしてきました。。。まあ理由としては書くんだから内容に責任を持って書きたい(文責というやつですね)、それからきっちりとした内容で何かを伝えて納得してもらいたい、あるいは理解してもらいたいと思っていて、そうすると割と長くなるわけです。いや別に他の先生のブログがそうじゃないと言っているわけではないですよ(笑)。ただ僕は他の先生ほどこのブログを読んでくれるであろう人達と共有する素敵な(スポ健関係の)イベント事がないので、そうすると自分の考えを伝えたりすることが多くなるのですが、その時にいちいち事例を出してサポートしないといけないし、何かしらの文献を引いてきたりすることもあるので、そうやって文章を作っていくと長くなってしまうんですよね。。。まあ僕の博論も 200 ページ以上あるし、人文学系の性なのかも知れません(笑)。けど、自分の考えたことを文章にするのっていいですよね。書いてるうちに新しいひらめきがあることもあるし、頭の中の整理ができます。


というわけで、特に書く事がないので、この辺で今週は終わりにしたいと思いますが、まあ学校も始まったし、ネタは多分ちょこちょこ出てくると思うので、適宜印象に残った出来事をこれからも書いていきたいともいます。ではまた来週。

2019.04.11

香港セブンス大会


こんにちは、shinoです。

先週から桜も満開で良い季節になりました。

昨日の雨風で花が散ってしまうかと心配したのですが、
まだ残っていますね。良かったです。まだ楽しめそうですね。


さて、先週末、私は香港までラグビー7人制の大会に行ってきました。

7人制ラグビーとは馴染みがないかもしれませんが、
普通のラグビーが15人で行うのに対し、
同じグランドの広さを7対7でおこなうのが、7人制ラグビーです。

オリンピック競技にもリオデジャネイロオリンピックから採用されています。

その国際大会に行ってきました。
このセブンス大会は、6ヵ月間世界中を転戦し、計10大会行われます。

第7回目が香港大会です。

その香港セブンス大会に、マッチドクターとしてトレーニングのために参加してきました。
秋に開催されるワールドカップでのマッチドクターに備えてのトレーニングを兼ねています。

7人制大会は、前後半各7分の計14分間が1試合の時間なのですが、
試合数がかなり多いので、チームの入れ替わりが激しく、
マッチドクターも普段の試合とは違って、なかなかバタバタしています。

また、お祭り的な要素も多く、合間にいろいろなセレモニーが行われます。
日程は4月5日から7日まで3日間と結構長丁場でした。

4万人が収容される香港スタジアムは、ほぼ満員で、
サポータ-は応援する国の旗を持ったり、コスプレをしたりしながら、
独特の応援をしていました。

(shino)20190411-05

それを観ているだけでも十分に楽しめます。

日本代表ももちろん参加しています。

女子は、予選を1位で通過しましたが、準決勝でスコットランドに敗れてしまいました。
男子は、予選で勝利することはできませんでしたが、最終的には10位という結果でした。

(shino)20190411-02

どちらも次回また頑張って欲しいと思います。

最終日の男子決勝戦も非常に盛り上がり、フィジーが優勝しました。
表彰式では花火もたくさん上がり、非常に活気に溢れていました。

(shino)20190411-01

今秋のワールドカップも同じように盛り上がるのではないかと期待しています。

とても良いトレーニングにもなりましたし、非常に楽しめました。


最後に、、本日で私の担当は終了します。

2年間の担当でしたが、現場のスポーツドクターの活動を中心に伝えてきました。
スポーツドクターとはどんなことをするのかなど、少し周知できたと思います。

いつもブログに書いていたように、
これからも、スポーツ現場で選手に安全に協議してもらうために、日々努力をしていきたいと思います。



どうも2年間ありがとうございました。


(shino)20190411-04

2019.04.10

相撲部白浜合宿!!

こんにちは。

先週末、「立命館大学相撲部 南紀白浜サポートクラブ」のみなさまに
お招きいただき、相撲部は白浜合宿にお邪魔しました。

 (Apollo)20190410-01

相撲部には、スポーツ健康科学部の学生たちが何人も所属しています。

こうして地元のみなさまに受け入れ、迎えていただけることが、
どんなにありがたいことか。
彼ら、彼女らはその期待をしみじみ感じ精進しています。
それは自分たちの社会における存在意義への真摯な姿勢の表れです。

恵まれた環境で十分に食べ、十分に練習して、合宿の二日め、
日曜日の午後には、金毘羅宮の神事で奉納相撲を務めさせていただきました。

 (Apollo)20190410-02

奉納相撲には、大勢のみなさんにご参加いただき、観戦してくださって、
熱い声援を送ってくださいました。

 (Apollo)20190410-03

 (Apollo)20190410-04

また、奉納相撲の後は、金毘羅宮の神殿から、地元の名士の方々と
ともに、お越しくださった住民のみなさまに、お餅を撒かせていただく
という貴重な経験もさせていただきました。

こういう経験を通じて、社会の中での自らの存在を知ることで、
彼ら、彼女らの自覚は高まり、ひと回りもふた回りも大きくなっていきます。
(身体はちゃんこと稽古で大きくなりますが…笑)

そして、そういう彼ら、彼女らにまた、私たちが励まされます。

迎えてくださり、貴重な経験をさせてくださった和歌山県白浜町中地区の
みなさまに心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

今度の日曜日は堺市大浜公園相撲場で女子相撲の国際大会です。
スポーツ健康科学部2回生の松本渚さんも大会に参加、意欲に燃えています。
みんな、全力で頑張ります。


一年間、お付き合いいただいた水曜日の私の担当は今回が最後となりました。
お読みいただき、本当にありがとうございました。

Apollo

2019.04.09

フィールドに立ち続ける

半年以上前から関わらせていただいている活動があります。
障がいのある子どもたちの身体活動に特化した放課後支援活動の立ち上げのお手伝い。
さまざまな放課後支援活動がありますすが、身体活動に特化したプログラムは珍しい。
それは、子どもたちの特性が多岐にわたるため、用意する活動内容も一様には定められないことにあります。また、全員が安全に体を動かすためには、それぞれの特性に応じた空間づくりも必要になります。そのため、必然的に静的なプログラムに比べ、限られたスタッフで運営することが難しくなります。

これらの課題に対する、空間の工夫、運動の内容、モチベーションの維持などについて何度もミーティングを持ち、使用するアイテム、評価表、保護者もともに感じられる楽しさや上達の資格かなどを含み、プログラム内容を検討してきました。
先日は、プログラムに使用する新しい施設を見せていただきました。ボルタリングの壁、天井から吊るされたロープ、鏡張りの壁、取っ手付きバランスボールなどなど、さまざまな工夫が凝らされており、その場にいるだけで、子どもたちの笑顔が目に浮かびました。

このような活動に参画させていただき、私にも変化がありました。
ミーティングを繰り返すうちに、長く指導現場から離れていた私の中で、なにかがウズウズ、あるいは、モヤモヤする感覚が徐々に強くなり始めました。それが、「現場に立ちたい」という思いだと気づくのにそう時間はかかりませんでした。
そんな折、本学部の事務の方のお子さんとプールに行く機会を得ることができました。
1回目は、3月の上旬で、3人の子どもたちと楽しい時間を堪能しました。特に、泳法指導をしたわけではありませんが、遊びを通した関わりの中で得るものが多くあります。

どんな動きが楽しいんだろう?
それぞれの子の「うれしい」「楽しい」「いやだ」という表現はどういう形だろう?
次に何をしたいんだろう?
泳げるようになりたいのかな?遊びたいのかな?
どこを触られると嫌なんだろう?

次々と疑問がわき、それに対する私の感覚も鋭くなっていきます。
大学の授業とは異なる、私にとっての現場・フィールドの大切さを実感しました。
担当するスポーツ指導実習では、基本的な指導方法を教授することはできているつもりですが、このリアルタイムの生の感触、あるいは、実感は、現場に立ち続けなければ伝えることができないと改めて思いました。いつまで水の中での指導ができるのかはわかりませんが、できる限り実践を続けながら教壇に立ちたいと思います。

プログラムに関与させていただき、またそのタイミングでお子さんたちとの時間をくださったKさんに感謝です。今日もまた夕方からプールです。

2019.04.08

草津でのお勧め散策コース

素晴らしい春、という感じがしてきています

今週から、大学は授業がはじまります。新入生もいよいよ大学での学業スタートです。

BKCにいる学生のみなさんは、草津市に通っていることになりますので、草津市のことも是非知ってもらえると嬉しいです。

今日はそのことも含めて、お勧めの散策コースの紹介です。

   [aikoa]20190408-1

写真にありますように、旧草津川は、天井川でした。そのため色々と影響が出てきて、新草津川の開通に伴い廃川となりました。その跡地利用を色々と議論した末に、「川の流れ」、から「人の流れ」を生み出す公園として活用されるようになりました。

   

植栽もされていて、昔の川の底を歩いている感じがして気持ちがよいものです。

   

ウォーキングコースとして、市民の健康にも活用できます。
お勧めです!

<<今週のちょっと、もっと、ほっとな話>> 
段ちゃんが、無事、帰国されました! 元気そうで何よりです。帰国後は、衣笠の文学部事務室となりました。文学部を盛り上げてくれるのは間違いありません。

   

【忠】 

2019.04.07

卒業生からのメッセージ

新入生を迎えキャンパスが華やかになりました。キャンパス内の桜もここ数日で一気に開花してきました。来週月曜日からはいよいよ春学期の受講が始まります。私も早速月曜日から授業を担当しますので、準備を進めているところです。

新年度を迎え、BKCを巣立った卒業生にとっても新たな一歩が始まります。先週は多くの卒業生からメッセージ(近況報告)が届きました。いずれも期待に溢れた内容で、社会人としての自覚を十分に感じられました。大学を離れた後も、卒業生が節目節目に連絡をくれることは教員としても本当に嬉しいものです。

以下には、卒業生のインタビューの様子が掲載されています。多数いる新入社員の中で、インタビューの対象として選ばれています。憧れの企業に就職し、緊張、責任、そして大きな期待に溢れる内容です。

https://m.facebook.com/jal.japan/photos/pcb.2402144899818160/2402143783151605/?type=3&source=48&__tn__=EH-R

卒業生の活躍を教職員一同がBKCから応援しています。

GOTO

2019.04.06

プロ野球の開幕:中日ドラゴンズ「ホーム開幕戦」

先週、2019年のプロ野球のシーズンが始まりました。
プロ野球の開幕戦前日は、プロ野球関係者にとって大晦日、
そして開幕はプロ野球にとってお正月です。
それ故、ホームでの開幕戦は、長いシーズンの中でも特別な試合です。
取材をする記者の方々も、普段はジーン時にシャツ、スニーカーといった格好が目立ちますが
開幕3連戦戦の第一戦目はスーツ姿です。
グラウンドのスーツ姿の記者の方々を拝見しても「開幕」と感じる日です。

(ゆ)2019040601

プロ野球の開幕の組み合わせはどのように決まるかご存知ですか?
セ・リーグは2シーズン前、パ・リーグは3シーズン前のAクラス、
すなわち3位以上のチームのホームで開催されます。
開幕にあたっては、チーム関係者の方々に「開幕おめでとうございます」と申し上げるのが慣例です。
私は、昨年より直接スタジアムに足を運ぶ機会こそ減っているのですが、
先週のプロ野球の開幕日前日と当日、そしてJリーグの開幕の時にも
チーム関係者の方々に「開幕おめでとうございます」とご連絡をさせていただきました。
また、スタジアムには各関係者からのスタンド花が届き、どこの球場も大変華やかになります。


開幕戦をホームで迎えないチームは、開幕3連戦後に
「ホーム開幕戦」や「オープニングシリーズ」として
やはり試合開催前にセレモニーがあります。
今シーズより、長い間お仕事をご一緒してきた元プロ野球選手が
依田監督率いる中日ドラゴンズのコーチに就任したため、
お祝いを兼ねて、ナゴヤドームのホーム開幕戦に行ってきました。
これまでセ・リーグのチームとお仕事をする機会がなく、
特に中日ドラゴンズにはご縁がなかったので、
初セ・リーグホーム開幕戦、初ナゴヤドームでした。
ドアラがあちらこちらで活躍していました。

(ゆ)2019040602

開幕時には、長いシーズンが始まる、と思う一方で
試合のカレンダーを追っかけているとあっという間に終わるのがプロ野球に携わってきた感想です。
選手の方々はもちろんですが、日々勝った負けたの世界で
関係者一同が心身ともにハードな日々を過ごします。
皆さんが、大きなけがや病気もなく、シーズンを終えてくれることを願います。

写真は中日ドラゴンズホーム開幕戦とナゴヤドーム

撮影:ゆ
写真の無断転載はご遠慮ください。


#大学スポーツでもいかがでしょうか
#シーズンインの際に
#「開幕おめでとうございます」
#日本シリーズでも、記者さんはスーツ姿です

2019.04.05

新入生オリエンテーション

いつも遅めの更新、嶋村です。


前回までは英語教育の話で色々言いたい放題書いたと思いますが、まあ、まとめると英語ができるやつはそれはそれでできないやつそれで良いじゃないかってことです。あはは、すみません。投げやりで。でも僕はたまたま英語が話せるようになりましたが、出来るならピアノでリストの「ラ・カンパネラ」を弾いてみたかったし、100 m を 10 秒くらいで走りたかったし、数学者や物理学者になってみたかったけど、まあこうなっちゃたんで仕方ないです。ちなみにそれでも教科として英語を勉強するのは教科しての英語を勉強することに意味があるからじゃないでしょうか。外国語を勉強することで母語への気づきがありますし、分析的な思考も含めて学習能力の向上にも繋がると思います。なので、そういったことを無視してくだらないコミュニケーション重視の、ある一部の無知な連中を満足させるだけの英語教育の改悪はやめて欲しいです。


というわけで今日も言いたい放題言ったので違う話をしたいと思います。今週は新入生のオリエンテーションがありました。写真を少し載せておきます。新入生を迎えるにあたって、在学生の学生さんはオリジナルのパーカーを作って新入生を色々サポートして頑張っていました。


 (Koji)20190405-01 (Koji)20190405-02


さて僕自身は新年度から早速やらかしてしまいまして、オリエンテーションの新年度の先生の集まり遅刻してしまいました。。。まあ言い訳するとバス(あとバスを待つ列)が死ぬほど混んでいて、全部合わせると1時間くらいかかっちゃって余裕で間に合うつもりで来たつもりがしっかり遅刻をして他の先生や事務の方に迷惑をかけてしまいました。すみません。。。まあけど当日は「バスが遅れたし、僕は悪くないも~ん」て思ってましたが、学部長先生が挨拶の冒頭に「いかなる理由があっても遅刻なので、大人はちゃんと余裕を持って行動しよう」との旨のお話があり、耳が痛いことになってしまいました。とほほ。。。


まあしかし以前も書いたかもしれませんが、(個性の強い人の多い、そして天邪鬼が多い)文学部出身の僕に比べるとスポ健の先生はきっちりしていますね。僕が社会的な「きっちり」度でスポ健の先生方に近づけるかは知りませんが、スポ健を卒業するまでには世の中を斜に見ている捻くれ者のこの性格をなんとかできたら良いなとも思います。しかし、一方でこれは僕の個性なのでこれはこれで良いかなとも思ってます。まあ自分に疲れますけど。。。というわけで、今年度もこのブログを担当することになってしまいました。。。こんな僕ですがよろしくお願いします。


またまた。

2019.04.04

新年度が始まりました。


こんにちは、shinoです。

4月に入りましたが、まだ寒い日が続きますね。

新年度が始まりましたね。

今週は入学式がありました。
新入生のみなさん、おめでとうございます。

月曜日には、学部生の入学オリエンテーションがあり、
本日は、大学院課程の入学オリエンテーションがありました。

立命館での学生生活をしっかり楽しみ、学んで、
充実したものにして欲しいと思います。

話は変わるのですが、
私は、本日から香港に向かいます。

なぜ香港に行くかというと、

明日から7日まで行われるラグビー7人制の大会、
HONG KONG SEVENS 2019
にマットドクターとして参加することになったからです。

このブログでも何回も書きましたが、
今年の9月には、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。

その試合にマッチドクターとして出務するので、
そのトレーニングを兼ねての参加です。

7人制ラグビーは、15人制の試合と比べてかなりスピーディーだと思うので、
遅れないよう気合いを入れて頑張ってきます。

結果は、次週のブログで報告できたらと思います。